グーグルドライブとは?基本的な使い方・共有のやり方を初心者向けにわかりやすく紹介!【Google Drive:スマホ(iPhone/Android)・PC(Mac/Windows)】

gドライブ使い方まとめ

こんにちは!複業ワーカーなサッシ(@3104nkmr)です。

ただ「ファイルを保存する」以外にもGoogleドライブを活用できていますか?

僕はブロガー・ライターとしてGoogleドライブを愛用していますが、PCとスマホで同期したり、自分以外の編集者さんとリアルタイムで作業したり大活躍しています!

このページでは、初心者さんに向けて以下の内容で「Googleドライブの使い方」をわかりやすく紹介しますね。




Googleドライブとは?何ができるの?

はじめに、特徴や基本的な流れを見てみましょう。

以下の順番で紹介していきますね!

グーグルドライブって?

まず、かんたんに「Googleドライブとは何か」を紹介しますね。

Googleドライブとは、一言で表せば「ファイルの保存場所サービス」です。

Googleドライブにアクセスする
▲Google Driveトップ画面

インターネット上にファイルやフォルダを保存して、スマホやPCなど複数の端末からアクセスして開いたり・編集したりできます。

端末とGoogleドライブは同期するので、編集した内容は瞬時に変更・保存される仕組みです。

いわゆる「オンラインストレージ」と呼ばれるサービスです。

似たサービスの例:One Drive, Drop Box,iCloudなど

Googleアカウント(=Gmailアドレス)を持っている人なら、なんと無料で15GBGoogleドライブ容量が提供されているんですよ!なんて太っ腹!!

保存したデータは、他の人とかんたんに「共有」もできるのも強みです。

詳しくは「グーグルドライブとは何か」の記事にまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

Googleドライブ完全ガイド

グーグルドライブとは何か?仕組み・容量や使い方から写真の共有・ファイルの同期まで紹介【Google Drive】

Gogoleドライブを使う基本的な流れ

Googleドライブの意味の次は、使い方を見てみましょう。

Googleドライブへのデータの入れ方はめちゃくちゃシンプルです。

基本的な流れは以下のようになりますよ。

Gドラにデータを入れる流れ
  1. Googleドライブを開く
  2. ファイルをアップロードする(=保存)

ファイルをアップロード
▲ファイルをアップロード

ファイルの種類は何でもokです。

例えば以下のようなファイルをアップロード・保存できますよ。

【アップできるファイルの例】

  • 文章
  • 表計算
  • PDF
  • 写真・動画
  • 音楽ファイル

文章ならワード・Pages、表計算ならエクセル・Numbersなどですね。

もちろん、フォルダを作成して整理も可能です。

新しいフォルダ
▲フォルダ新規作成

他には、「スターを付ける」「検索する」「ダウンロードする」なども可能なので操作性も抜群です。

誰かと作業するなら、ファイルを共有だって余裕で出来ちゃいます。

どのファイル・フォルダを誰と共有するかはもちろん自由自在です。リアルタイムに共同作業で編集もできるんですよ!



グーグルドライブの使い方(ファイル共有のやり方・保存の仕方)【パソコン(PC):Mac/Windows】

基本的な見方・使い方の流れがわかったところで、実際に保存してみましょう。

ここからは、端末ごとにファイル共有・保存の具体的なやり方を紹介していきますね。

まずはパソコン(PC)の場合のgoogleドライブの開き方から見てみましょう。

MacもWindowsも使い方はほぼ同じです。今回は「Mac」の画面で紹介しますね。

ファイルをアップロード

はじめに、ファイルをアップロードしましょう。

インターネットで「グーグルドライブ」と検索して、Googleドライブにアクセス・ログインします。

Googleドライブ

ログインしたら、左側のメニューに注目です。

「マイドライブ▼」をクリックして、「ファイルをアップロード」をクリックしてください。

ファイルをアップロード

ファイルやフォルダが選択できるので、好きなものを選んで「選択」をクリックすればアップロード完了です!

複数選択も大丈夫ですよ。

もちろん、ファイルやフォルダを「ドラッグ&ドロップ」してもokです。

フォルダを作成

アップロードに続いては、新規フォルダの作成です。

フォルダを作成したいときは、以下のように進んでください。

「マイドライブ▼」 > 「新しいフォルダ」
新しいフォルダ

すぐに新しいフォルダが誕生しますよ。

もともとPC上に作成してあるフォルダをアップロードも可能ですよ。

写真・動画もPDFやテキストもok!誰かと共有する方法

フォルダ作成がわかったところで、お次は誰かと共有してみましょう。

誰かと「共有」したいときは、共有したいファイルやフォルダ上で「右クリック」してメニューを出して「共有」をクリックします。

共有

「他のユーザーと共有」が表示されます。

そこで「名前」か「メールアドレス」で指定して相手を選んでください。

他のユーザーと共有

ここで共有権限もぜひチェックしておきましょう。

「リンクを知っている全員が〜」のところで「編集可」「コメント可」「閲覧可」などの「権限」も設定できますよ。

リンクを知っている全員が
▲共有の権限

ただ閲覧だけしてもらう場合は、「共有可能なリンクを取得」をクリックします。

ファイルへのURLがコピーされるので、それをメッセージで送ればokです!

共有可能なリンクを取得

ダウンロード

アップロード共有に続いては、ダウンロードもしてみましょう。

ファイル・フォルダをダウンロードしたいときは、「アップロード」のときと操作はほとんど同じです。

「マイドライブ▼」をクリックして、「ファイルをダウンロード」をクリックするだけで、パソコンにダウンロード・保存できますよ。

(ダウンロード先はもちろん指定できます)

ダウンロード

ダウンロードしようとしても「ダウンロードに失敗しました」や「このページを表示する権限がありません」と表示されてしまうこともあります。

Googleドライブでダウンロードできない7つの原因と対策も別記事でまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

gドライブダウンロード対処法まとめ

Googleドライブでファイル・画像を保存・ダウンロードできない8つの原因と対処法や文字化け対策を紹介【Mac・iPhone/Windows・Android】

以上は「インターネットでGoogleドライブにアクセスする使い方」ですが、PCに「アプリ」を入れて使うやり方もあります。

パソコン版では「バックアップと同期」という名前のアプリでGoogleドライブを使うことが可能です。

別ページでわかりやすく紹介しているので、そちらもぜひ読んでみてくださいね。

gドライブ終了は嘘

Googleドライブはサービス終了しないで「バックアップと同期」アプリに移行しました!スマホ版とpc版の違い【iPhone/Android】




Google Driveの使い方(ファイル共有のやり方)【スマホ(Android/iPhone)】

PCでの使い方がわかったところで、スマホでのやり方を見ていきましょう。

スマホでは、そのまんま「Googleドライブ」というアプリを入れて使います。

ドライブ

Android版もiPhone版もありますよ。

使い方はほぼ同じなので、今回は「iPhone」の画面で紹介しますね。

ファイルをアップロード

まずは、ファイルをアップロードする方法です。

「Googleドライブ」アプリを開いたら、右下の「+」マークをタップしてください。

+

メニューが飛び出すので、「アップロード」をタップして、好きなファイルを選べばokです。

アップロード

フォルダを作成

フォルダを作成したい場合も、アップロードとやり方は同じです。

「+」マークをタップして表示されるメニューの中の「フォルダ」をタップすれば作成できます。

フォルダ
ちなみに、「カメラを使用」をタップすれば、その場でカメラを起動して写真・動画を撮ってアップロードできますよ!
カメラを使用

誰かと共有

アップロードフォルダ作成がわかったところで、他の人と共有してみましょう。

誰かと共有したいときは、共有したいファイルの右にある「・・・」マークをタップします。

・・・

メニューが表示されるので、相手を指定する場合は「ユーザーを追加」します。ただ閲覧だけしてほしいときは「リンクをコピー」をタップして送信すればokです。

ユーザーを追加

ちなみに「ドライブで開く」といえばファイルをGoogleドライブから開くことを指しますよ。

こういうオンライン保存サービスに慣れていないと最初は「んんん、Google drive 使いにくい!」なんて思うかもしれませんが・・・すぐに慣れます(笑)

僕はグーグルドライブ・Dropboxあたりは欠かせない存在となっていますよ。

スマホアプリだと、「ダウンロード」の項目はありません。



さいごに

ちなみに、Googleドライブの残りの容量を知りたいときは、スマホアプリの場合は左上の「三本線」マークをタップして、「保存容量」をタップすると分かりますよ。


PCでインターネットでアクセスした場合は、Googleドライブを開くとドーンと表示されています。

保存容量

Googleドライブは「Googleアカウント」の数だけ使えるので、「仕事用」と「プライベート用」で2つのアカウントで使うことも可能です。
(もちろんそれぞれ15GBの容量!)

Googleの複数アカウントを作ればokですよ。

Googleドライブの容量を増やす方法」も別記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね。

グーグルドライブ容量まとめ

グーグルドライブの容量の確認から「ファイル消しても使用量が減らない」原因まで。保存容量を増やす3つの方法も紹介【Google Drive:ストレージ内訳】

レバテックフリーランス様のサイトで当記事を紹介していただきました。

該当記事:データの保存と共有方法に悩むフリーランスにおすすめ!便利なクラウドサービスまとめ

フリーランスにお役立ちな情報が満載なので、ぜひ読んでみてくださいね。