グーグルドライブの容量の確認から「ファイル消しても使用量が減らない」原因まで。容量を増やす3つの方法も紹介【Google Drive】

グーグルドライブ容量まとめ

こんにちは!サッシ(@3104nkmr)です。

「グーグルドライブの容量をムダなく使う方法」を知っていますか?

実はファイルを削除するだけではダメだし、なんとなく画像を保存していると想像以上に容量をムダに消費しているんですよ!

本記事は、以下のような人に特に読んでほしい記事です。

容量ムダムダさん
グーグルドライブ内のムダな容量を減らしたい!
容量もっと欲しいさん
使える容量をもっと増やしたい!
 

ブロガー・ライターとして「Google Drive」を愛用している僕が、以下の内容で「グーグルドライブの容量をムダなく使う方法」を紹介しますね。

  • 「グーグルドライブ(Google Drive)」の容量の種類・容量を消費する対象
  • 残りの容量の確認方法(スマホ・pc)
  • ムダな容量を減らす(=使える容量を増やす)3つの方法
  • 普段から容量を節約して使う方法



「グーグルドライブ(Google Drive)」の容量の種類・容量を消費する対象

グーグルドライブの容量の種類(契約プランの種類)

まず、そもそもグーグルドライブの容量はどんな種類が選べるのでしょうか?

簡単にまとめておきますね。

グーグルのアカウントを作った人には、もれなく「15GB」が無料でもらえます。

無料で全員に15GBって、よくよく考えたらかなり太っ腹ですよね(笑)あまり容量を使わない人はこれで十分です。

そして、有料では以下の3つのプランが用意されていますよ。金額は「月額」です。

  • 100GB・・・250円
  • 1TB・・・1,300円
  • 10TB・・・13,000円

容量プラン
画像引用:Google Drive 公式ページ

さらに、「まだまだ足りない!」という人には、「20TB(月額26,000円)」「30TB(月額39,000円)」というプランも用意されています。

容量を消費する対象

「グーグルドライブ」の容量について誤解されていることNO.1が、「容量はグーグルドライブ以外でも消費される」ということです。

実は、以下の3つのサービスで容量をシェアしているんです。

  • グーグルドライブ(Google Drive)
  • グーグルフォト(Google Photo)
  • Gmail

これ、知っていましたか!?

なんと「グーグルフォト」や「Gmail」で使う容量も含まれているんです!

例えば無料で15GBを使っている場合、「3つのサービスの合算で15GBまで」なので注意してくださいね。



残りの容量の確認方法(スマホ・pc)

続いて、自分の「残りの容量」を確認する方法です。

「スマホ」「パソコン(pc)」それぞれ順番に紹介していきますね。

スマホの場合

アプリを起動したら、画面左上の「三本ライン」マークをタップしてください。

三本ラインマーク

表示されるメニューの中にある「保存容量」をタップします。

すると、「現在の使用量」がグラフで表示されますよ。

もっと詳しく知りたいなら、「詳細を表示」をタップしてみてください。以下の項目を確認できますよ。

  • 3つのサービスの内訳
  • 自分が契約しているプラン(ストレージプラン)

pc(パソコン)の場合

まずグーグルアカウントにログインして、「グーグルドライブ」を開きます。

「グーグルドライブ」で検索してもいいし、右上の「9つの■」マークをクリックしてもokですよ。

グーグルドライブ

「グーグルドライブ」を開いたら、画面の左下の方に注目してください。

なんと、そもそも「保存容量」が表示されています!

保存容量

分かりやすいですね♪

さらに、以下のように進むと、「容量が大きいファイル順」にデータをチェックできますよ!

歯車マーク(設定)> 設定 > 「使用中の容量順にファイルを表示する」
容量の大きい順

自分の「残りの容量」を確認する方法の紹介は以上です。



ムダな容量を減らす(=使える容量を増やす)3つの方法

では、「グーグルドライブ」からムダな容量を減らす方法をお伝えしますね。

使える容量を増やすには、以下の3つの方法があるんです。

  • ゴミ箱から削除(ファイル削除だけではダメ!)
  • 「容量解放」
  • 契約プラン変更:容量追加

それぞれ順番に紹介していきますね!

ゴミ箱から削除(ファイル削除だけではダメ!)

「グーグルドライブ」内でもう使わないファイル・フォルダがあるとき、ただ「削除」して終わりにしていませんか?

それじゃ・・・ダメなんです!

なんと「ゴミ箱から削除」をしないと、容量は減らないんです!!

これ、意外と盲点ですよね〜。

「ファイル削除してるのに、容量減らないんだけど!?」という場合は、この点をチェックしてみてくださいね。

ゴミ箱を開いて「ゴミ箱▼」をクリックすると「ゴミ箱を空にする」が出てくるので、しっかりと定期的に空っぽにしてあげてください。

ゴミ箱を空にする

「容量解放」

ぜひ紹介しておきたいのが、この「容量解放」という技です。

これは、「グーグルドライブ」ではなく「グーグルフォト」における容量削減の方法なんですが、何かと言えば「保存されている画像の圧縮」をしてくれる機能なんです。

なんと、「すでに保存されている画像のファイルサイズをまとめて全部ググッと圧縮して容量を減らしてくれるんですよ!

やり方はとっても簡単です。

「グーグルフォト」を開いたら、画面左上の「三本ライン」マークをクリックしてください。

設定

表示されるメニューの中にある「設定」をクリックします。

設定

「容量を購入」の横にある「容量を解放」をクリックしてください。

容量を解放

確認の表示が出るので「圧縮」をクリックして進んでくれればokです。

圧縮 圧縮
圧縮作業に1時間以上かかる場合もあります。気長に待ちましょう。

なお、圧縮したら元には戻せません。

契約プラン変更:容量追加

有料で構わない人は、もちろん「契約プラン変更」で容量を増やす手もありますね。

容量を追加する場合は、先ほど紹介した「残りの容量の確認」の画面を開いてみてください。

「容量をアップグレード」や「保存容量を購入」といったボタンをクリックして購入手続きに進めますよ。

容量をアップグレード

「グーグルドライブ」からムダな容量を減らす(=使える容量を増やす)3つの方法の紹介は以上です。



普段から容量を節約する方法

最後に、普段から容量を節約する方法も紹介しておきますね。

容量を節約するなら、やはり「画像を圧縮して保存」という意識を持つのが一番です。

ほとんどが「文字(テキスト)」で構成される「Gmail」が使う容量なんてたかが知れていて、実際に容量を大きく消費するのは「グーグルドライブ」や「グーグルフォト」に保存する「画像」なんですよ。

具体的には、「グーグルフォト」に保存する時に「高画質」モードで必ず保存するようにしてみてください。

圧縮

「高画質」モードは自動で圧縮を行ってくれる機能で、なんと「高画質」モードで保存した画像は容量を消費しない仕様になっているんです!

以下の手順で進んで確認・選択できるので、よほど超高画質で保存したいもの以外は「高画質」モードで保存してくださいね。

左上の「三本ライン」マーク > 設定 > 「高画質」にチェック
高画質




まとめ:料金追加しなくても「無料」で意外と容量は増やせる!

最後に、今回ご紹介した「グーグルドライブの容量」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 容量は、グーグルアカウントがあれば無条件で「15GB(無料)」
  • 「Google Drive」「Google Photo」「Gmail」で容量はシェア
  • 購入以外で容量を増やすには「ゴミ箱から削除」や「容量解放」
  • 普段から「高画質」モードで保存すると容量を消費しない(Google Photo)

意外と知らなかったこともあるんじゃないでしょうか?

上手に保存して、ストレスなく「グーグルドライブ」を活用していきましょう!

こちらの記事も好きかも?

Googleドライブの共有方法まとめ。共有アイテムの設定・解除から共有できない場合まで紹介

2018.07.30