2枚以上もok?モバイルSuicaの新規発行のやり方・3つの注意点まとめ【デジタルスイカ】

モバイルSuica発行ガイド

こんにちは!スマホからSuicaを新しく作ったサッシ(@3104nkmr)です。

実際にやってみて、作るときにチャージ金額が必要なことや無記名式は1枚目しか作れないことなど注意点もいろいろわかりましたよ!

このページでは、以下の内容で「モバイルSuicaを新しく作成・追加する方法」をわかりやすく紹介しますね。

  • アプリから3分でok!モバイルSuicaの新規発行のやり方
  • 発行できない!?デジタルSuicaを作るときの3つの注意点



アプリから3分でok!モバイルSuicaの新規発行のやり方

では、さっそくアプリからモバイルSuicaを新規発行してみましょう。

スマホからのSuica発行は「Suicaアプリ」から行います。

Suicaアプリをダウンロード・インストールして、会員登録をしておいてくださいね。

今回はiPhoneの画面で紹介していきますが、Androidスマホでもやり方はだいたい同じですよ。

Suicaアプリを開いたら画面の右上の「+」マークをタップしてください。

+マーク

「カード取り込み」か「アプリから発行」を選択できるので、「アプリから発行」を選んでくださいね。

(すでにあるリアルなSuicaカードを登録する場合は「カード取り込み」です)

以下の3種類のSuicaから選択して「発行手続き」をタップします。

新規作成できる3種類のデジタルSuica
  • My Suica(記名式)
  • Suica定期券
  • Suica(無記名)
発行手続き

さぁ、発行手続きに入っていきますよ。

発行するSuicaに付ける名称を入力し、クレジットカードを登録・選択して「次へ」をタップしてください。

まだSuicaアプリにクレジットカードを登録したことがないならば、ここで新規登録してくださいね。

(名称はとりあえず空欄でもok。あとで名称変更もいつでもできますよ)

次へ

お次は初回のチャージ金額の選択です。

「金額を選ぶ」をタップしてチャージ金額を選択してください。1,000円〜10,000円まで千円単位で選べますよ。

金額を選ぶ

金額を選んだら、この場ですぐにチャージ金額のお支払いに入ります。

「登録したクレジットカード」か「Apple Pay」を選択してください。(iPhoneの場合)

どちらかでお支払い

支払いが済むと、チャージ残高とカードの名称が表示されます。

「次へ」をタップして規約に同意して進んでください。

次へ、同意数する

規約に同意したら・・・

おめでとうございます、カードの追加(新規作成)は完了です!

完了 Suicaの発行が完了しました

2枚目を追加したのなら、Suicaアプリを開くと1枚増えています。

もちろんWalletアプリ(Apple Pay)を開いても追加されて並んでいますよ

2枚目
▲Suicaアプリ

1枚目と2枚目
▲Walletアプリ(Apple Pay)

お疲れ様でした〜。

ちなみにSuicaカードの名称はそのカードをタップして「チケット購入・Suica管理 > Suicaの名称変更」とタップして進めばいつでも変更できますよ

名称変更

発行できない!?デジタルSuicaを作るときの3つの注意点

アプリから新規発行のやり方がわかったところで、注意点にも触れておきますね。

デジタルSuicaを作るときは以下の3つのポイントに気をつけてください。

デジタルSuicaを作るときの3つの注意点
  • 無記名式は1枚まで!
  • 購入時にチャージが必要
  • Apple Pay(Wallet)からは発行できない

まず知っておいてほしいのは「無記名式Suicaは1枚までしか作成・追加できない」という点です。

アプリから発行でもリアルのSuicaカードを取り込みでも、Suicaアプリに登録できる無記名式のSuicaは1枚までとなっています。

だめ、ok
▲2枚目以上の追加は選択できません

記名式(My Suica)は2枚以上でも作れますよ。(でも、記名式や定期券を作るともう無記名式は発行できません)

そしてアプリからSuicaを新規発行する場合は、作るときにチャージが必要です。

リアルなSuicaカードのデポジットとは違ってチャージなので全額ふつうに自分で使えますが、最低1,000円はかかると覚えておいてくださいね。

あと、デジタルSuicaを新規発行できるのは「Suicaアプリ」からだけです。

walletとSuicaアプリ

Walletアプリ(Apple Pay)からは発行できません。あくまで登録・利用(管理)ができるだけです。

ちょっと紛らわしいので、注意してくださいね。



まとめ

さいごに、今回の「モバイルSuicaの新規発行」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 新規発行・追加は「Suicaアプリ」から
  • 作るときにチャージ金額(最低1,000円)が必要
  • 支払い方法は「クレジットカード」か「Apple Pay」
  • 無記名式は1枚目まで。記名・定期を作るともう発行できない

もし記名式・無記名のどちらで作るか迷ったら、僕はだんぜん記名式のほうをおすすめします。

スマホの紛失・盗難の場合にじぶんで利用停止できるのでセキュリティ度がぐっと上がりますよ!