Apple PayにSuicaカードを登録は1分でok!やり方・できない場合から基本的な使い方まで紹介【アップルペイ・スイカ】

ApplePayにSuicaカードを登録する方法

こんにちは!無記名式のSuicaカードをApple Payに登録したサッシ(@3104nkmr)です。

特にアプリをダウンロードすることもなく、クレジットカードも使わずにできてしまいました。

ほんとうに1分もあれば十分でしたよ!

このページでは、登録の手順から登録できない場合や基本的な使い方まで以下の内容で「ApplePayにSuicaカードを登録」を分かりやすく紹介します。

  • Apple PayにSuicaカードを登録する方法(事前に準備するもの・デポジットはどうなる?)
  • 登録できない場合の原因と対策
  • 基本的な使い方(チャージ・支払い)【クレジットカード不要】



Apple PayにSuicaカードを登録する方法

さっそくApple PayにSuicaカードを登録する方法を紹介しますね。

以下の順番で分かりやすくお伝えしていきます。

  • 事前に準備するもの・対応するSuicaの種類
  • 登録の手順
  • デポジットはどうなるの?

事前に準備するもの・対応するSuicaの種類

まずは「事前に準備するもの」です。

と言っても、特別な用意は必要ありません。

以下の2点があれば大丈夫ですよ。

【Apple PayへのSuicaカード登録に必要な2つのもの】

  • スマホ
  • Suicaカード

特にアプリをダウンロードする必要もありません。

iPhoneにはじめから入っている「Wallet(ウォレット)」アプリを使うだけなんですよ。

wallet

Suicaカードは以下の種類に対応しています。

【Apple Payへ登録できるSuicaカードの種類】

  • 無記名式(Suicaカード)
  • 記名式(My Suica)
  • 定期(Suica定期券:通勤・大学などへの通学)
「こども用Suica」「高校生以下の通学定期」「割引定期券」などはApple Payに登録できません

登録の手順

では、実際にApple PayにSuicaカードを登録してみましょう。

まずスマホで「Wallet」アプリを開いてください。

wallet

「Wallet」アプリを開いたら、「カードを追加」をタップします。

カードを追加

確認事項を読んで「続ける」をタップして進むと、カードの種類の選択画面になります。

「交通系ICカード」である「Suica」をタップしてください。

カードの種類

Suicaを追加する画面になるので、Suicaカードの裏面にある「JE」ではじまる番号の下4ケタを入力します。(記名式や定期の人は生年月日も必要)

Suicaを追加

すると、カード情報をスマホで読み取る段階になります。

テーブル等の平らなところにSuicaカードを置いて、Suicaカードの上にスマホを置いてください。

カード情報移行

しばらく放置すると、Suicaカードの情報がすべてスマホ(Apple Pay)に読み込まれます。

カードの追加

はい。これでSuicaカードのApple Payへの登録は完了です!

設定完了

あっという間ですね。ほんとうに1分もあれば十分できてしまいますよ。

デポジットはどうなるの?

Suicaカードの情報を移すとなると、やはり以下のことが気になりますよね?

デポジットが不安さん
で、で、デポジットは?

500円のデポジットはどうなっちゃったの!?

はい。大丈夫です。

Suicaカードを作るときに支払ったデポジットの500円はそのままApplePayにチャージされるんです!

デポジット

チャージ残高もデポジットの500円も、すべてSuicaカードからApplePayに情報は移されます。

だから、もうプラスチックのSuicaカードは使用不能になっているので注意してくださいね。

「みどりの窓口」へ返す必要もないので、自分でハサミでジャキジャキ切って捨てちゃってokですよ。



登録できない場合の原因と対策

なぜか登録できない場合は以下の2つの原因が考えられます。

【登録できない2つの可能性】

  • 時間切れ
  • 金属製のテーブル

Suicaカードを読み込む段階で、スマホとSuicaカードをくっ付けないまま時間が経つとエラーになってしまいます。

カードが検出されませんでした

また、金属製のテーブルなどの上で作業すると磁気エラーが起きることもあります。

木や布の上にSuicaカードを置いて試してくださいね。

基本的な使い方(チャージ・支払い)【クレジットカード不要】

ApplePayへの登録のやり方がわかったところで、基本的な使い方も紹介しておきますね。

「クレジットカードをまだ登録せず、現金でチャージしてコンビニで買い物」というシチュエーションでお届けします。

チャージの仕方【クレジットカードを使わない場合】

クレジットカードを登録していればスマホのアプリ内からチャージできますが、そうでない場合は「コンビニのレジ」でチャージです。

やり方はかんたん。

コンビニのレジで店員さんに以下のように伝えてください。

はじめてのApplePayさん
スイカにチャージをお願いします!

店員さんが金額を聞いてくるので、自分がチャージしたい金額を伝えます。

チャージ金額を伝えて現金で支払ったら、レジにある機械(カードリーダー)にスマホをかざせばokです。

カードリーダー

ちなみにスマホをかざす向きは「画面側」でも「背面」でも「側面」でも大丈夫ですよ。僕はぜんぶ試してみました(笑)

コンビニでの支払いのやり方

チャージができたら、お買い物の準備はバッチリです。

有人レジはもちろん、無人レジでもApplePayでSuica支払いはできますよ。

無人レジ

チャージのときと同じように、お会計のときに「スイカで!」と言ってスマホをかざせばokです。

電車に乗るときも同じく改札にただスマホをかざして通れば大丈夫。すぐに画面に通知が出ますよ。

電車移動中

う〜ん、便利ですね!



まとめ

さいごに、今回の「ApplePayにSuicaカードを登録する方法」のポイントをまとめておきますね。

  • ApplePayは「Wallet」アプリを使う
  • 登録は、スマホにSuicaカードを読み込ませるだけ
  • ApplePayに登録したSuicaカードは使用不能になる
  • Suicaカードのデポジット500円はApplePay内にチャージ残高として移行される
  • チャージ・支払いはスマホをかざすだけでok!

1分もあればApplePayデビューできますよ。

プラスチックのSuicaカードよりスマホで使う方が好きならば、ぜひ試してみてくださいね。






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】