長い動画もok?5つの種類・足跡・複数投稿・PCからなどインスタグラムの動画投稿まとめ

ストーリー投稿

こんにちは!インスタ歴8年のサッシです。

リール・ストーリーなど、動画はいつもどこで投稿が多いですか?

制限時間足跡など違いがあるので、よ〜く知っておきましょう!

知っておくべき3つのこと・投稿できるところなど、このページでは以下の内容で「インスタの動画投稿」を完全ガイドしますね。




これだけは知っておいて!インスタの動画投稿で覚えておきたい3つのこと

はじめに、「これだけは知っておいて!」ということを紹介しておきますね。

インスタの動画投稿なら、ぜひ覚えておきたいことがあるんですよ。

ずばり以下の3つのことです!

気に入った「誰かの動画」は公式にはダウンロードできません。
(でも保存する方法はあります)

しかし自分の投稿動画ならサクッと保存できるんですよ!

それぞれ順番に紹介していきますね。

動画も複数選べる

まずは「動画も複数選べる」です。

フィードへの通常投稿は動画1本だけなイメージがありませんか?

ところがどっこい、ちゃんと写真と同じく複数投稿okなんですよ。

複数動画を選択(ig)
▲複数動画を選択

最大で10枚まで同時に投稿可能です。

とにかく画像の合計が10枚なので、写真と動画をミックスでも大丈夫なんですよ。

インスタの複数投稿は別ページでやり方・注意点などをまとめているので、詳しくはそちらを参考にしてみてください。

インスタ複数写真

自分の動画なら公式に保存もok

お次は「自分の動画なら公式に保存もok」です。

インスタグラムでの動画保存は、自分が投稿した動画ならスマホに保存できるものもあります。

やり方はそれぞれの投稿方法によりますが、例えばライブなら配信後にふつうにダウンロードの表示が出ているんですよ。

スマホに保存
▲スマホに保存

ストーリーズリールも投稿後に「・・・」マークをタップすればふつうに動画を保存が選べます。

スマホ内ではないですが、ライブ投稿通常投稿ストーリー投稿アーカイブ保存も可能です。
(設定しておけば投稿後に勝手にインスタ内に保存してくれる)

通常投稿IGTVでの「保存」はただのブックマークなので、アカウントの「保存済み」のところに入るだけですよ。

保存
▲IGTVの「保存」

もちろん画面収録すれば何でも録画・保存できます。

画面収録とは「動画のスクリーンショット」ですね。

画面収録ならば自分の投稿動画だけでなく誰かの投稿した動画も保存できちゃいますよ。

インスタDMで動画送信

PCからも投稿できる!

3つ目は「PCからも投稿できる!」です。

以前はパソコンからはインスタの動画投稿はできませんでした。

見る専用だったんです。

でも現在はパソコンからも投稿できるんですよ!

キャプション入力・位置情報の追加など
▲PCから投稿するところ

投稿方法はスマホアプリとほぼ同じです。

ホーム画面で「+」マークをタップしてそこから進んでください。

ただし作成できる動画はフィードへの通常投稿のみです。

ストーリー・リールなどには投稿できませんよ。

同じwebブラウザ経由でもスマホならストーリー投稿が可能です。



インスタグラムのどこに動画って投稿できるの?足跡は付く?

知っておきたい3つのことがわかったところで、実際に投稿についてさらに見ていきましょう。

以下の順番で「どこで動画は投稿できるのか?」と足跡について紹介していきますね。

動画投稿できるのはどれ?

まず、どこで動画投稿できるのかです。

インスタグラムで動画の投稿ができるところをあらためてまとめますね。

ずばり以下の5ヶ所で可能ですよ!

インスタグラムで複数画像を選択
▲フィード投稿

リール・ライブ・IGTVはそもそも動画専用ですね。

特にリールは写真をつなげて音楽も乗っけて1本の動画を作れる編集度の高さが魅力ですよ。

あと、投稿とは呼ばないかもですがDMで動画を送ることもできます。

インスタグラムのDM

動画を見たら足跡が付くのはどれ?

5つの投稿がわかったところで、誰もが気になるアレについても確かめておきましょう。

そう、「動画を見た人がわかるのか」についてです。

ずばり以下の2つは動画を閲覧したら足跡が付きますよ!

足跡が付くもの
  • ストーリーズ
  • ライブ

インスタグラムLIVE配信中
▲インスタLIVE配信中

ストーリーとライブは「その動画を見た人が誰か」がハッキリと通知されます。

それ以外の通常投稿・リール・IGTVは誰が見たのかはわかりません。

リールはTikTokで、IGTVはYouTubeみたいなものなので、そのイメージでいてもらえればokです。

もちろんDMは相手が開いたら既読が付きますよ。



長い動画投稿はどこまで?それぞれの時間制限について【Instagram】

投稿できるところがわかったところで、制限時間も見ておきましょう。

インスタでの動画投稿は、それぞれの投稿方法によって秒数・分数が決まっています。

各制限時間は以下のようになっていますよ。

動画投稿の時間制限

画像選択でエラー
▲時間制限でエラー

これらの規定時間より短いor長い動画投稿はできません。

短すぎるとそもそも投稿できないし、長すぎるとトリミングしてからの投稿となりますよ。

ちなみにDMで動画を送信するときは最大60秒までの動画しか送れないようになっています。

インスタに動画投稿の制限時間については別ページで具体的にまとめているので、さらに詳しくはそちらを読んでみてくださいね。

動画の長さが60秒以内になるように調整

まとめ

さいごに、今回ご紹介した「知っておいてほしい3つのこと」をあらためて並べておきますね。

(タップするとそれぞれの説明に戻れます)

スマホをよく使うなら、大切な画像を残す対策はしっかりできていますか?

いつか必ず容量いっぱいになるか機種変するので、大切な思い出の写真・動画は外付けHDDに保存するのがおすすめです。

子どもや恋人とのちょっと見られたくない画像なども絶対に漏らさずに保存できますので。
(ネットにアップすれば流出のリスクが必ずあります)

ロジテックのスマホ用HDDならpc不要でスマホからケーブルを差して直接保存できるので僕はすごく気に入っています。

1万円くらいで1TB(=128GBのスマホ8台分)の大容量が手に入りますよ。

外付けhddと雪山