エポスポイントがもっとも貯まる方法とは?8つの貯め方・6つの使い方を具体的に紹介

エポスポイント多く貯めるには

こんにちは!マルイは渋谷によく行くサッシ(@3104nkmr)です。

ムダなくエポスポイントは貯められていますか?

このページでは以下の内容で「エポスポイントの基本的な貯め方・使い方」を具体的にお伝えしつつ、さいごにもっとも多く貯まる方法を紹介しますね!

  • エポスカードは絶対に必要?エポスポイントを貯める8種類のやり方
  • エポスポイントの6つの基本的な使い方
  • 知らなきゃ損!なるべく多くエポスポイントが貯まる3つの方法



エポスカードは絶対に必要?エポスポイントを貯める8種類のやり方

まずはエポスポイントの貯め方です。

はじめに、以下のことをハッキリさせておきますね。

エポスポイントって、エポスカードが無いと貯まらないの?

はい。答えは「Yes」。

エポスポイントを貯め始めるにはエポスカードが絶対に必要です!

エポスポイントはエポス会員(=エポスカードを作った人)を対象にしたポイントサービスなので、クレジットカードのエポスカードがあることが前提なんですよ。

エポスカードとATM
▲エポスカード

基本的に「エポスポイントはエポスカードでお支払いすることで貯まる」と思ってもらえばokです。

カード利用以外の細かい方法も含めると、以下の8つの貯め方がありますよ!

エポスポイントがもらえる8つの方法
  • 店舗で支払い
  • ネットで支払い
  • 公共料金・税金の支払い
  • 電子マネーにチャージ
  • キャンペーン・紹介
  • アプリでゲーム
  • 積立投資
  • ゴールドカードの特典

それぞれもう少し説明していきますね。

店舗で支払い

まずは「店舗で支払い」です。

エポスカードはVISAブランドなので、VISA加盟店でカード利用すれば200円で1ポイントもらえます。(リボ・3回以上の分割なら2ポイント)

エポスカードとマルイの玄関
▲エポスカードはvisaだけです

特にマルイ・モディならポイント2倍ですし、大幅にポイントアップするエポス優待店も存在しますよ。(例:カラオケのビッグエコーなら200円で5ポイント!)

エポスカードを登録すれば、スマホ決済で支払ってもokです。

PayPay楽天ペイd払いオリガミペイや、エポス独自のエポスペイもありますよ。

ネットで支払い

実店舗だけでなく「ネットで支払い」でも大丈夫です。

ふつうにクレカ払いとしてエポスカードを選択すればokですし、エポスのポイントアップサイト「たまるマーケット」を経由すると通常の2〜30倍のポイントになります!

たまるマーケット
▲たまるマーケット公式サイト

たまるマーケットには400以上のオンラインストアが存在し、例えばAmazon・楽天市場・ヤフーショッピング・じゃらん・ユニクロ・ビックカメラなどがありますよ。

公共料金・税金の支払い

お次は「公共料金・税金の支払い」です。

まぁ・・・名前の通りです(笑)

お手続き方法
▲EPOS Netより

電気・ガス・水道やケータイ・インターネット代だけでなく、家賃・住民税・自動車税などもエポスカードで支払える場合がありますよ!

電子マネーにチャージ

直接のクレカ利用だけでなく、「エポスカードから電子マネーにチャージ」でもエポスポイントが貯まります。

すべての電子マネーがokというわけではないのですが、以下の電子マネーが対応していますよ。

チャージでエポスポイントが貯まる電子マネーの例

チャージでどれくらいエポスポイントが貯まるかはそれぞれです。

例えば楽天Edyは1,000円につき5ポイント、スタバカードは5,000円につき50ポイントとなっていますよ。

チャージとは少し違いますが、エポスカードを登録したApple Payでの支払いでもエポスポイントは貯まります。

Apple Pay・Walletアプリ内ではエポスカードは電子マネーiDとして機能しますよ。

キャンペーン・紹介

ここからは、支払いやチャージ以外の方法を紹介してきますね。

まずは「キャンペーン・紹介」です。

キャンペーン一覧
▲EPOS Netより

エポスカードの会員サイト「EPOS Net」にログインするといろいろキャンペーンが出ていますよ。エントリーが必要なもの・不要なものがあります。

友達や家族を招待してエポスカードに入会してもらってもポイントがもらえますよ!

アプリでゲーム

お次は「アプリでゲーム」です。

エポスカード公式アプリ内のミニゲームで遊んでもポイントがもらえます。

エポスのミニゲーム
▲ミニゲームに勝った!

もらえるポイントは多くはないですが、遊ぶだけでもらえるのはうれしいですよね(笑)

積立投資

続いては「積立投資」です。

エポスカードで毎月自動で積み立てる投資信託「tsumiki」というサービスでもポイントが貯まります。(つみたてNISAの対象です)

tsuimiki
▲tsumiki公式ページ

年間の積立金額に対して初年度は0.1%、5年目以降は0.5%のエポスポイントがもらえますよ。

例えば、初年度は100万円を積み立てたら1,000,000円×0.1%=1,000ptのエポスポイントがボーナスとして付与されます。

ゴールドカードの特典

さぁ、ラストです。

8つ目の貯め方は「ゴールドカードの特典」です。

エポスゴールドカードを持っているならば、年間50万円の利用で2,500pt、100万円で10,000ptのエポスポイントがボーナスとしてもらえます。

エポスゴールドカード
▲エポスカード公式サイトより

利用金額に関わらず、そもそもエポスゴールドカードならポイントの有効期限が無期限になるんですよ。(ただのエポスカードだと2年間)

さらに、よく利用するショップを登録すると200円で3ptになるという特典もあります。(3回以上の分割やリボ払いなら200円で4pt!)



エポスポイントの6つの基本的な使い方

貯め方がわかったところで、続いては使い方です。

まず、エポスポイントは1ポイント=1円で使えるということを知っておいてくださいね。(例外はあります)

エポスポイントが貯まったら、基本的に以下の6つの利用方法がありますよ。

エポスポイントの6つの基本的な使い方
  • マルイで使う(店舗・オンライン)
  • エポスペイで使う
  • たまるマーケットで使う
  • プリペイドカードに移して使う
  • 商品券・ギフト券と交換
  • 他のポイントと交換

使い方によってはさらにキャッシュバックできたり、1pt=1円以上に交換できたりするんですよ!

それぞれもう少し紹介していきますね。

マルイで使う(店舗・オンライン)

まずは「マルイで使う」です。

マルイ・モディ全館とマルイのオンラインストア「マルイウェブチャネル」でのお支払いに使えます。

マルイ外観
▲渋谷のマルイ

レジで「エポスポイントで!」と店員さんに伝えればokですよ。

もっとも基本的な使い方ですね。

エポスペイで使う

お次はちょっと応用で「エポスペイで使う」です。

エポス独自のスマホ決済「EPOS Pay」で支払うときにエポスポイントを利用することができます。

エポスカード
▲エポスカードアプリ内にあります

東京の中野エリア限定でスタートしたのでまだ使えるお店は限られていますが、2019年中に広がっていくのではないでしょうか。

エポスペイの使い方は別ページで詳しくまとめているので、参考にしてみてくださいね。

エポスペイの案内名刺

エポスペイとは?メリット・使い方・ 使えるお店をわかりやすく紹介【EPOS Pay】

たまるマーケットで使う

ネットショッピングするなら、「たまるマーケットで使う」という方法もありますよ。

エポス公式のポイントアップサイト「たまるマーケット」を経由する買い物ならばエポスポイントで支払うことが可能です。

たまるマーケット

Amazon・楽天市場・ヤフーショッピング・じゃらん・ユニクロ・ビックカメラなど、マルイ以外のオンラインストアでも使えるのがうれしいですよね!

プリペイドカードに移して使う

どんどん見てみましょう。

お次は「プリペイドカードに移して使う」というやり方です。

エポスVisaプリペイドカードを発行すれば、エポスポイントをチャージして使うことができるんですよ。

エポスvisaプリペイドカード
▲エポスvisaプリペイドカード

会員サイト「EPOS Net」からあっという間に入金できて便利です。

エポスVisaプリペイドカードは200円使うごとに1円キャッシュバックされるという特典もありますよ!

エポスカードを持っている人ならば誰でも無料でエポスVisaプリペイドカードは発行できます。

商品券・ギフト券と交換

あとは、交換系も見てみましょう。

まず、エポスポイントを「商品券・ギフト券」と交換することも可能です。

例えば以下のようなものがありますよ。

エポスポイントと交換できる代表的な商品券・ギフト券
  • マルイ商品券
  • クオ・カード
  • Amazonギフト券
  • App Store&iTunesコード
  • スターバックスカード
  • モンテローザお食事券

ここに挙げた商品券・ギフト券は、どれも1pt=1円以上で交換できます。

特にモンテローザお食事券は800ptで1,000円分と交換できてお得ですよ!

他のポイントと交換

もう1つ、交換系です。

エポスポイントが貯まったら「他のポイント」と交換することもできます。

以下のポイントと交換可能ですよ。

エポスポイントと交換できるポイント

マイルは2ptで1マイルですが、他のポイントは商品券・ギフト券と同じくどれも1pt=1円という交換比率になっていますよ。

あとは、その他のポイント利用方法としては「エポスオリジナルグッズと交換」「寄付(ユニセフ・WWFジャパンなど)」「アスリート支援」などもあります。

知らなきゃ損!なるべく多くエポスポイントが貯まる3つの方法

基本的な貯め方・使い方がわかったところで、エポスポイントをたくさん貯める方法も紹介しておきますね。

エポスポイントをザクザク貯めるなら、ずばり以下の3つの方法がありますよ!

なるべく多くエポスポイントが貯まる3つの方法
  • エポトクプラザ・たまるマーケットを経由する
  • なるべくマルイで買う
  • エポスゴールドカードを使う

それぞれもう少し説明しますね。

エポトクプラザ・たまるマーケットを経由する

まずは「エポトクプラザ・たまるマーケットを経由する」です。

たまるマーケット
▲たまるマーケット

エポトクプラザ・たまるマーケットを経由すれば2倍〜30倍のポイントアップが可能なのはかなり大きいですね。(何倍かはお店・サービスによって異なります)

例えば、たまるマーケット経由ならポイント10倍の「HP Directplus」で10万円のパソコンを買えば、200円で10ptなので・・・なんと5,000ptも貯まるんです!

す、すごい・・・(涙)

ちなみにエポトクプラザ=エポス会員の優待サイト、たまるマーケット=ポイントアップサイトです。

あまり違いは意識しなくて大丈夫。

なるべくマルイで買う

もう1つは「なるべくマルイで買う」です。

通常は200円で1ptのエポスカードですが、マルイ系のお店での買い物に限っては200円で2ptとなっています。つまり、ポイント2倍!

マルイ渋谷店
▲マルイ

マルイ・モディの実店舗だけでなくオンラインストアもokなので、買えるものは「マルイウェブチャネル」で買うのがイイですね。

エポスゴールドカードを使う

さぁ、本命の登場です。

エポスポイントを貯めるなら、ずばりエポスゴールドカードを使うのがもっとも多く貯まる方法なんです!

エポスゴールドカード
▲エポスカード公式サイトより

年間で50万円使えば2,500pt、100万円使えば10,000ptというボーナスポイントがもらえますからね・・・最強すぎます。

ふだんでも、よく使うお店を3つ登録すればそこでの買い物は最大3倍のポイントアップとなる点も強力です。(マルイは特別に200円で4pt。リボ払い・3回以上の分割なら5pt!)

あとは、ポイントアップではないですがマルイで10%オフになる「マルコとマルオの7日間」キャンペーンに参加や「エポスカード優待店を利用(例:提示だけでカラオケが30%割引)」などを意識するとお得ですよ。



まとめ

さいごに、今回の「エポスポイントの貯め方・使い方」の大事な点をまとめて並べておきますね。

  • エポスカードを作っていることが前提
  • カードで支払い・電子マネーにチャージ・キャンペーン参加などで貯まる
  • マルイ・エポスペイ・たまるマーケットで使ったり、商品券・ギフト券他のポイントと交換が可能
  • もっとも貯まる方法はエポスゴールドカード

最強に貯まるのはエポスゴールドカードを作ってエポトクプラザ・たまるマーケット経由かマルイ系のお店で買い物することです。

エポスゴールドカードは通常は年会費5,000円ですが、年間50万円以上使うとなんと年会費が永年無料になるというレアな特徴を持っています。

年会費無料になるゴールドカードなんてほとんど存在しないので、初めてのゴールドカードにぴったりの1枚ですよ!