エポスカードの9つのメリット・3つのデメリットから口コミ・評判の検証まで本音で全力レビュー!

エポスカードメリットデメリット

こんにちは!エポスカードも愛用しているサッシ(@3104nkmr)です。

マルイ以外だと還元率0.5%になってしまいますが、「即日発行が可能」で「海外旅行障害保険が自動的に付いてくる」という無料カードは他にありません。

このページでは、以下の内容で「エポスカード」を具体的にていねいに紹介しますね。

  • エポスカードの9つのメリット
  • エポスカードの3つのデメリット
  • エポスカードの口コミ・評判を検証レビュー!

\入会も年会費も無料・海外旅行の保険も付いてくる/

※即日発行も可能
※入会時に2,000ポイントもらえます

エポスカードの9つのメリット

はじめに、メリットから見てみましょう。

エポスカードの9つの大きな利点・メリットを紹介していきますね!

入会金・年会費がずっと無料

まず、「入会金・年会費がずっと無料」です。

エポスカードは申込・入会にも、2年目以降の会費にもお金はかかりません。

漆黒の背景のエポスカード

いっさい無料でずっと持てるんですよ!

エポスゴールドカードは年会費5,000円(税込)となっています。

最短で即日発行が可能

次に、「最短で即日発行が可能」となっています。

エポスカードを発行している「マルイ」で申し込めば、なんと申し込んだ日にカードを受け取ることができるんです!

エポスカードセンター渋谷のマルイ
▲マルイ渋谷店のエポスカードセンター

そもそも「店頭で申し込み」ができないカードも多いですからね。

最短で即日発行はクレジットカード界でもレアですよ。

「マルイ店頭で受け取り」を選んだ場合、入会特典はマルイのクーポンになります。(金額は変わらず)

海外旅行障害保険が自動付帯

3つ目は「海外旅行障害保険」についてです。

エポスカード海外旅行障害保険が自動付帯となっています。

エポスカード海外旅行傷害保険ガイド
▲海外旅行障害保険のしおり

つまり「カードを作ってあるだけで海外旅行障害保険が適用される」ということなんです!

実際に、海外旅行のためにエポスカードを作っておく人はかなり多いんですよ。

エポスカードの海外旅行障害保険については別ページで詳しくまとめているので、参考にしてみてくださいね。

エポスカード海外旅行傷害保険まとめ

エポスカードって使わなかったり、家に忘れても保険は効くの?マルイのカードセンターで聞いてみたよ!【海外旅行障害保険】

モバイルSuica・楽天edyにチャージでポイントが貯まる

続いては「電子マネーにチャージ」についてです。

エポスカードは電子マネーのモバイルSuicaや楽天edyにチャージできる数少ないクレジットカードなんですよ。


▲モバイルSuica

しかもチャージだけでポイントが貯まるんです。

これができるクレカはほんっっっとうに少ないので、貴重な存在となっています(涙)

優待店で割引

街のお店でもエポスカードは大活躍です。

エポスカード優待店で提示や支払いで割引サービスが受けられます。

以下のようなお店がありますよ。

エポスカード優待店の例
  • 富士急ハイランド
  • 魚民
  • HIS
  • シダックス
  • タイムズ

例えば、シダックス(カラオケ)では「ルーム料金30%オフ」だったり、タイムズ(レンタカー)では「基本レンタル料金最大15%オフ」のような具合です。

全国10,000店舗以上で優待価格が利用できますよ。

VISAプリペイドカードも入会費・年会費無料

どんどん見ていきましょう。

エポスカードはクレジットカードに加えて「エポスVISAプリペイドカード」も入会費・年会費無料です。

エポスプリペイドカード候補
▲デザインも豊富です

カード利用で貯まる「エポスポイント」は有効期限が2年間なのですが、このエポスVISAプリペイドカードにチャージしてしまえば無期限でエポスポイントが使えるんですよ。

1ポイント単位でチャージ可能なのでめちゃくちゃ重宝します。

プリキュアのカードなど、一部のカードは有料です

商品券・他のポイントと等価交換

7つ目のメリットは「商品券・他のポイントと等価交換」です。

エポスカードで貯まった「エポスポイント」は商品券・他のポイントと等価交換できます。

例えば以下のような交換先がありますよ。

エポスポイントの交換先
  • エポスVISAプリペイドカード
  • マルイ商品券
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフトコード
  • クオカード
  • スタバカード
  • モンテローザお食事券

これらはすべて等価(1ポイント=1円)で交換可能です。

しかも魚民・白木屋などで使える「モンテローザお食事券」はなんと800ポイントで1,000円分なっていますよ!

入会特典のエポスポイントが2,000ポイント

お次は「入会特典」についてです。

エポスカードを新しく発行すると、入会特典としてエポスポイントが2,000ポイントもらえますよ。

入会特典2000pt

つまり「クレジットカードを作れば2,000円もらえる」ということですからね。

・・・お得すぎます(涙)

盗難補償が全額補償

さいごのメリットは「盗難補償が全額補償」です。

もしもエポスカードを紛失してしまっても、盗難補償で全額補償となっています。

浅い緑とエポスカード

無料のカードで「全額補償」ってほとんどありませんからね。ものすごいメリットです。

他には、細かいメリットとしては「公式アプリで管理できる」「Apple Payに追加できる(QUICPayとして使える)」「ETCカードも入会金・年会費無料」などもありますよ!

\入会も年会費も無料・海外旅行の保険も付いてくる/

※即日発行も可能
※入会時に2,000ポイントもらえます

エポスカードの3つのデメリット

メリットがわかったところで、お次は「デメリット」を見てみましょう。

エポスカードの3つのデメリットを紹介していきますね。

マルイ以外だと0.5%還元

まず1つ目のデメリットは「マルイ以外だと0.5%還元」です。

エポスカードはマルイだと1%還元(200円につき2ポイント。カード提示で現金の場合は0.5%)なのでなかなか優秀です。

でも、その他のお店だと半分の0.5%還元(200円につき1ポイント)となっています。

マルイ外観
▲渋谷のマルイ

独自のオンライン制度「たまるマーケット」を経由するとポイントアップ(例:Amazonが2倍)しますが、そもそもが0.5%還元ですからね・・・。

マルイ以外なら、正直に言って他のカードのほうが還元率は高いです。

優待店舗が近くにないとイマイチ

続いては「優待店舗が近くにないとイマイチ」です。

もしも家の近くにエポスカード優待店が無かったり、じぶんが使うようなお店が無かったら、エポスカードが活躍する場面はグッと少なくなります。

よくシダックスやビッグエコーでカラオケするなら最高ですが(笑)

VISAしか選べない

あとは選べるブランドですね。

エポスカードは「VISA」しか選べません。

白バックのエポスカード
▲ぜったいにVISAです

MasterCardやJCBを作りたいならば残念ですが非対応です。

例えばApple PayのSuicaにはVISAではチャージできないので、そういった場面では不便ですね。

他には小さなデメリットとしては「エポスポイントの有効期限が2年間」や「家族カードがない」などがありますよ。

エポスカードの口コミ・評判を検証レビュー!

メリット・デメリットがわかったところで、あとは口コミ・評判にも触れておきますね。

実際にエポスカードを使い込んでいる僕が、ネット上でよく見かける声を以下の順番で検証していきます!

  • エポスカードの2つの良い口コミ・評判
  • エポスカードの2つの悪い口コミ・評判

エポスカードの2つの良い口コミ・評判

まずは良い口コミ・評判から見てみましょう。

SNSや掲示板・口コミサイトでは、以下の声をよく見かけます。

無料カードなのに海外旅行傷害保険が自動付帯なのがうれしい!
 
はい。これは文句なしにその通りですね!

年会費無料のクレジットカードでは海外旅行保険が付いているのはとても珍しく、そもそも有料オプションでも付けられないカードも少なくありません。(例:Yahoo!JAPANカード)

エポスカード海外旅行傷害保険ガイド
▲海外旅行傷害保険の手引

「海外好きならエポスカード!」は間違いないですよ。

他には、以下のような良い口コミもよく目にします。

バーチャルカードが無料発行できるがイイ!

ネットの買い物がよりいっそう安心。

 
はい。これもその通りです。

しばしば「ECサイトで個人情報が流出!」などのニュースを聞いたりするので、ちょっとネットショッピングでクレカ情報を入れるのに不安を覚えたりしますよね。

でもエポスカード保有者なら無料で発行できる「エポスバーチャルカード」はエポスカードとカード番号が違うので、セキュリティレベルがグッと上がるんですよ。

エポスVISAプリペイドカードとは違う存在ですよ。

エポスVISAプリペイドカードはチャージ式のリアルカード、エポスバーチャルカードはネットショッピング専用のデジタルカードです。

エポスカードの2つの悪い口コミ・評判

続いては悪い口コミ・評判です。

ネット上でよく見かける悪い声としては、まず以下のものがあります。

エポスカードって・・・特徴が無いんだよね。

積極的にこれを使う理由がない。

 
う〜ん、これはどうでしょう。

先ほど良い評判のところで紹介した「無料カードなのに海外旅行傷害保険」や「バーチャルカード」もあるし、「マルイでお得」「カラオケ・居酒屋・映画館などでお得」というメリットもあります。

「マルイを使うか」や「優待店が近所にあるか」などの条件によって人それぞれでしょう。

あとは以下のイマイチな声もよく耳にします。

あまりポイント貯まらないよね…

ぶっちゃけ楽天カードのほうが貯まる。

 
はい。これについてはだいたい賛成です。

僕も「マルイ以外の利用ではポイントを貯めにくい」と感じていますよ。

他には「コールセンターの対応が最悪」なんて声も見かけますが・・・そもそも担当の人によって当たり・ハズレがあるなんて、どのコールセンターでも一緒ですよね。

「評判最悪!」なんてのは匿名のクレーマー体質の人がイチャモンつけてるだけなので、参考にならないです。

まとめ

さいごに、今回ご紹介した「エポスカードのメリット・デメリット」をまとめて並べておきますね。

エポスカードのメリット・デメリット
【9つのメリット】

  • 入会金・年会費がずっと無料
  • 最短で即日発行が可能
  • 海外旅行障害保険が自動付帯
  • モバイルSuica・楽天edyにチャージでポイントが貯まる
  • 優待店で割引
  • VISAプリペイドカードも入会費・年会費無料
  • 商品券・他のポイントと等価交換
  • 入会特典のエポスポイントが2,000ポイント
  • 盗難補償が全額補償

【3つのデメリット】

  • マルイ以外だと0.5%還元
  • 優待店舗が近くにないとイマイチ
  • VISAしか選べない

たいしたデメリットも無いので、お世辞抜きにかなりメリットだらけの無料カードです。

マルイと相性が良いのはもちろんですが、特に「海外旅行の保険を無料で付けたい!」「急いでカードを作りたい!」ならば他の無料カードよりもだんぜんエポスカードがおすすめですよ!

\入会も年会費も無料・海外旅行の保険も付いてくる/

※即日発行も可能
※入会時に2,000ポイントもらえます






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】