d払いとは?仕組み・メリット/デメリットからドコモ払いとの違いまで紹介

d払いとは

こんにちは!d払いにハマっているサッシ(@3104nkmr)です。

ずいぶんd払いを使い込んだので、他のスマホ決済と比べたメリット・デメリットがわかってきましたよ!

このページでは、仕組み・使い方からメリット/デメリットや使えるお店まで以下の内容で「d払いとは何か?」をまとめて紹介します。

  • d払いとは?仕組み・基本的な使い方まとめ
  • d払いの特徴はこれ!メリット・デメリットまとめ
  • どこで使えるの?ネットでもok?
  • ドコモ払いとの違いは?



d払いとは?仕組み・基本的な使い方まとめ

まずは、d払いとは何かをまとめて紹介しますね。

以下の順番でわかりやすくお伝えしていきます。

  • d払いって何?ドコモユーザーじゃないとダメ?
  • どんな仕組みなの?クレジットカードは必要?

d払いって何?ドコモユーザーじゃないとダメ?

d払いアイコン
d払いとは何なのか?

ひとことで表せば、以下のサービスと思ってもらえればokです。

d払いとは?
スマホで支払えて、ポイントも貯まるサービス

PayPayLINE Payと同じく、スマホ決済アプリの1つですね。

d払いがあれば、現金を持ち歩かなくていいキャッシュレス生活ができるわけです。

今のところ個人情報の流出・不正利用などの話もなく、セキュリティが甘い危険性も感じません。安全性の高いスマホ決済と言えますね。

支払いにはアプリでQRコード・バーコードを使います。

QRコードバーコード

うれしいポイント制度もあり、d払いで200円お買い物するたびにdポイントが1ポイント貯まる仕組みです。(ネットショップは100円で1ポイント!)

d払いのポイントについては別ページで詳しくまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

d払いポイントの使い方・貯め方まとめ。還元率・ネット利用・ポイントアップのキャンペーンも紹介

2019.03.10

どんな仕組みなの?クレジットカードは必要?

では、d払いの基本的な使い方も紹介しますね。

スマホにd払いアプリをダウンロード・インストールしたら、以下の2つをするだけで初期設定は完了です。

d払い初期設定の2つの手順
  • dアカウントを登録・ログイン
  • クレジットカードを登録

ドコモユーザーの人はdアカウントを登録するだけでokですが、ドコモのスマホじゃない人はクレジットカードの登録が必須ですよ。

d払いはチャージ式のスマホ決済アプリではないので、銀行口座の登録やチャージは不要です。

その点はオリガミペイ楽天ペイに似ていますね。

d払いにクレジットカードは以下の3種類が登録できます。

d払いに登録できる3種類のクレジットカード
  • VISA
  • MasterCard
  • dカード(ドコモのクレジットカード)

クレジットカードを登録したら、あとはお店で「dばらいで!」と伝えてd払いアプリを開くだけでok。

表示されているQRコード・バーコードを店員さんがピッとスキャンして、お支払いは完了です。

決済方法については、詳しくはd払いの使い方の記事に画像たっぷりにまとめています。参考にしてみてくださいね。

d払いの使い方・決済方法まとめ。初期設定から実店舗でのQRコード/バーコード支払いやネットでのやり方まで紹介

2019.03.18



d払いの特徴はこれ!メリット・デメリットまとめ

続いてはメリット・デメリットです。

実際にd払いを使い込んでみて僕が感じる特徴を紹介しますね。

d払いの3つのメリット

他のスマホ決済アプリと比べてみて「お、これはd払いならではだな!」と感じるメリット・利点は以下の3つです。

d払いの3つのメリット
  • 勝手にポイント二重取り
  • ファミマ・ローソンで利用できる
  • ドコモユーザーはスマホ代と合算もok

はい。クレジットカードを登録すれば、なんとd払いは勝手にポイント二重取りになるんです!

つまり、d払いでお買い物すれば「dポイント」と「クレジットカード会社のポイント」が必ず付くという仕組みですね。

あれこれと工夫せずともポイント二重取りになるから楽ちんです(笑)

ファミリーマート・ローソンという2つの身近なコンビニで使える点も便利ですね。

あと、ドコモユーザーならばd払いの分をスマホ代と合算できるので、クレジットカードを登録せずに銀行口座だけで利用することも可能です。(ポイント二重取りできるので、クレカ利用のほうがおすすめですが)

d払いの2つのデメリット

あまり大きなデメリットは無いのですが、あえて言えばd払いのデメリットは以下の2つかなと思います。

d払いの2つのデメリット
  • ドコモユーザー以外はAmazonに登録できない
  • ドコモユーザー以外はクレジットカードが必須

d払いはAmazonに対応しているのですが、残念ながらAmazonにd払いを登録できるのはドコモユーザーだけなんです。

ちなみに僕はドコモユーザーではありません。うぅぅ・・・(涙)

スマホ決済アプリでも例えばLINE Payは銀行口座があれば利用可能ですが、ドコモユーザー以外がd払いを使うならクレジットカードの登録は必須です。



どこで使えるの?ネットでもok?

お次は、d払いが使えるところについてです。

d払いはコンビニなどのリアルな実店舗でも、Amazonなどのネットショッピングでも利用できます。

例えば、リアルな実店舗だと以下のようなお店で使えます。

d払いが使えるお店の例
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • 上島珈琲店
  • タワーレコード
  • マツモトキヨシ
  • ビックカメラ
  • 高島屋

成田空港ローソン
▲ローソン

音楽好きとしては、タワレコが使えるのはうれしいです(笑)

コンビニはポプラ・ミニストップでも使えますよ。残念ながらセブンイレブンは対応していません。

ネットだと「Amazon」「メルカリ」「ラクマ」「ミンネ」「アニメイト」「ノジマ」などが人気ですね。

d払いが使えるお店については、別ページで「ジャンル別・あいうえお順」で詳しくまとめて紹介しています。ぜひチェックしてみてください!

d払いはどこで使える?代表的な使えるお店・加盟店舗の一覧をジャンル別・あいうえお順で紹介

2019.03.09

ドコモ払いとの違いは?

d払いと似ているサービスの「ドコモ払い」との違いにも触れておきますね。

ドコモショップ
▲ドコモショップ

d払いと違い、ドコモ払いはドコモユーザーを対象としたスマホ決済サービスです。

そうなんです。まず大きな違いは「ドコモ払いはドコモのスマホに人じゃないと使えない」という点ですね。

ドコモユーザー以外は、それ以上覚えなくてokです(笑)

ドコモのスマホの人は以下のように思ってくれればokですよ。

ドコモ払いとは?
「電話料金合算払い」か「ドコモ口座の残高充当」でネットショッピングなどで支払えるサービス

ドコモ払いではdポイントは貯まらない・使えないし、実店舗では利用できません。



まとめ

さいごに、今回の「d払いとは何か?」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • ドコモユーザー以外も利用できる
  • スマホでQRコード・バーコードで支払い
  • dポイントが貯まる(クレカと二重取りもok)
  • クレジットカード登録は必須(ドコモの人は銀行口座でも可能)
  • リアル店舗もネット利用もできる(Amazonはドコモユーザーだけ)

もらえるdポイントが爆増するお得なキャンペーンもよくやっていますよ。

これからd払いを始めるならば、別ページにd払いの始め方・事前に用意するものをまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

d払いを始めるのは1分でok!事前に必要なもの・登録の手順を分かりやすく紹介【スマホ決済アプリ:始め方】

2019.01.22






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】