LINE Payのポイント制度「マイカラー」とは?仕組み・還元率などを分かりやすく紹介【ラインペイ:スマホ決済アプリ】

マイカラーまとめ

こんにちは!LINE Payにハマっているサッシ(@3104nkmr)です。

LINE Payの「マイカラー」って、ちょっと仕組みが複雑ですよね。

このページでは、その仕組みから注意点まで以下の内容でLINE Payのポイント制度「マイカラー」を分かりやすく紹介します!

  • LINE Payのマイカラーとは?仕組み・還元率・ポイント付与のタイミング
  • 支払い方法に指定はあるの?
  • マイカラー利用の注意点
  • 他のキャンペーンと併用できるの?



LINE Payのマイカラーとは「ランク別のポイント制度」です!

LINE Payにポイント制度はあるの?

まず、以下の質問にハッキリとお答えしておきますね。

LINE Payにポイント制度ってあるの?
 
答えは「Yes」。ポイント制度はあります!

マイカラー」というのがLINE Payのポイント制度です。

マイカラー ホワイト

LINE Payでは利用額に応じた「ランク方式」で還元率が決まる仕組みなんですよ。

詳しくは次の章で紹介していきますね。

マイカラーのランクの仕組み・還元率・ポイント付与のタイミング

では、マイカラーのランクの仕組み・還元率・ポイント付与のタイミングをもう少し詳しく見てみましょう。

まずはマイカラーの仕組みを紹介しますね。以下の2つの基本原則を覚えておいてください。

【「マイカラー」の2つの基本原則】

  • LINE Payでの支払い額に応じて「LINEポイント」を付与
  • その月の利用額に応じて翌月の還元率が決まる

シンプルに「LINE Payで支払えばポイントがもらえる」と思ってもらってokですよ。

付与ポイント

還元率は誰もが同じではなく、どれくらいLINE Payで支払っているかによってランク分けされます。

前月の利用額に応じて以下の4つのランクに分けられますよ。

【マイカラーの4つのランク】

  • ホワイト(1万円未満)・・・0.5%(100円で0.5ポイント)
  • レッド(1万円以上5万円未満)・・・0.8%(100円で0.8ポイント)
  • ブルー(5万円以上10万円未満)・・・1%(100円で1ポイント)
  • グリーン(10万円以上)・・・2%(100円で2ポイント)

※カラー名の横のカッコ内は1ヶ月間のLINE Payでの支払い額

4つのカラー

例えば9月の支払い額が「3万円」だったとしたら、10月の自分のランクは「レッド(還元率は0.8%)」になります。

つまり、10月の間はLINE Payで1,000円を支払うと8ポイントもらえるわけです。

ポイントが付与されるタイミングは利用した店舗・支払い方法によって異なります。

僕がこれまで利用してきた履歴をチェックすると、ほぼ「24時間後」にポイントが付与される場合が多かったですよ。(LINEアプリを開いて「ウォレット」>「LINEポイント」と進むと確認できます)

支払い方法は「コード支払い」がポイント付与が早くておすすめです。「LINE Payカード」で支払うと数日〜2ヶ月程度かかる場合もありますよ。

そもそも「LINE Payの対象店舗」以外では「コード支払い」で決済することはできず、「LINE Payカード」を使わないと利用できないので注意してくださいね。

LINE Payが使えるお店は別記事に「あいうえお順」でまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE Payが使える店舗はここ!お店一覧から支払い方法(コード決済/カード払い)まで紹介

2018.08.02

チャージでもポイントは付くの?

お金の流れをイメージすると、「チャージでポイントが付くかどうか」も気になるところですよね?

例えば「楽天edyカード」で電子マネー「edy」にチャージするとポイントが付くみたいな。

でも、残念ながらLINE Payにチャージしてもポイントは付かないです。

ええ。僕はチャージ分もポイントをもらえるのかと期待していましたよ(笑)

あくまで「支払い」をした分にだけポイントが付く仕組みなんですね。

他にも「送金」や「税金の請求書払い」もポイント付与の対象外なので覚えておいてくださいね!

支払い方法に指定はあるの?「コード支払い」でも「LINE Payカード」でもok?

では、支払い方法についても確かめておきましょう。

ポイントをもらうためには、特定の支払い方法で決済しないとダメなのでしょうか?

これに関しては「支払い方法は何でもok」です!

LINE Payには以下の支払い方法があるのですが、どの支払い方法でもポイントは付与される仕組みになっていますよ。

〜LINE Payの主な支払い方法〜
【実店舗】

  • コード決済(バーコード/QRコード)
  • LINE Payカード(JCB)

【オンラインストア】

  • 「LINE pay」を選択して決済
  • LINE Payカードを「クレジットカード(JCB)」として選択して決済

【電気料金など】

  • 請求書払い(請求書のバーコードをスキャンする)

他にはマニアックな方法だと「Google Pay」や「LINE Pay外貨両替」や「自販機での支払い」もokです。

全般的なLINE Payの使い方も別記事に分かりやすくまとめています。ぜひ読んでみてくださいね。

LINE Payの使い方まとめ2019最新版!チャージ・支払い方法・LINE Payカード・コンビニ店舗やネットショッピングを分かりやすく紹介【ラインペイ】

2018.10.09

マイカラー利用の注意点

マイカラー制度を利用する前に必ず知っておいてほしいことがあります。

それは「LINE Payに銀行口座の登録をしないとマイカラー制度は使えない」ということです。

LINE Payは銀行口座の登録を唯一の「本人確認」の方法としているので、銀行口座の登録はかなり重要な位置づけです。クレジットカードの登録に本人確認の役割は無し)

実は銀行口座の登録をしている・していないでLINE Payは以下の2種類のアカウントに分けられています。

【LINE Payの2種類のアカウント】

  • 銀行口座なし(=本人確認なし)・・・LINE Cash(ラインキャッシュ)
  • 銀行口座あり(=本人確認あり)・・・LINE Money(ラインマネー)

銀行口座の登録をしていなくてもLINE Payを使うことは可能です。

でも、銀行口座の登録なし=本人確認が取れていない状態のLINE Cashアカウントにはポイントは付与されないんです!

そもそも銀行口座を登録した「LINE Money」アカウントになっていることが前提なので、覚えておいてくださいね。

LINE Payへの銀行口座の登録については別記事に詳しくまとめています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE Payに銀行口座を登録!削除方法やチャージ手数料から登録できない場合まで完全ガイド【ラインペイ:本人確認 】

2018.08.12

マイカラーはLINE Payのキャンペーンと併用できるの?

マイカラー制度とLINE Payのキャンペーンの関係についても紹介しておきますね。

これからも絶対にすべてのキャンペーンがそうとは言えないのですが、これまでの多くのキャンペーンはだいたいマイカラーとの併用が可能でした。

例えば、2018年だと以下のキャンペーンはマイカラー制度と合わせて使えます。

【マイカラーと併用できるキャンペーン】

  • 「コード支払い」で3%還元率アップ
  • 対象店舗・サービスで20%還元の「Payトク」

マイカラーが1番ランク下の「ホワイト(0.5%)」でも、「Payトク(20%)」の期間内に「コード支払い(3%)」すると?

なんと「23.5%」のポイントが還元されちゃうんです!おお〜!!

例えば身近な「ローソン」や「ファミマ」で可能なので、ぜひ試してみてくださいね。

LINE Payのコンビニでの使い方「Payトク」の使えるお店なども別記事にまとめています。参考にしてみてくださいね。

LINE Payの20%還元キャンペーンPayトクとは?使い方・対象店舗・期限などをまとめて紹介【ラインペイ:キャンペーン】

2018.12.14

ラインペイでコンビニ(ローソン)で支払う2つの方法を紹介!【LINE Payの使い方】

2018.07.26

まとめ

最後に、今回の「LINE Payのマイカラー制度」についてのポイントをまとめて並べておきますね。

  • LINE Payでの支払い額に応じて「LINEポイント」を付与
  • その月の利用額に応じて翌月の還元率が決まる「ランク方式」
  • ランク(カラー)は4段階
  • 支払い方法はどれでもok
  • 他のキャンペーンと併用できる場合が多い

特に20%還元の「Payトク」キャンペーンと併用するとかなりお得です。

ぜひ「Payトク」もチェックしてみてくださいね!

LINE Payの20%還元キャンペーンPayトクとは?使い方・対象店舗・期限などをまとめて紹介【ラインペイ:キャンペーン】

2018.12.14






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】