LINE Payのコード支払い・ユーザースキャンのやり方まとめ。使える店舗やポイントも紹介【QRコード・バーコード】

LINE Payコード支払いまとめ

こんにちは!iPhoneでもAndroidでも毎日のようにLINE Payしているサッシ(@3104nkmr)です。

LINE Payのコード支払いが使える店やポイントの仕組みは覚えられましたか?

コード支払いのやり方は2種類あるので、どちらの手順も知っておくとお買い物でスムーズに支払いできますよ。

このページでは、以下の内容で「LINE Payのコード支払いのやり方」を具体的にお伝えしますね。




LINE Payのコード支いとは?支払い方法について(コード・スキャン)

はじめに、LINE Payのコード支払いとはどんなものかを見てみましょう。

以下の順番で紹介していきますね。

コード支払いの方法は2種類

まず、コード支払いの種類を紹介しておきますね。

QRコード・バーコードを使ったLINE Payの「コード支払い」には以下の2種類の方法があるんです。

LINE Payの2種類のコード支払い
  • コード
  • スキャン

2つの違いはかんたんですよ。

自分のスマホでLINE Payの支払い用のQRコード・バーコードを表示してみてください。

それをレジで店員さんにコードリーダーでピッと読み込んでもらうやり方が「コード」です。

LINE Payアプリトップ画面
▲上:スキャン、下:コード

一方、「スキャン」はお店のレジで「そのお店の固有のQRコード」をこちらがスマホのカメラで読み込む方法のことを言います。

コード支払いかスキャン支払いかは、お店によって決まっているという仕組みです。

お店でコード支払いする手順

では実際にLINEアプリからコード支払いをしてみましょう!

コードスキャンそれぞれ順番に紹介していきますね。

【コード】

まずは「コード」の手順です。

商品を持ってレジに行ったら以下のように店員さんに伝えてください。

ラインペイで!
 

LINE Payで支払うことを伝えたら、LINEアプリを開いて「ウォレット」をタップして、「コード支払い」をタップします。

コード支払い・ウォレット

すると支払い用のバーコード・QRコードが表示されるので、それを店員さんにピッと読み込んでもらえばokです。

QRコード・バーコード

コード表示の制限時間は5分間です。

5分を過ぎたら新しいコードを再表示させてください。

【スキャン】

お次は「スキャン」です。

多くのお店は先ほどの「コード」方式での支払いですが、「スキャン」方式のお店もあります。

スキャンのときは、LINE Payで支払いたいことを伝えると店員さんに以下のように言われますよ。

店員さん
こちらのQRコードのスキャンをお願いします
 
レジに掲示してあったり、店員さんが持っているタブレット端末などで表示されるQRコードを自分のスマホで読み取ります。

先ほど紹介した「コード」と同じように「ウォレット>コード支払い」と進んだら、画面右上の「スキャン」をタップしてください。

スキャン

すると、専用のカメラが起動します。

あとはお店のQRコードを読み取って金額を入力すればokです!(金額入力はじぶんでやりますよ)

コードリーダー

うまくQRコード・バーコードを読み取れないときは「コードを入力」をタップして手動で入力しましょう。

ここではLINEアプリでのやり方を紹介しましたが、LINE Pay専用のLINE Payアプリを使うのもイイですよ。

アプリを開いたらすぐにコード・スキャナーが同時に表示されます!

LINE Pay専用アプリ

コードリーダーのミス?LINE Payでバーコード・QRコードが読み取れない場合

支払いのやり方がわかったところで、うまく使えないときの原因にも触れておきますね。

特にLINE Payの支払いに制約はないので、基本的に使えないことはないはずです。

なぜかバーコード・QRコードが読み取れない場合は以下の原因が考えられますよ。

LINE Payでバーコード・QRコードが読み取れない可能性
  • スマホの電波が悪い
  • お店のコードリーダーの不具合

スマホのネット接続は安定していますか?

ぶちぶち切れやすい環境だとオフラインになってエラーになることがあります。じぶんのWiFiなど安定した環境で使いましょう。

u2sと白いバック
▲wifi端末

あと、レアですがお店のレジ(コードリーダー)の不具合の可能性もあります。

僕は2回ほど「すみません、ちょっとお待ち下さい」ってなったことがありますよ!



LINE Payのコード支払いを使える店舗はどこ?ポイントは貯まるの?

LINE Payのコード支払いのやり方がわかったところで、続いてはコード支払いできるお店も見てみましょう。

コンビニ・家電などの代表的な店舗や、コード支払いでポイントが貯まるのかどうかも紹介しますね。

コード支払い対応の店舗(コンビニ・家電など)

まず、LINE Payのコード支払いに対応している店舗です。

代表的なコンビニ・家電などを挙げると、以下のようなお店がありますよ。

LINE Payのコード支払いが使えるお店の例

ローソン
▲ローソン

ビックカメラ
▲ビックカメラ

身近なセブン・ローソン・ファミマが使えるのはうれしいですよね〜。

さらに詳しくはLINE Payが使えるお店の記事に「ジャンル別・あいうえお順」で並べて紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

LINE Pay使えるお店

ポイントは付くの?

コード支払いでポイントが付くのかどうか、ちょっと気になるところですよね?

答えは・・・「Yes」。コード支払いでポイントを付けることは可能です。

ただ、LINE Payで支払うときは後払い式の「チャージ&ペイ」の利用のときのみLINEポイントが発生するので注意してください。

マイランク
▲マイランクのランク分け

以前のマイカラーは廃止されて現在はマイランクという仕組みになったんですよ。

「チャージ&ペイ」でコード支払いでお買い物すると、ポイント還元としてLINEポイントがもらえますよ。

LINEコインLINE Payボーナスではなく、LINEポイントです。お間違えなく!



まとめ

さいごに、今回の「LINE Payのコード支払いのやり方まとめ」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • コード支払いの種類は「スキャン」と「コード」の2つ
  • ローソン・ファミマ・ビックカメラなどで利用可能
  • もらえるポイントはLINEポイント(チャージ&ペイのときだけ)

詳しいLINE Payの使い方チャージの方法も別ページで分かりやすくまとめています。ぜひ読んでみてくださいね。

LINE Pay使い方まとめ
LINE Payのチャージ方法