LINEのマイカードとは?メリット/デメリット・使い方・使えるお店・SHOPPING GOとの関係をまとめて紹介【ライン:ウォレット】

こんにちは!LINE Payにハマっているサッシ(@3104nkmr)です。

LINEのマイカードって何なのか、ちょっと分かりづらいですよね?

僕も最初は「ん?何これ?」と思っていましたが、「ポイントカードを持ち歩かなくてokになる」「LINEポイント還元のクーポンをまとめておける」などのメリットがあり、お買い物がグッと便利・お得になるんですよ!

このページでは、使い方・使えるお店から「SHOPPING GO」機能との関係まで以下の内容でLINEの「マイカード」を分かりやすく紹介します。




LINEのマイカードとは?メリット・デメリットを紹介

はじめに、マイカードとは何なのかをハッキリさせましょう。

以下の順番で特徴やメリット・デメリットを紹介していきますね。

マイカードとは?2つのメリット

まずはメリットから見ていきましょう。

マイカードとはLINEアプリの「ウォレット」の中にある機能の1つです。

ウォレット、マイカード
▲マイカードのアイコン

LINE Payをやっていなくても利用できますよ。

ずばりマイカードのメリットは以下の2つと思ってもらえればokです。

LINEマイカードの2つのメリット
  • スマホがポイントカード代わりになる(例:Tポイント)
  • お得なクーポン入れになる(例:ビックカメラ)

リアルなお財布で言えば「カードやクーポンをしまうところ」みたいなイメージですね。

以下、順番にもうちょっと詳しく説明します。

メリットその1.「スマホがポイントカード代わりになる」

まず1つ目のメリットは「スマホがポイントカード代わりになる」という点です。

例えば「Tポイント」を思い浮かべてもらうと分かりやすいと思います。

お買い物のとき、プラスチック製のリアルな「Tポイントカード」をレジで提示してポイントを付けてもらっていませんか?

tポイント
▲Tポイントカード

なんとTポイント機能はLINEのマイカードに取り込むことができるので、スマホがあればTポイントカードを持ち歩かなくても大丈夫になるんですよ!

いろいろなお店のポイントカード・ショップカードがLINEアプリから表示できるというわけですね。

スマホでバーコード表示には対応しておらず、リアルなTポイントカードじゃないとダメな店舗もあります。

例)TSUTAYAとスタバの一体型店舗はダメでした

メリットその2.「LINEポイントが還元されるお得なクーポン入れになる」

もう1つのメリットは「LINEポイントが還元されるお得なクーポン入れになる」という点です。

これについては、2018年12月の「ビックカメラ」を例に挙げてみますね。

ビックカメラ
▲ビックカメラ有楽町店

まず、LINEポイント還元そのものはマイカードではなくSHOPPING GOという機能によるものです。

マイカード内にビックカメラを登録すると「お買い物の金額の1%をLINEポイント還元」というSHOPPING GO機能のバーコードをすぐに表示できます。

1%ポイントバック

1%はキャンペーン期間のみ。通常は0.5%還元です

SHOPPING GOによるお得なLINEポイント還元クーポンを入れておく「クーポン入れ」になるというイメージですね。

マイカードとSHOPPING GOの違いについては後でもうちょっと詳しく紹介します。

マイカードのデメリットは?

メリットに続いては、マイカードのデメリットです。

実際にいろいろ登録して使ってみて、僕が感じるデメリットは以下の1点ですね。

マイカードのデメリット
ショートカットを置かなければすぐに開けない

はい。それぞれのカードを開くまでに4タップ必要なんですよ。

例えばマイカードに登録したスタバカードを開こうと思ったら「LINEアプリ > ウォレット > マイカード > スタバカード」のように4回押さなきゃいけないわけです。

でもマイカードの画面から「歯車マーク(設定) > ホーム画面にショートカット追加」と進めばスマホのトップ画面からすぐ行けるようになります!

LINEマイカードアイコン
▲マイカードのショートカット

ショートカットを置けば・・・特に弱点はないです(笑)

マイカードはショートカットを置いたほうがだんぜん便利ですよ!



LINEのマイカードの使い方【登録・削除・利用方法】

メリット・デメリットがわかったところで、マイカードの使い方を見ていきましょう。

以下の順番で、実際に「マイカード」にお店やサービスを登録・利用する方法を紹介しますね。

LINEアプリでマイカードにお店・サービスを登録

まずスマホでLINEアプリを開いてください。

LINEアプリを開いたら、以下のようにタップして進んで「マイカード」を開きます。

ウォレット > マイカード
マイカード、ウォレット

すると「マイカード」と「カードをさがす」の2つのタブが並んでいますよね?

ここからは以下のステップでそれぞれのお店のカードを使えるようにしていきます。

マイカードを使えるようにする手順
  1. 「カードをさがす」から選ぶ
  2. カードのオンライン登録を済ませる

それぞれ順番に説明していきますね。

まず「カードをさがす」から、使えるようにしたいお店・サービスのカードを選びます。

カードをさがす

カードをタップした時点でマークが「+」から「緑色のチェック」に変わり、「マイカード」のタブに追加されます。

でも、まだ「マイカードに入れただけ」な状態なので各お店に登録はできていません。

カードを使えるようにするには「今すぐ登録」をタップして、LINEに権限を「許可する」をタップすればokです。

今すぐ登録、許可する
「あとで」を選んだときは、「マイカード」からカードを選べばいつでも登録画面に行けますよ。

はい。これだけで登録・連携は完了です。

さらに詳しい登録の流れは「LINEのマイカードにTポイントを登録」のページで画像たっぷりに紹介しています。参考にしてみてくださいね。

マイカードにtカードを登録

LINEのマイカードに手持ちのTカードを登録・連携したよ!ラインウォレットからの手順・やり方・できない場合を紹介【LINE Pay・Tポイント併用】

カードをタップしても削除できないよ!LINEマイカードを並び替え・削除したいときは?

削除や並び替えのやり方も見てみましょう。

マイカードを削除したいときは各カードをタップしてもできないので注意!

消したいなら画面の左上にある「歯車マーク」をタップして進み、「カードの並び替え・削除」をタップしてください。

カードの並び替え・削除

するとそこにマイカードに追加したカードがズラーッと並んでいます。

赤白のマークをタップすると「削除」が出てきますよ。

削除

カードを消してしまうとなると「また登録できるのか」が気になりますよね?

大丈夫。いったん削除しても、また何度でも再登録もできますよ!

カードを並び替えしたいときは「三本線マーク」を押しながら好きな位置に移動させればokです。

お店でのマイカードの使い方

マイカードにお店・サービスを登録したら、お買い物のときにレジでバーコードを提示すればokです。

マイカード内のそのお店・サービスをタップするとバーコードが表示されますよ。

tカード、preciousカード
▲左:Tカード、右:プレシャスカード(上島珈琲店)

そのバーコードを店員さんにピッと読み込んでもらうだけです。かんたんですね!

お買い物の支払いはLINE Pay決済でも現金でも何でもokですが、マイカードはポイントカードなので必ず支払い前に提示してくださいね。

スタバのマイカードは、このやり方で支払い・ポイント付与が同時に完了しますよ!

ビックカメラ・無印良品やPontaもok!LINEマイカードを使えるお店一覧【利用店舗・加盟店】

マイカードの仕組み・使い方がわかったところで、以下の疑問がありますよね?

うん。メリットとか使い方はわかった。

・・・で、どこで使えるの?

 
はい。僕もそう思いましたよ(笑)

マイカードが使えるお店・サービスを以下に「あいうえお順」にまとめてみました。

マイカードが使えるお店・サービス一覧
  • earth music&ecology(ファッション)
  • 上島珈琲店(カフェ)
  • GAP(ファッション)
  • コジマ(家電)
  • サカゼン(ファッション)
  • SANEI bd(ファッション)
  • ジョンマスターオーガニック(コスメ)
  • スターバックスコーヒー
  • ソフマップ(パソコン周辺機器)
  • ディオール ビューティー(コスメ)
  • Tカード(ポイントカード)
  • ドットエスティ(【.st】ファッション)
  • ビックカメラ(家電)
  • Ponta(ポイントカード)
  • 無印良品(雑貨)
  • ヤマダ電機(家電)
  • ライトオン(ファッション)
  • ロクシタン(コスメ)
  • ワールドプレミアムクラブカード(ポイントカード)

earthmusicecology五反田店
▲earth music&ecology

ビックカメラ
▲ビックカメラ

個人的には「無印良品」が入っているのがうれしいです♪

これらのお店でお買い物のときはレジで「マイカード」からバーコードを提示してみてくださいね!



マイカードとSHOPPING GOは別のもの?ショッピングゴーとの違いは何?

LINEの「マイカード」の話題をすると、「SHOPPING GO(ショッピングゴー)」という単語がよく出てきませんか?

この2つ・・・混ざるんですよねぇ。僕も理解するのにだいぶ時間がかかりました(笑)

紛らわしい「SHOPPING GO」と「マイカード」の関係もまとめておきますね。

両者の違いは、以下のように思ってもらえればスッキリするはずです。

SHOPPING GOとマイカードの違い・関係
SHPPING GOは「バーコード提示でLINEポイントがもらえるクーポン」のこと。

マイカードに登録しても・しなくても利用ok

例を挙げますね。

たとえばビックカメラでSHOPPING GOのLINEポイント還元を受けたい場合。

ビックカメラでお買い物・お会計のときに、スマホでSHOPPING GOを開いてバーコードを提示します。

そのときSHOPPING GOのホームアイコンを設置して直接行ってもいいし・・・

ホームアイコン

「マイカード」にビックカメラを登録しておいて、そこから開いてもokです。

ビックカメラ
マイカード一覧

「マイカード」に登録していないお店・サービスでも、「SHOPPING GO」クーポンは使えますよ。

なお、マイカードを開いたときに緑色で「p」と書かれているのがSHOPPING GOに対応しているお店・サービスです。

0.5%
▲0.5%還元のクーポンもあるよ!という意味



まとめ

最後に、今回のLINEの「マイカード」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • メリットは「スマホがポイントカード代わりになる」「お得なクーポン入れになる」
  • LINEアプリを開いて「ウォレット > マイカード」と進めばok
  • マイカードに登録しなくても「SHOPPING GO」機能は使える

僕はマイカードに登録したTポイントをよく利用しています。今のところマイカードに特にデメリットは感じませんよ。

「ビックカメラ」の参戦で大いに盛り上がった「Payトク」キャンペーンや「SHOPPING GO」についても別記事にまとめています。ぜひ読んでみてくださいね。

shopping go 完全ガイド

LINEのSHOPPING GOとは?使い方・対象店舗・削除・できない場合を紹介【ショッピングゴー】

payトク完全ガイド

LINE Payの20%還元キャンペーンPayトクとは?使い方・対象店舗・期限などをまとめて紹介【ラインペイ:キャンペーン】