Tポイントとは?知っておきたい3つのこと・よく使うお店ごとに多く貯まるやり方を紹介

tカード2枚

こんにちは!提示でもカード利用でもTポイントを貯めているサッシ(@3104nkmr)です。

お買い物で効率よくTポイントを集められていますか?

なんとな〜くふつうのTカードをレジで提示するより、2倍・3倍と多く貯まるやり方もあるんですよ!

知っておきたい3つのことやよく使うお店ごとの貯め方など、このページでは以下の内容で「Tポイントの特徴・たくさん貯まるやり方」を具体的にレビューしますね。

  • Tポイントとは?知っておきたい3つのこと
  • 効率よくポイントが貯まる4つの方法

Tポイントとは?知っておきたい3つのこと

さっそく、Tポイントの特徴をわかりやすくまとめますね。

以下の順番で紹介していきます。

  • Tポイントとは?
  • 知っておきたい3つのこと

Tポイントとは?

まず、Tポイントとは何かを見てみましょう。

Tポイントとは基本的にTポイント加盟店での提示で貯まるポイントです。

tポイント
▲Tポイントカード

いくらで何ポイントかはお店によって異なりますが、だいたい100円か200円で1ptですね。(税抜が多い)

貯まったTポイントは1pt=1円で加盟店やTモール(オンラインショップ)で使ったり、他のポイントや商品に交換できたりします。

tモール
▲Tモール

その点はdポイントPontaポイントnanacoポイントなどと同じですよ。

僕は昔は「Tポイントはツタヤでしか使えない」と思い込んでいましたが、そんなことありません(笑)

お買い物の他には、クレジットカードの利用・キャンペーンやゲームに参加・他のポイントから交換などでもTポイントを手に入れることは可能ですよ。

Tポイントについて知っておきたい3つのこと

お次はTポイントについて特に知っておいてほしいことです。

以下の3つのことは知っていましたか?

Tポイントで知っておきたい3つのこと
  • 提示の種類・方法は4つ
  • モバイルTカードだけ発行も可能
  • スマホ決済アプリから提示も可能

それぞれもう少し説明しますね。

お店でTポイントを提示するには以下の4つの種類・方法があります。

Tポイントを提示する4つの種類・方法
  • ポイントカード(カード・モバイル)
  • プリペイドカードと一体型(例:ソフトバンクカード)
  • 銀行のデビットカードと一体型(例:スルガ銀行)
  • クレジットカードと一体型

昔ながらのカードタイプに加えて、今はスマホアプリでモバイルTカードでバーコード提示もできます。

Tポイント機能が搭載されたクレジットカードはファミマTカード・Tカードプラス・Yahoo!JAPANカードなどがありますよ。

銀色バックのYahoo!JAPANカード
▲Yahoo!JAPANカード

モバイルTカードはすでに持っているTカードをアプリに登録するのが主流ですが、Tサイトで番号を新規発行してモバイルTカードだけ作ることも可能です。

最近はスマホ決済アプリからもモバイルTカードを提示できて便利になりました。

僕はだいたいPayPayかLINE PayからTポイントを提示していますよ!

ファミマはTポイントが付けられますが、ファミマのスマホ決済「ファミペイ」からはTカードは提示できません。

効率よくTポイントが貯まる4つの方法

Tポイントとは何かがわかったところで、お得にポイントが貯まる方法も見てみましょう。

ふつうのTカードを提示してなんとなく集めるよりも、以下の4つのクレジットカードを使ったほうがはるかに効率よくTポイントは貯まりますよ。

Tポイントが貯まりやすい4つのクレジットカード
  • PayPayをよく使う・・・Yahoo!JAPANカード
  • ツタヤをよく使う・・・Tカードプラス
  • ファミマをよく使う・・・ファミマTカード
  • Amazon・セブン・スタバをよく使う・・・JCB CARD W

そうなんです。どのお店をよく使うかで相性が変わってくるんです!

それぞれ順番に紹介していきますね。

PayPayをよく使うならYahoo!JAPANカード

まず、スマホ決済PayPayにも強いのがYahoo!JAPANカードです。

Yahoo!JAPANカードはTポイント加盟店じゃなくてもどこで使っても100円で1ptのTポイントが貯まります。

Yahoo!JAPANカードと緑
▲Yahoo!JAPANカード

もちろんTポイント提携店なら提示でもポイント付与なので「Tポイントの二重取り」になるわけですね!

Yahoo!JAPANカードはPayPayにチャージできるたった1つのクレジットカードなので、PayPayもよく使うならイチオシです。

Yahoo!JAPANカード13のメリットと3つのデメリット

具体的に、何がイイの?Yahoo!JAPANカードの13個のメリット・3つのデメリットを全力で紹介!【ヤフーカード】

ツタヤをよく使うならTカードプラス

お次は「Tカードプラス」を見てみましょう。

Tカードプラスはツタヤが公式に発行しているクレジットカードです。

tカードプラス
▲Tカードプラス

なんとTカードプラスはTポイント提携店で利用すると2倍のTポイントがもらえます。さ、さすがツタヤ公式・・・。

ツタヤをよく利用するならTカードプラスに決まりです。

ファミマをよく使うならファミマTカード

続いては「ファミマTカード」です。

その名前の通り、コンビニのファミリーマートが公式に発行しているクレジットカードですね。

道路とファミマtカード
▲ファミマTカード

ファミマTカードならファミマで200円につき2ptのTポイントがもらえます。

スマホ決済ファミペイにチャージできる唯一のカードでもあるので、ファミマによく行くならファミマTカードがザクザク貯まりますよ。

ファミマtカード知っておいてほしい5つのこと

絶対にリボ払いなの?ファミマTカードの返済方法・支払い方法で知っておいてほしい5つのこと

Amazon・セブン・スタバをよく使うならJCB CARD W

ラストはちょっと裏技的な方法を紹介しますね。

株式会社ジェーシービー公式のオリジナルカードであるJCB CARD Wならば、なんとAmazonやセブンイレブンは3倍・スタバなら10倍のポイントが貯まるのは知っていましたか!?

木の机とjcbカードw
▲JCB CARD W

貯まるのはOki Dokiポイントですが自動的にTポイントに交換も可能で、Oki Dokiポイント1pt=Tポイント5ptとして交換してくれます。

還元率で言えば1.5%でTポイントが貯まるので、Amazon・セブン・スタバをよく使うならJCB CARD Wが最強ですよ。

Amazonセブン3倍スタバはポイント10倍

Amazon・セブンでポイント3倍!スタバなら10倍!ぜったい知っておいてほしいおすすめカードJCB CARD Wとは?

まとめ

さいごに、よく使うお店ごとのおすすめカードをまとめて並べておきますね。

(それぞれの名前をタップすると各カードの説明に戻れます)

よく使うお店別・Tポイントが多く貯まる4つのカード

絶対にこれが一番お得というものではないので、じぶんがどのお店をよく利用するか次第ですね。

ふつうにポイントカードだけ提示しているよりは明らかに効率よくTポイントが貯まるようになりますよ!