楽天EdyカードにiPhoneでチャージはできるの?できないの?2019年最新版まとめ

楽天EdyにiPhoneでチャージok

こんにちは!楽天edyカードを愛用しているサッシ(@3104nkmr)です。

お店でedyで支払おうとして「ズギャーン。残高不足です」となって恥ずかしい&困ったことはありませんか?

僕は1年のうちに何回もあります(笑)

オートチャージを設定しているのですが、対象店舗が限られているので勝手にチャージされる場合・されない場合があって不安定なんですよね。正直、ちょっと困る。

そこで、「iPhoneでサクッとチャージできないのかな?」と思って、徹底的に調べて2019年の最新版をまとめてみました。

以下の内容で紹介していくので、ぜひ参考にしてください!

  • iPhoneで楽天edyカードにチャージできるの?できないの?Apple Payはダメなの?
  • iPhoneユーザーが楽天edyにチャージする5つの方法まとめ



iPhoneで楽天edyカードにチャージできるの?できないの?

結論:方法は「パソリ」か「おサイフケータイジャケット」購入のみ

まず、結論からハッキリさせますね。

iPhoneだけでは楽天edyカードにチャージできないです。

iphoneにばつ

Androidスマホの人はアプリからチャージできるのですが、iPhoneの人はできません。うぅ〜残念。

iPhoneの場合は以下の2つのモノを購入すればチャージが可能になります。

【iPhoneで楽天Edyカードにチャージが可能になるモノ】

  • パソリ(PaSoRi)
  • おサイフケータイジャケット

「パソリ(PaSoRi)」は楽天Edyの他にSuicaやWaonなども読み込める非接触型ICカードリーダー/ライターです。

「おサイフケータイジャケット」はiPhone端末それ自体をスポッと入れておサイフケータイとして使えるようにしてくれるものですね。

ApplePayはダメなの?

iPhoneを使っているならば、以下の疑問が浮かびませんか?

ん?ApplePayは?

Suicaカードとか取り込めるから、アレじゃダメなの?

残念ながらダメなんです。

ApplePayは楽天Edyに対応していません

なんと・・・

楽天EdyカードはダメでもSuicaカードはokですよ。

SuicaカードをiPhoneだけで使えるようにしたいのでしたらApplePayにSuicaカードを読み込む方法・使い方を別ページでまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね。

Apple PayにSuicaカードを登録は1分でok!やり方・できない場合から基本的な使い方まで紹介【アップルペイ・スイカ】

2019.01.11



iPhoneユーザーが楽天edyにチャージする5つの方法まとめ

では、続いては「iPhoneユーザーが楽天edyにチャージする方法」です。

残念ながらiPhoneだけでは無理ですが、iPhoneユーザーは以下の5つの方法で楽天Edyにチャージができますよ。

【iPhoneユーザーが楽天edyにチャージする5つの方法】

  • コンビニなどのレジ
  • チャージできる機械
  • オートチャージ
  • パソリ・楽天Edyリーダー
  • おサイフケータイジャケット

それぞれ順番に紹介していきますね。

コンビニなどのレジ

まず1つ目は「コンビニなどのレジ」です。

コンビニを中心に、以下のようなお店のレジで楽天Edyにチャージができますよ。

〜楽天Edyにレジチャージ対応の代表的な店舗〜
【コンビニ】

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ポプラ
  • スリーエフ
  • デイリーヤマザキ
  • セイコーマート

【コンビニ以外】

  • 喫茶室ルノアール(カフェ)
  • ツルハドラッグ(ドラッグストア)
  • くすりの福太郎(”)
  • ウェルネス(”)

レジで店員さんに以下のように言ってください。

エディにチャージお願いします!

チャージしたいことを伝えたら、金額を指定して現金でお会計すればokですよ!

チャージできる機械(Edyチャージャー・famiポート・セブン銀行ATM)

2つ目は「チャージできる機械」です。

以下の3種類の機械をピピッと操作してチャージすることも可能です。

【楽天Edyにチャージできる機械】

  • Edyチャージャー
  • famiポート
  • セブン銀行ATM

「Edyチャージャー」はショッピングセンターなどに設置してありますね。

edyチャージャー

「famiポート」はファミリーマートにしかありませんが、「セブン銀行ATM」はセブンイレブン以外にもありますよ。

銀行atm
▲ショッピングセンターに設置してあるセブン銀行ATM

オートチャージ

3つ目は「オートチャージ」です。

一定のチャージ残高を下回った場合、あらかじめ自分で決めておいた金額を登録したクレジットカードから自動でチャージしてくれる機能ですね。

iPhoneユーザーは現金ではなくクレジットカードでチャージする場合は基本的にこの方法になります。僕も主にオートチャージで利用していますよ。

ただ、チャージされたり・されなかったり、微妙にルールが分かりづらいんですよね・・・

楽天Edyにオートチャージされない7つの原因については、別ページで対象店舗やタイミングを詳しくまとめています。ぜひ読んでみてくださいね。

楽天edyでオートチャージされないんだけど!?7つの原因や対象店舗・タイミングを紹介【Edy機能付き楽天カード】

2018.08.12

パソリ・楽天Edyリーダー

続いて、4つ目は「パソリ・楽天Edyリーダー」です。

「パソリ(SONY RC-S390 P)」か「楽天Edyリーダー」を買えば、スマホやPCからチャージできるようになります。

それぞれ対応している端末の種類は以下のようになりますよ。

  • パソリ(SONY RC-S390 P)・・・iPhone/iPad/iPod
  • 楽天Edyリーダー・・・WindowsのPC

おサイフケータイジャケット

5つ目は「おサイフケータイジャケット」です。

本来iPhoneは「おサイフケータイ」に対応していませんが、「おサイフケータイジャケット」を買って装着すればok。

「おサイフケータイ」は楽天Edyに対応しているんですよ。

これら5つの方法に加えて、あとは「ポイントからチャージ」ですね。

「楽天スーパーポイント」が貯まっているならば、それを楽天Edyのチャージ残高に換えることができますよ。



まとめ

さいごに、今回ご紹介した「楽天EdyカードにiPhoneでチャージ」のポイントをまとめて紹介しますね。

  • iPhoneだけでは楽天Edyにチャージはできない
  • Apple Payにも対応していない
  • 「パソリ」「楽天Edyリーダー」「おサイフケータイジャケット」を買えば可能

「パソリ」などの機器は決して安くないので、それを買ってまでiPhoneやPCからチャージできるようにするのがお得かをよ〜く考えてから購入しましょう。

iPhoneだけでお支払いしたいならば、楽天Edyを使いつつ「スマホ決済アプリ」を併用するのも便利ですよ。

僕はそうやって「その時にお得な支払い方法」を使い分けています。

代表的なスマホ決済アプリの使い方もまとめているので、ぜひ読んでみてくださいね!