無料や100円で作る方法も!楽天edyカードの値段・種類・注意点・場所など、発行の仕方まとめ

こんにちは!10年以上edyカードを使ってきたサッシ(@3104nkmr)です。

楽天edyカードは持っていますか?

基本的には有料なのですが無料や100円で作れる方法もあるんですよ!

このページでは、以下の内容で「楽天edyカードを作る方法」を詳しく紹介しますね。

  • 無料なの?楽天edyカードを作る前に知っておいてほしい2つのこと
  • 公式ショップ・加盟店で発行や加盟店で発行!楽天edyカードの作り方・基本編
  • 無料・100円で作る方法も!楽天edyカードの作り方・応用編



無料なの?楽天edyカードを作る前に知っておいてほしい2つのこと

はじめに、カード作成の注意点をお伝えします。

楽天edyカード(正式名称:Edy-楽天ポイントカード)を作る前に、以下の2点はぜっっったいに知っておいてほしいです!

楽天edyカードを作る前に知っておいてほしい2つのこと
  • ポイントが貯まるカードは3種類ある
  • 基本的にカード作成は有料

それぞれもう少し説明していきますね。

ポイントが貯まるカードは3種類ある

まず、カードの種類についてです。

楽天ポイントを貯められるカードは以下の3種類があるのは知っていましたか?

楽天ポイントを貯められる3種類のカード
  • 楽天ポイントカード・・・提示してポイントを貯めるだけ。電子マネー・クレカの機能はない
  • Edy-楽天ポイントカード・・・提示したり、電子マネー「Edy」として支払いに使ってポイントを貯められる。クレカの機能はない
  • 楽天カード・・・提示することも、電子マネー「Edy」として支払うことも、クレカとして利用することもできる

楽天ポイントカードedy楽天ポイントカード楽天カード
▲左から順に楽天ポイントカード・Edy-楽天ポイントカード・楽天カード

お店のレジで提示してポイントを付けてもらう機能だけなのが「楽天ポイントカード」です。

支払いは現金・電子マネー・クレカなど何でもok。発行も無料の、いわゆるただのポイントカードですね。

そしてポイントカード機能に加えて電子マネー「Edy」の役割も兼ねているのが、今回の主役である「Edy-楽天ポイントカード」です。

楽天edyカード2枚
▲Edy-楽天ポイントカード

クレジットカードの機能はありませんが、ポイントカードとして提示したり、電子マネー「Edy」として支払いに使ってポイントを貯められますよ。

そこにさらにクレジットカードの機能も備えているのが「楽天カード」です。

楽天カードは「カード提示」「電子マネーEdy」「クレカ」の3つの機能を1枚で兼ねてしまうので、年会費無料でクレカを作りたいなら超おすすめのカードですね。

楽天edy

デメリットは特になし!楽天カードの9つのメリットと7つのマイナスな口コミ・評判をまとめました

基本的にカード作成は有料

もう1つ知っておいてほしいのが「カード発行料」についてです。

基本的にEdy-楽天ポイントカードの発行は有料となっています。

324円

たま〜に無料で発行キャンペーンがあったり、提携企業の無料カードが作れる場合があるのですが、基本的にはEdy-楽天ポイントカードは300〜500円(税抜)の発行料金がかかります。

ただのポイントカードである楽天ポイントカードは無料ですが、Edyの機能もある「Edy-楽天ポイントカード」の発行は無料ではないと覚えておいてください。

具体的な作り方は次の章で紹介していきますね!



Edy-楽天ポイントカードの作り方・基本編(公式ショップ・加盟店で発行)

では、実際にEdy-楽天ポイントカードを作っていきましょう。

まずは基本的な作り方を紹介しますね。(次の章で無料・100円で作る「応用編」を紹介します)

基本的には以下の3つの場所で発行できますよ。

  • 楽天Edyオフィシャルショップ(楽天市場)
  • ポプラ
  • プロント

それぞれ順番に見てみましょう!

楽天Edyオフィシャルショップ(楽天市場)

まずは「楽天Edyオフィシャルショップ」です。

楽天edyの公式のオンラインストアでふつうに売っているんですよ。

楽天edyカード公式ストア

基本的にお値段は「300円(税抜)か500円(税抜)」です。

シンプルな無地(?)のデザインもあるし、楽天パンダやリラックマなどのキャラクターもありますよ。

ネット検索やアプリで「楽天市場」からポチッと購入すればokです!

ポプラ(コンビニ)

2つ目はコンビニ「ポプラ」です。

以下のポプラ系列のコンビニのレジで売っていますよ。

Edy-楽天ポイントカードが買えるポプラ系列のコンビニ
  • ポプラ
  • 生活彩家
  • くらしハウス
  • スリーエイト

ポプラと生活彩家
▲上から順にポプラ、生活彩家

ポプラの楽天edyカード

ポプラのデザインのカードが300円(税抜)で買えます。

レジで「らくてんエディのカードください!」と伝えればすぐに出してくれますよ。

プロント(カフェ・バー)

3つ目は「プロント(PRONTO)」です。

昼間はカフェ・夜はバーという飲食店「プロント(PRONTO)」は独自のスタイルでEdy-楽天ポイントカードを発行しています。

プロント プロン党edyカード

お値段は500円(税抜)かかるのですが、いつでもドリンクが10%オフになるという大きなメリットが付いてくるんですよ!

5,000円分のドリンク注文をすれば、そこからはずっとお得しかないという計算ですね。

プロントをよく利用するならば「プロン党Edyカード」がおすすめです。

これら3つの方法の他には、団体・地方でオリジナルのEdyカードが発行されているという感じですよ。(例:「ヴィッセル神戸Edyキーホルダー」「出雲大社Edyカード」など)

ちなみに、カードを手に入れてそのまま使ってもポイントは貯まりません!

必ず楽天ポイントカードサイトで利用登録してから使い始めてくださいね。

Edy-楽天ポイントカードの作り方・応用編(無料・100円で作る方法)

基本的な作り方がわかったところで、お次は「応用編」です。

以下の順番で「無料や100円で作れる方法」を紹介していきますね!

  • 楽天市場のセール
  • クロネコメンバーズ
  • 楽天カード

楽天市場のセール

まずは「楽天市場のセール」です。

たまに楽天市場で割引でEdy-楽天ポイントカードが売り出されているんですよ。

108円

通常は最低300円(税抜)かかりますが、なんと100円(税抜)で買えちゃったりします。

運良くキャンペーンが開催されていれば「おおっ!ラッキー!!」と思ってポチッとしちゃいましょう(笑)

クロネコメンバーズ

お次は「クロネコメンバーズのカード」です。

宅配便でおなじみのクロネコヤマト(ヤマト運輸)の会員になると、会員カードが作れます。

その「クロネコメンバーズ・会員カード」がEdy-楽天ポイントカードの機能を備えているんですよ!

クロネコメンバーズカード楽天edy

クロネコメンバーズ会員に登録するのも、カード発行するのも完全に無料です。

クロネコヤマトを使う機会は意外とあると思うので、この方法で作るのも大いにアリじゃないでしょうか!

楽天カード

あとは「楽天カード」ですね。

クレジットカードである楽天カードを作れば、Edy-楽天ポイントカードとまったく同じことができます。

楽天edy
▲楽天カード

入会費・年会費が無料で、楽天市場で使えば3%還元でお買い物できるので、楽天カードを作るのがイチバン楽ちんでお得な方法ですね。

他の無料で作れる方法としては「ANAマイレージクラブカード」もありましたが、2017年7月3日をもって発行終了してしまいました(涙)



まとめ

さいごに、今回の「Edy-楽天ポイントカードの作り方」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 「楽天ポイントカード」や「楽天カード」とは別
  • 基本的には「公式オンラインストア」「ポプラ」「プロント」で、発行は有料
  • 無料・100円で作れる方法もあり

それぞれ、カード購入の代金はチャージには含まれません。(つまり、買ってすぐはチャージ0円)

無料で作れるし楽天Payでもお得に使えるので、僕は楽天カードを作るのを激しくおすすめします。

楽天カードの9つのメリットと7つのマイナスな口コミを別ページにまとめているので、そちらもぜひ読んでみてくださいね!

楽天edy

デメリットは特になし!楽天カードの9つのメリットと7つのマイナスな口コミ・評判をまとめました






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】