Twitter Blueとは?メリット・料金・日本での利用などをわかりやすく紹介

Twitter Blueについて

こんにちは!Twitter歴12年のサッシです。

Twitter Blueはもう試しましたか?

あれは日本版はまだないので、私たち日本人にはまだ縁がないサービスなんですよ!

このページでは、アメリカ版などを参考にして以下の内容で「Twitter Blueとは何か」を紹介します。

いつか日本版がリリースされると信じて予習しておきましょう。




Twitter Blueとは何?日本で使うには?

はじめに、Twitter Blueとは何かをハッキリさせておきましょう。

以下の順番で「特徴・メリット」と「日本ではいつからか?」を紹介していきますね!

Twitter Blueの特徴・メリットは?

まずは特徴・メリットを見ていきましょう。

Twitter Blueとは、ひとことで表せば「有料会員」のことです。

もう少し正確に言えば以下の意味ですよ。

Twitter Blueとは何?
Twitterのプレミアム機能が使えるようになる有料サービス。

(支払いは月額制サブスクリプション)

Twitter Blue公式アカウント
▲Twitter Blue公式アカウント

いわゆる「サブスク」ですね。

Amazonで言うところのAmazonプライムをイメージしてもらえればいいでしょう。

毎月決まったお金を支払っていれば限定機能が使えるというわけです。

Twitter Blueの場合は以下の機能が使えるのがメリットですよ。

Twitter Blueのメリット
  • 広告なしの記事
  • ブックマークフォルダ
  • カスタムアプリのアイコン
  • ナビゲーションのカスタマイズ
  • リーダー
  • 配色
  • 話題の記事
  • ツイートの取り消し

Twitter Blueの機能一覧
Twitter Blueの機能一覧

「リーダー」は長いスレッドを読みやすい見た目に変換できる「リーダーモード」のことです。

これらの機能はTwitterアプリとwebブラウザで使える・使えないが異なります。

さらにTwitterアプリでもiPhone・Androidで少し違いますよ。

いくつか機能がありますが、個人的にはツイートを後から編集の機能が使えるようになるのはうらやましいです!

ツイートのメニュー表示

Twitter Blueは日本ではいつから?

特徴・メリットがわかったところで、日本で使えるかどうかについてです。

結論から言えばTwitter Blueは日本では提供されていないです。

今のところ以下の国・地域で提供されていますよ。

ツイッターブルーの提供エリア
  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド

提供地域について
▲提供地域について

いつから提供されるのかはまだ未定です。

そもそも日本でサービス提供されるのかもわかりません(涙)

最新情報がわかり次第、このページで追って紹介していきますね!



課金はいくら?支払い方法は?Twitter Blueの料金について

Twitter Blueとは何かがわかったところで、料金について見ておきましょう。

Twitter Blueは月額課金制のサービスなので、もちろん有料です。

日本では展開されていないので、アメリカでの料金で紹介すると以下のようになっていますよ。

ツイッターブルーの料金
月額2.99ドル

日本円で言えばざっくり300円〜350円の間くらいという感じですね。

AmazonプライムやiCloudの200GBよりもお手頃な価格帯となっています。

支払い方法については以下のように説明されていますよ。

Twitter Blueは、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、米国で提供が開始されています。これらの地域では、Twitter for iOSとTwitter for Androidのアプリ内購入として、またはtwitter.comでTwitterの決済パートナーであるStripeからTwitter Blueを購入できます。

Twitter公式ヘルプ

Twitter公式ヘルプ
▲Twitter公式ヘルプ

ざっくり言えばスマホに設定した支払い方法でokということですね。

iPhoneならApple IDに登録した支払い方法が使えるということです。

AndroidスマホならGoogleアカウントに登録した支払い方法ですよ!

お支払い方法を追加(Apple ID)

ツイッターブルーのやり方・使い方はどんな感じ?

料金がわかったところで、やり方も見ておきましょう。

・・・と言っても、基本的には「月額料金を支払ってTwitter Blue会員になる」でokです。

あとは使い方はそれぞれの機能次第ですね。

例えばTwitterアプリの配色のカスタマイズは以下のような手順となっています。

Twitterアプリの配色のカスタマイズ
  1. プロフィールを表示
  2. メニューから「Twitter Blue」をタップ
  3. 「機能設定」の「配色」をタップ
  4. 好きな色を選択!

Twitter Blueについて
▲Twitter Blueについて

ツイートを後から編集の機能ならば、投稿した後に開いて変更すればokですね。

まぁ・・・まだ日本ではまったく使えないのですが(涙)

まずは日本で使えるようになるまで待っていましょう。



間違えて押してしまった!Twitter Blueを押したら解除できる?

使い方に続いては解除についてです。

基本的に日本版ツイッターでTwitter Blueが表示されることはありません。

もしも何かの偶然でメニューに表示が出て押してしまったとしても、慌てずホームに戻ってください。

Twitterのホーム画面
▲ホーム画面

Twitter Blueはサブスク型の有料サービスですからね。

支払い画面で支払いを設定しない限りは何も起こらないので心配ありませんよ。

ちなみにお試しもありません。

お試しについて
▲お試しについて

無料体験をうっかり契約してしまうこともないですよ。

まぁ・・・安心なようなちょっと寂しいような感じですね(笑)

とりあえず日本でツイッターしている限りは間違って課金されてしまうことはありませんよ!

まとめ

さいごに、今回の「Twitter Blue」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 有料会員サービスのこと
  • 限定機能が使えるようになる
  • でもまだ日本ではリリース未定!

スマホをよく使うなら、大切な画像を残す対策はしっかりできていますか?

いつか必ず容量いっぱいになるか機種変するので、大切な思い出の写真・動画は外付けHDDに保存するのがおすすめです。

子どもや恋人とのちょっと見られたくない画像なども絶対に漏らさずに保存できますので。
(ネットにアップすれば流出のリスクが必ずあります)

ロジテックのスマホ用HDDならpc不要でスマホからケーブルを差して直接保存できるので僕はすごく気に入っています。

1万円くらいで1TB(=128GBのスマホ8台分)の大容量が手に入りますよ。

外付けhddと雪山