直したい・・・。ツイートって投稿の後からでも編集できるの?

ツイートのメニュー表示

こんにちは!ツイッター歴12年のサッシです。

投稿の後から直したいとき・・・ありますよね。

ツイート編集についてはまだ正式にはないですが、なんと編集ボタンのテストを始めるとツイッターから発表されている段階ですよ!

対処方法・下書きの注意点など、このページでは以下の内容で「ツイートの編集」について具体的に紹介しますね。




直したい・・・。Twitter投稿って後から編集できるの?

まず、後から編集したい場合から見ていきましょう。

いったん投稿したツイートを再編集したい場合ですね。

それについては・・・現時点では答えは「No」。

ツイートは後から編集できないです。

投稿済みツイート
▲投稿済みツイート

そう、アップしてしまったらツイートの編集は不可能なんですよ!

誤字っていたり、「画像を変えたい!」「ハッシュタグ付けたい!」と思ってもダメなんです(涙)

投稿してしまったツイートに対しては削除・プロフィール固定いいねリツイート・リプライ・共有しかできません。

ツイートを削除の選択肢
▲ツイートを削除

ただし、2022年4月に「編集ボタンのテストを始める」とTwitter公式アカウントで発表されました。

投稿済みのツイートを開くと「・・・」マークがありますよね?

そこをタップすると出てくるメニューに「ツイートの編集(Edit Tweet)」が追加されるようです。

edit tweet
▲ツイートの編集(Edit Tweet)

まぁまだ「テストするよ」が発表されただけですからね。正式に使えるようになるまで気長に待ちましょう。

現段階では、公開できないほどミスってしまったなら削除してもう1度投稿するしかないですよ。

投稿済みツイートは1字足りとも修正はできないので、アップする前に誤字・脱字や画像の選定ミスのないように注意しましょう。

公開後も編集・修正できるインスタフェイスブック・LINEのタイムラインとは大きく違う点ですね。

インスタグラムのフィード
Facebookのシェア(Android)

あれ、編集したいのに!?下書きツイート編集の注意点

投稿後についてわかったところで、お次は下書き編集の注意点です。

公開する前の「下書き」の段階なら、もちろんツイートは編集し放題ではあります。

ただし、下書きツイートの編集については以下の点に注意しましょう。

下書き編集の注意点
  • スマホアプリ版とwebブラウザ版の下書きは別

そう、スマホアプリ版Twitterとwebブラウザ版Twitterで下書きは共有されないんです!

webブラウザ版とはSafariやGoogle Chromeなどで開くツイッターのことですね。

例えばスマホアプリで下書きにしたツイートはパソコンからログインしても決して見つからないんです(涙)

Twitterモバイルでプロフィール画面
▲Twitterモバイル

そもそも、webブラウザ版では下書き保存ができません。

下書きにしてまだツイートを編集してからアップしたいなら、必ずスマホでTwitterアプリを使いましょう。

パソコンの場合はメモ帳やEvernoteなどに保存しておくのがイイですよ。



まとめ

さいごに、今回の「ツイートの編集」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 後から編集はできない
  • いったん消して再アップしかない
  • 下書きはpcから編集できないので注意!

スマホをよく使うなら、大切な画像を残す対策はしっかりできていますか?

いつか必ず容量いっぱいになるか機種変するので、大切な思い出の写真・動画は外付けHDDに保存するのがおすすめです。

子どもや恋人とのちょっと見られたくない画像なども絶対に漏らさずに保存できますので。
(ネットにアップすれば流出のリスクが必ずあります)

ロジテックのスマホ用HDDならpc不要でスマホからケーブルを差して直接保存できるので僕はすごく気に入っています。

1万円くらいで1TB(=128GBのスマホ8台分)の大容量が手に入りますよ。

外付けhddと雪山