自宅バレを防げ!写真画像の位置情報の確認・削除の方法まとめ【mac/pc・iphone/android】

写真の位置情報を確認・削除する方法

こんにちは!サッシ(@3104nkmr)です。

スマホで撮った写真、しっかりと「位置情報」を消している自信はありますか?

プライバシーとかあまり気にしない人も、これだけは気を配るのをおすすめします。

なぜなら、もし「位置情報」が残っていると、簡単に自宅の場所を特定されてしまう恐れがあるんです!ひぃぃぃ!

今回は以下の項目で「写真の位置情報の確認・追加・削除の方法まとめ」をお届けします。

  • 写真の位置情報とは?メリット・デメリットは?
  • 位置情報が漏れるのは、こんな場合
  • 位置情報の確認・削除の方法【mac/pc・iphone/android】
  • 始めから「位置情報」を付けない設定にする方法(スマホ)

それぞれの機器ごとのやり方をシンプルにお伝えしていきますね!



写真の位置情報とは?メリット・デメリットは?

写真の位置情報とは?:Exifとジオタグ

位置情報って
まず、写真の「位置情報」とは何かをかんたんに紹介しますね。

写真の「位置情報」とは、言い換えれば「Exif(イグジフ)」という情報のことです。

Exchangeable image file format の略です。

「Exif」は画像データを扱うための共通規格で、「撮影日時」や「使用機種」などの情報が記録されています。

この「Exif」の中に「ジオタグ(Geotagging)」という項目があり、そこを見ると撮影した地点の「経度・緯度」などの位置情報が分かるようになっているんですよ。

メリット・デメリット

メリットデメリット
では、その「Exif」という位置情報が分かることで、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

【メリット】

メリットは、主に以下の2点です。

  • 撮影地点別に分類・保存ができる
  • 撮影場所を忘れても、調べることができる

たしかに、「あれ、この写真の場所ってどこだっけ?」ってなった時に便利ではありますね。

【デメリット】

反対に、以下の大きなデメリットが存在するのも事実です。

自宅の位置を特定される恐れがある

撮影日時が分かるくらいなら問題ないですが、もし自宅っぽい画像の「緯度・経度」が分かったら、ほぼ間違いなく「自宅の位置」がバレてしまうんです!

最近はアプリに「緯度・経度」を入力するだけでマップに正確に表示してくれるので、誰でも簡単に「自宅の位置」を特定できてしまいます。

これはさすがに怖すぎる・・・。

位置情報が漏れるのは、こんな場合

ここで気になるのが、以下のようなことじゃないでしょうか?

なんだか不安さん
インターネットにアップした画像は、全て位置情報が入ってしまっているの?

つまり・・・ネットに画像をアップしたら自宅を特定されちゃうの!?

なんだかすご〜く不安になってきますよね。

この問いへの答えは「位置情報を含む画像も、含まない画像もある」となります。

例えば、SNSに投稿した場合。以下の4大SNSは「投稿の時点で位置情報を削除」という仕様なので、画像をアップしても位置情報は含まれていません。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

あと、「ミクシィ」も位置情報は削除されますよ。

でも、これ以外のマイナーなSNSやアプリは、位置情報が削除されないままアップされるものも存在します。気をつけてくださいね!

ブログに関しても同じことが言えます。

例えば、最も有名な「アメブロ」は位置情報が削除される仕様です。

でも、ブロガー御用達の「WordPress」は初期設定では位置情報を削除する機能は無いので、自分でアプリ(プラグイン)を入れなければなりません。

他には「メールに画像を添付して送信」の場合に気をつけてくださいね。相手のpcのウイルス感染などで、画像が流出する可能性があります。

位置情報が漏れる場合をまとめると、「自動的に削除されるサービスを使うとき以外は、自分の手元で位置情報を削除しておいたほうがいい」と言えますね!



位置情報の確認の方法【mac/pc・iphone/android】

写真の「位置情報(Exif)」は自分で確認できるようにした方が絶対イイですので、ここからは以下の機器ごとの確認の方法を紹介していきますね。

  • Mac
  • pc(Windows)
  • iPhoneスマホ
  • androidスマホ

Macの場合

Macの場合は、標準搭載のアプリの「プレピュー」で写真を開いてください。

画面上部のメニューから「ツール > インスペクタを表示」と進むと、「詳細情報」として「Exif」の情報がぶぁーーーっといっぱい出てきます。

写真の位置情報 写真の位置情報

もし位置情報が入ってしまっているならば、ここで「緯度・経度」などを確認できますよ。

pc(Windows)の場合

Windowsのパソコンを使っている場合は、写真の上で「右クリック」してください。

メニューの中から「プロパティ > 詳細」と進むと確認できます。

iPhoneスマホの場合

iPhoneを使っている場合は、標準搭載のアプリの「写真」を開いてください。

そこで画面の左下の「写真」をタップすると「コレクション」に進みます。そこに「品川区」とか「大阪市」とか書いてあったら、その写真たちは位置情報が付いています。

写真の位置情報

 

androidスマホの場合

最後に、androidスマホの場合です。

androidのスマホの場合は、写真の「詳細」をタップで「位置情報なし」とか表示があるのが確認できますよ。



写真の位置情報を消すには?削除の方法・アプリの紹介【mac/pc・iphone/android】

削除の方法
では、位置情報の確認の仕方を覚えたところで、もっと大事な「削除」の方法も紹介して行きますね。

自分の手元で位置情報の「削除」をしっかり出来るようになれば怖いもの無しです!

先ほどの「位置情報の確認」のときと同じく、以下の機器ごとの削除の方法を紹介していきますね。

  • Mac
  • pc(Windows)
  • スマホ(iPhone・android)

Macの場合

Macの場合は、やはり標準搭載アプリの「プレビュー」を開いてください。

プレビューを開いたら、以下のように進んでくれれば位置情報を削除できますよ!

ツール > インスペクタを表示 > GPS >位置情報を削除

ただ、この方法だと一枚一枚しか削除できません。

まとめて何枚も削除するならアプリを使用します。僕も使っていますが、「ImageOptim」というアプリがおすすめですよ。

写真の位置情報
ちなみに、画像編集ソフト「フォトショップ」ならExifを消して保存ができます。

pc(Windows)の場合

Windowsのパソコンを使っている場合は、まず写真の上で右クリックして「プロパティ」を開いてください。

プロパティを開いたら、以下のように進んでくれればokです!

詳細 > プロパティや個人情報を削除 > このファイルから次のプロパティを削除 >全て選択 > ok

この方法も、やはり一枚一枚しか削除できません。

複数の写真をまとめて削除するならアプリを使ってください。「ExifEraser」がおすすめですよ。

スマホの場合(iPhone・android)

スマホの場合は、本体には写真の位置情報を削除する機能がありません。アプリを使って削除してください。

それぞれ、以下のアプリがおすすめですよ。

  • iPhone・・・「PhotoCheck」
  • android・・・「Exif消しゴム」




始めから「位置情報」を付けない設定にする方法(スマホ)

最後に、スマホで撮影するときに写真に「位置情報」を付けない設定にする方法を紹介します。

そもそも、始めから写真に「位置情報」が付いていなければ安心ですもんね!

「iPhone」と「android」、それぞれ以下のように設定してみてください。

【iPhone】

設定 >プライバシー > 位置情報サービス > カメラ >許可しない
写真の位置情報 写真の位置情報

【android】

カメラアプリを開く > メニュー > 設定 >「GPS」タグをオフ

設定したら試し撮りしてみて、先ほど紹介した「確認方法」で位置情報がないことをチェックしてみてくださいね。



さいごに

自宅の写真の「位置情報」が分かれば、最近は地図アプリを使って本当に誰でも簡単に場所を特定できてしまいます。

ネット上にアップするときに「位置情報」を付けておくメリットはほぼ無いので、ぜひプライバシーの意識をしっかり持って写真を管理していきましょうね。

こちらの記事も好きかも?

インスタグラムの「位置情報」作成・登録・追加から確認・削除まで総まとめ。設定オフで自宅バレを防げ!

2018.07.23

写真のexif情報とは?確認・削除・編集する方法まとめ【mac/pc・iphone/android】

2018.06.01