ブログを始める初心者必見!ワードプレスをエックスサーバーに自動インストールする方法【WordPress・XSERVER】

xサーバにwpを設置

こんにちは!サッシ(@3104nkmr)です。

エックスサーバー(XSERVER)を無事に契約して、いよいよワードプレス(WordPress)を使い始めようとしていますよね!?

安心してください。専門知識は不要で、すごくかんたんに出来ますので!

本記事では「ワードプレスをエックスサーバーに自動インストールする方法」を分かりやすく紹介します。ブログを書き始めるまで、あと一息ですよ!



ワードプレスをエックスサーバーに自動インストールする方法

僕は2018年の7月1日にエックスサーバーの「X10」プランを契約&無料の独自ドメインを取得・設定して、そのまますぐワードプレスもインストールしました。(2つ目のブログ用に)

ほんと、15分くらいで出来ちゃいました。特に難しいことは何も無かったので安心してくださいね!

では、さっそく「ワードプレスをエックスサーバーに自動インストールする方法」を紹介していきます。

以降の作業は、エックスサーバーを契約してドメインを取得・設定し終わっていることが前提です。

まだ出来ていない人は、サーバー契約&ドメイン取得・設定を終えてから以下を読み進めてくださいね!

サーバー契約&ドメイン取得・設定のやり方は別記事にまとめているので、ぜひ読んでみてください。

「エックスサーバー」でサーバー契約&無料でドメインを新規取得して設定する方法【Xserver・2018年版】

2018.07.05

「エックスサーバー」に「ワードプレス」をインストールするやり方

まず、エックスサーバーの「サーバーパネル」のページを開きます

サーバーパネル

サーバーを申し込んだ時に送られて来た「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールの中に、「サーバーパネル」のURLやログイン情報(サーバーID・サーバーパスワード)は記載されていますよ

「インフォパネル」からも「サーバーパネル」に入ることは出来ます。

インフォパネル内の下の方にある「ご契約一覧」のサーバーパネル欄の「ログイン」からでもokですよ。

ログイン

「サーバーパネル」を開いたら、「WordPress簡単インストール」をクリックしてください。

簡単インストール

「WordPressのインストール」タブで、以下の4点を入力していきます。

サーバーパネル
  • ブログ名
  • ユーザー名
  • パスワード
  • メールアドレス
「インストールURL」は特に指定しなくてokです

「ブログ名」は、後でいつでも変更できますよ。

「ユーザー名」と「パスワード」は、今後ワードプレスにログインする時に使うものです。

それらを入力したら、「インストール(確認)」をクリックしてください。

インストール確認

以下のような画面が出て、これでインストールは完了です。

インストール完了

あっという間ですね♪

この画面の情報は重要なので、必ず保存しておいてくださいねっ!

あと2つめちゃくちゃ大事な設定があるので、このまま読み進めてください。



「http」を「https」に

大事な設定の一つ目は「https」の設定です。

サーバー契約&ドメイン設定のときに「独自SSL」という設定をしてあるのですが、それをワードプレス内で有効にさせる感じですね。

「https」の「s」は「セキュリティ(security)=安全」の意味で、これが付いている「https」の方が「http」よりもセキュリティが強く、安心できるブログという証明なんです。

だから、「http」よりも「https」を初期設定にするという意味です。

やることはめちゃくちゃ簡単で、なんと手動で「s」をちょいちょいっと付けるだけです。

その設定は「ワードプレス(の管理画面)」で行うので、まずはワードプレスの管理画面にログインします。

管理画面へのURLは、エックスサーバーにワードプレスをインストールした時に表示された「http://〇〇〇.△△△/wp-admin」です。

ログインに必要なID・パスワードはそこに記載されていますよ。

管理画面url

以下のようなログイン画面でID・パスワードを入力してください。

wpログイン

ログインしたら、左側にあるメニューの「設定」の中の「一般」をクリックします。

設定

「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」のところの「http」に「s」加えて「https」に変更してください。

sを手動入力

変更したら、下の方の「変更を保存」をクリックします。

設定を保存

お疲れ様です、これで「https」の設定はokです!

「http」から「https」へのリダイレクト設定

最後に、もう一つやっておきたい設定が「http」から「https」へのリダイレクトです。

これは、ザックリ言えば「http」の方に来ちゃった訪問者さんを「https」に誘導する設定ですね。これを設定しておけば、アクセス統計が正しく測れます。

この設定はワードプレスの管理画面ではなく「エックスサーバーのサーバーパネル」で行います。(先述の「エックスサーバー」に「ワードプレス」をインストールする時に入った画面です)

サーバーパネル

「サーバーパネル」のURLやログイン情報(ID・パスワード)は、エックスサーバーから来た「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールの中に記載されていますよ。

サーバーパネルに入ったら、「ホームページ」欄の「.htaccess編集」をクリックしてください。

htaccess編集

対象となるドメイン名(〜.comなど)の「選択する」をクリックし、「.htaccess編集」タブをクリックします。

ドメイン選択 htaccess編集

ここで、「『http』から『https』へのリダイレクトを設定するコード」を挿入する作業をします。

コード(# BEGIN WORDPRESS〜)が書いてある欄の先頭に、必要なコードをコピー&ペーストで挿入して、「.htaccessを編集する(確認)」をクリックしてください。

僕は自分でコードを書けないので、「サルワカ」さんの記事で紹介されているコードを使わせていただきました。参考にしてみてください。

>>> サルワカ | エックスサーバーでWordPressを始める8ステップ(初心者向け)

コード入力

はい。これだけでokです!「サーバーパネル」からログアウトして終了してもらって大丈夫ですよ。

お疲れ様でした〜!



さいごに

これで「ワードプレス」でブログを書く準備はokです。

他にも「プラグイン(アプリ)」とか入れたいものはありますが、もう記事を書きながら少しずつ覚えていけば大丈夫ですよ。

まずは思う存分「ブログで記事を書く」ってことを楽しみましょう!

こちらの記事も好きかも?

【保存版】10万pv越えたいブロガー必見!10万pv越えるまで「やらなくても大丈夫だった」5つのこと

2017.09.16