iDを使うならどれがいい?電子マネーiDの特徴・種類・作り方と使ってほしい2枚を紹介

idするならどれがイイ

こんにちは!Apple PayでiDを使うのが好きなサッシ(@3104nkmr)です。

お得にiDを使いこなせていますか?

ポイントが貯まるiD・貯まらないiD、そもそもチャージが必要なiD・必要ないiDなどいろいろあるんですよ!

このページでは、以下の内容で「iDの使い方・選び方」を具体的に紹介しますね。

  • 電子マネーiDの特徴・種類・作り方【アイディー】
  • iDを使うならどれがいい?ぜひぜひ使ってほしい2枚はこれ!



電子マネーiDの特徴・種類・作り方【アイディー】

はじめに、iDの特徴・種類・作り方を見てみましょう。

iDとは以下の特徴を持つ電子マネーです。

iDとは?
iDに加盟しているお店で支払いに使える電子マネー。カードで使っても、Apple PayやGoogle Payでもok。

チャージ式・後払い式・その場で口座引き落とし式の3タイプがある。

メルペイ電子マネーid
▲チャージ式のiD(メルペイ電子マネー

Suicaなどと同じく電子マネーの仲間なのですが、チャージ式(プリペイド)だけでなく後払い式(ポストペイ)・その場で口座引き落とし式(即時決済:デビットカード)もあるのが大きな特徴です。

代表的なiDの種類を「決済方式別・あいうえお順」で以下に並べておきますね。

代表的なiDの種類
【後払い式(ポストペイ)】

  • イオンカード(クレジットカード)
  • オリコカード(クレジットカード)
  • JP BANKカード(ゆうちょ銀行:クレジットカード)
  • セゾンカード(クレジットカード)
  • セディナカード(クレジットカード)
  • dカード(ドコモ:クレジットカード)
  • 三井住友カード(クレジットカード)
  • UCカード(クレジットカード)
  • ライフカード(クレジットカード)

【先払い・チャージ式(プリペイド)】

  • ソフトバンクカード
  • dカード プリペイド
  • メルペイ

【その場で口座引き落とし式(即時決済)】

  • SMBCデビット(三井住友銀行:デビットカード)

オリコカードはカードで使えばiDもQUICPayも対応ですが、Apple Pay・Google Pay経由の場合はQUICPayとして機能します

イオンカード
▲イオンカード

これらの中でメルペイだけはスマホにメルカリアプリを入れればサクッと無料で発行できます。Apple PayやGoogle Payに組み込まれますよ。

メルペイ以外のiDの作り方は、それぞれのカード会社や銀行の公式サイト・窓口から申し込みです。

年会費は有料のカードもあれば、無料のカードもあります。

次の章で無料で作れてポイントも貯まる2枚のおすすめカードを紹介しますね!

そもそも、クレジットカード・プリペイドカードはカードごとに「これはiDとして使える」「これはQUICPayとして使える」と決まっています。

有名どころだと、例えば楽天カードエポスカードビューカードなどは絶対にQUICPay機能しかありませんよ!

iDを使うならどれがいい?ぜひぜひ使ってほしい2枚はこれ!

では「iDを使うならこれ!」というおすすめカードを紹介しますね。

以下の2枚が無料で作れてポイントも貯まるのでイチオシです!

年会費無料でポイントも貯まるおすすめiD
  • イオンカード
  • dカード

それぞれもう少し説明しますね。

まず、その名前の通りイオンをよく使うなら「イオンカード」が相性ぴったりです。

クレカとして使ってもiDとして使ってもOki Dokiポイントがザクザク貯まります。僕はApple Payに登録して愛用していますよ。

Apple Payのイオンカード
▲Apple Payのイオンカード

もう1つはドコモの公式カード「dカード」です。

iD利用でdポイントがもりもり貯まります。


▲dカード

ローソンやマックをよく使ったりd払いを利用するなら文句なしの1枚です。

もちろんドコモユーザーには最強にお得なカードですよ!

まとめ

さいごに、今回の「iDの使い方・選び方」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • iDはチャージ式・後払い式・その場で引き落とし式の3タイプ
  • 発行・年会費が無料・有料かはカードによる
  • メルペイのみスマホアプリから作れる

スマホでサクッと発行のメルペイを作りつつ、イオンカードやdカードを作るのが最強ですね。

カードを作ったらApple Pay・Google Payに登録すれば、カードそのものは家に置いておいてもokになりますよ!