ドトールカードのアプリって何ができるの?メリット・始め方・チャージ・支払い方法など使い方まとめ【DOUTOR:Value Card】

ドトールカードアプリまとめ

こんにちは!ドトールにもエクセルシオールにもよく行くサッシ(@3104nkmr)です。

もうドトールカードのアプリは試しましたか?

クレカでかんたんにチャージできるし残高もサクッとわかるので、なかなかイイですよ!

このページでは、以下の内容で「ドトールカードのアプリ」を詳しく紹介します。

  • ドトールカードのアプリとは?主な特徴・2つのおすすめメリット・始め方を紹介
  • スマホでチャージも支払いもできる!アプリの使い方
  • 使ってわかった3つの注意点



ドトールカードのアプリとは?主な特徴・2つのおすすめメリット・始め方を紹介

まず、ドトールカードのアプリとは何ができるのか・どうやって始めるのかを紹介します。

以下の順番で紹介していきますね。

  • 主な特徴・2つのおすすめメリット
  • アプリの始め方

主な特徴・2つのおすすめメリット

では、主な特徴・メリットから見てみましょう。

ドトールカードのアプリは以下のようなものです。

ドトールカードのアプリとは?
ドトール・エクセルシオールカフェでスマホでチャージ・支払いができるアプリ
dvcアプリ

チャージして使う「電子マネーのアプリ版」なので、Suicaで言うところのモバイルSuicaみたいな位置付けですね。

実際に使ってみて、僕は以下の2つのメリットが気に入りましたよ。

ドトールカードアプリの2つのおすすめメリット
  • かんたんにクレカでチャージ
  • 残高がすぐわかる

ドトールカードアプリはチャージ式なのですが、入金にはクレジットカードが利用できるんです。

クレジットカードでチャージして支払いするだけで「クレカのポイント+ドトールのポイント」の二重取りになるのでこれはうれしい!

あとは残高チェックですね。

これまでは「レシートを見る」「ドトールの会員ページにログインする」しか方法が無かったので、ドトールに行く前にスマホでサクッと「あれ、残高あったっけ?」と確認できるのはありがたいです。

その他の主な特徴としては「店舗検索ができる」「ご当地デザインのカード(バーチャルカード)が集められる」といったものがありますよ。

ちなみに、正式名称は「ドトールバリューカード(DVC)アプリ」です。

DVC=ドトール・バリュー・カード、ですね。

3分でok!ドトールカードアプリの始め方

主な特徴がわかったところで、アプリを入れてみましょう。

アプリをダウンロード・インストールしたら「バリューカードを登録する」をタップしてください。(アンケートやお気に入りの店舗登録はスキップしてもok)

バリューカードを登録する

すると、カメラが起動します。

お手持ちのバリューカード裏面のバーコードをスキャンするか、カード番号を直接入力してください。

スキャン

カード登録の画面になるので、バリューカード裏面の右上にある「PIN番号」を入力して「カード利用開始」をタップします。

カード利用開始

はい。これでバリューカードがスマホアプリに取り込まれましたよ。

ログイン・新規会員登録

でも、このままではまだスマホアプリからチャージはできません。

チャージのためにはドトール バリューカード(マイドトール)への会員登録・ログインが必須なので、会員登録したことがないならば、ここで会員登録・ログインしてください。

メールアドレスを送って手続きするだけでかんたんに会員登録できますよ。

会員登録・ログインするとアプリのトップ画面に「バリューチャージ」が表示されて、チャージできるようになります。

バリューチャージ

これでアプリを使う準備はokです。

お疲れ様でした〜。



スマホでチャージも支払いもできる!アプリの使い方

アプリの準備ができたら、いよいよ使ってみましょう。

以下の順番で実際のチャージ・支払いの仕方を紹介しますね。

  • チャージのやり方
  • 支払いの仕方

チャージのやり方

まずはチャージのやり方です。

アプリを開いたら「バリューチャージ」をタップしてください。

バリューチャージ

最初は「都度入力」をタップします。(2度目のチャージ以降は「かんたん決済」でもok)

都度入力

チャージ金額を決めて「次へ」をタップしてください。

チャージ金額は1,000円〜20,000円の範囲で選べますよ。

次へ

初回はクレジットカードの登録が必要なので、クレカ情報を入力して「内容確認へすすむ」をタップします。

クレカ登録
内容確認へすすむ

内容に間違いがなければ「チャージする」をタップしてください。

チャージする

はい。これでチャージは完了ですよ。

おお〜かんたんですね!

支払いの仕方

チャージに続いてはお支払いです。

・・・と言っても、特に難しいことは何もありません。

ドトールカードアプリを開くと、ど〜んと支払い用のバーコードが表示されています。

バーコード

レジで店員さんに「ドトールカードで!」と伝えて、この画面を見せればokです。

店員さんがバーコードをスキャンしてくれてお支払いが完了しますよ。

チャージさえ済んでいれば、お支払いはあっという間です。

使ってわかった3つの注意点【ドトールバリューカード】

注意点についても触れておきますね。

実際にドトールカードのアプリを使ってみて、僕は以下の3つの注意点を感じましたよ。

ドトールカードアプリの3つの注意点
  • 新規発行はできない
  • 銀行口座の登録は不可
  • 会員じゃないとチャージできない

ドトールカードのアプリは、元々持っているプラスチック製のリアルなドトールカードをアプリに取り込む仕組みです。

アプリ内で新規発行はできないですよ。

ドトールかエクセルシオールカフェで無料で発行(はじめに300円のチャージは必要)しましょう。

ドトールバリューカード
▲ドトール・バリューカード

また、チャージ方法は今のところクレジットカードのみです。

スマホ決済のLINE Payメルペイと違って、銀行口座からの引き落としでチャージはできません。

そしてチャージするためにはドトールカードの会員であるのが前提です。

アプリをダウンロードするだけではチャージできないので、必ず会員登録してくださいね。(アプリ内でできます)



まとめ

さいごに、今回の「ドトールカードアプリ」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • かんたんにクレカでチャージ・残高がすぐわかる
  • チャージはクレカのみ
  • 会員登録は必須
  • 銀行口座の登録は不可
  • アプリ内から新規発行はできない

もちろんアプリに取り込んだ後も、元々持っていたドトールカードもふつうに使えますよ。

かんたんにクレカでチャージ・残高がすぐわかるのはなかなかのメリットなので、気軽にアプリも試してみてくださいね!






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】