なぜ!?Twitterのセンシティブ設定を解除できない4つの原因と対策

センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する

こんにちは!Twitter歴12年のサッシです。

センシティブが勝手に非表示になるのを解除したいのに外せないとイラッとしちゃいますよね(涙)

あれはiPhoneアプリじゃダメなど、いくつか理由があるんですよ!

このページではセンシティブ設定を解除できない4つの原因と対策を具体的にサクッとお伝えします。

ぜひ参考にしてくださいね!



なぜ!?Twitterのセンシティブ設定を解除できない4つの原因と対策

さっそく見ていきましょう。

Twitterのセンシティブ設定を解除できない原因は主に4つあります。

ずばり以下の4つですよ!

実はiPhone・Android・PCで違うんです!

それぞれ順番に説明していきますね。

iPhoneアプリだから

まずは「iPhoneアプリだから」です。

まさかのまさかですが。

実はiPhone版のTwitterアプリからは解除できないんです!

そもそもどこにもオン・オフの設定がないんですよ(涙)

表示するコンテンツ
▲左:Android,右:iPhone

Android版のTwitterアプリは設定可能です。

自分のアイコンをタップしてメニューを出したら「設定とプライバシー > プライバシーと安全 > 表示するコンテンツ」と進んでください。

iPhoneの人の解決方法は「ブラウザから開くこと」です。

ブラウザ版ツイッターで「表示するコンテンツ」
▲ブラウザ版ツイッター(iPhoneでSafariから)

SafariやGoogle Chromeからツイッターを開いてログインしてください。

そうすればAndroid版と同じ手順で解除できますよ。

もしくはパソコンから開いてもokです。

アプリ・OSの不具合

お次は「アプリ・OSの不具合」です。

TwitterアプリやスマホのOSは新しくしていますか?

バージョンが古いと不具合が起きやすくなります。

Twitterアプリアップデート
▲アプリをアップデート

Twitter機能の表示がおかしくなったりしますからね。

最新版にアップデートしてから試してみてください。

アプデしたら再起動しておくのもお忘れなく。



英語表記になってる

続いては「英語表記になってる」です。

もしやTwitterアプリの表示がぜんぶ英語になって困っていますか?

僕も経験ありですが、なぜかあるんですよね。

その場合はブラウザ版から以下の手順で日本語に戻せますよ。
(iPhoneアプリは不可!)

日本語に戻す手順
  1. 自分のアイコンをタップ
  2. Setting and privacy
  3. Accessibility,display,and languages
  4. Languages
  5. Display language

Display languageの選択
▲Display languageの画面

そこで「Japanese-日本語」を選んで「Save(=保存)」をタップしてください。

Twitter内の表示が日本語に戻りますよ。

英語でセンシティブ解除については別ページでまとめています。

やり方・注意点など、さらに詳しくはそちらを見てやってみてくださいね。

センシティブ表示を解除

ネット接続が不安定

あとは「ネット接続が不安定」ですね。

インターネットへの接続がぶちぶち途切れがちじゃありませんか?

その場合は設定が適用されずにエラーになりがちです(涙)
(僕もちょいちょいあります)

wifi端末
▲ポケットWi-Fi

特に駅やカフェの無料Wi-Fiは不安定なうえにセキュリティも保証されていませんからね。

やめておきましょう。

自宅の回線など安定してネットにつながる環境で試してみてくださいね。



まとめ

さいごに、今回の「センシティブを解除できない原因」をまとめて並べておきますね。

(タップするとそれぞれの説明に戻れます)

スマホをよく使うなら、大切な画像を残す対策はしっかりできていますか?

いつか必ず容量いっぱいになるか機種変するので、大切な思い出の写真・動画は外付けHDDに保存するのがおすすめです。

子どもや恋人とのちょっと見られたくない画像なども絶対に漏らさずに保存できますので。
(ネットにアップすれば流出のリスクが必ずあります)

ロジテックのスマホ用HDDならpc不要でスマホからケーブルを差して直接保存できるので僕はすごく気に入っています。

1万円くらいで1TB(=128GBのスマホ8台分)の大容量が手に入りますよ。

外付けhddと雪山