カスタマイズもok!スタバのモバイルオーダーの注文方法・できない場合・5つのデメリットなど使い方まとめ【MOBILE ORDER & PAY】

モバイルオーダー完全ガイド

こんにちは!スタバでよく仕事しているサッシ(@3104nkmr)です。(この記事もスタバで執筆)

モバイルオーダーはもう試しましたか?

キライな言葉ベスト3に「行列」が入る僕にとって、こんなうれしいサービスはありません!

その便利さだけでなくできること・できないことや5つのデメリットもわかったので紹介しますね。

このページでは、以下の内容で「スタバのモバイルオーダー」を完全ガイドします!

  • モバイルオーダーとは?仕組み・準備するもの・メリット・スターについて
  • カスタマイズもok!モバイルオーダーの使い方(買い方・受け取り方)
  • な、なぜかモバイルオーダーできない・・・。使えない場合の3つの原因と対策
  • さみしいじゃないか!モバイルオーダーの5つのデメリット



並ばずに0秒でスタバをゲット!モバイルオーダーとは?

はじめに、モバイルオーダーとは何か?その仕組み・メリットをお伝えします。

以下の順番で紹介していきますね。

  • メリットは「待ち時間0秒」!モバイルオーダーとは?
  • スターはもらえるの?
  • モバイルオーダーするには何があればいい?スタバカードは必要なの?

メリットは「待ち時間0秒」!モバイルオーダーとは?

まずはモバイルオーダーとは何かをまとめますね。(詳しい使い方は次の章で紹介しています)

スタバのモバイルオーダーとは以下のサービスです。

スタバのモバイルオーダーとは?
スマホのアプリからスタバの商品を注文できる。

特定のお店に注文して、指定時間に受け取りに行く。

モバイルオーダーの告知の手書き
▲モバイルオーダーの案内

その名前の通り、「スマホからスタバの商品を注文」が可能になったスタバの2019年の新兵器ですね。

メリットはもちろん「お店で待たずに受け取れる!」です。

アプリは独立したものではなく、以前からあるスターバックス・アプリを使いますよ。

スタバアプリ

ただ、スマホから注文・支払いしますが受け取りは店舗なので注意してください。

あくまでスマホで注文・お支払いができるというものなので、宅配・デリバリーサービスではありません。

他のアプリで言えばUber Eats(ウーバーイーツ)・LINEデリマではなく、マクドナルドのモバイルオーダーに近いですね。

マックのモバイルオーダーとは?対応店舗・仕組み・ポイント付与・クーポンなど使い方まとめ【マクドナルド】

2019.09.15

スターはもらえるの?

スタバでお買い物となると、以下のことも気になりますよね?

す、すたーは?

スターはもらえるの!?

 
はい。答えは「Yes」。

スタバのポイント制度であるStarbucks Rewardsのスターもばっちり付与されますよ!

スター

スターがもらえる条件・還元率は店舗で注文するときとまったく同じです。

50円(税抜)で1スター(=1ポイント)をゲットできますよ。

モバイルオーダーするには何があればいい?スタバカードは必要なの?

ずらーーーーっと長い行列に並ばなくてもokになるモバイルオーダー。試してみたくなりまよね?

スタバのモバイルオーダーを始めるには以下の3つの準備ができていればokです。

スタバのモバイルオーダーに必要な3つのもの
  • アプリのインストール
  • My Starbucksへの会員登録
  • スターバックスカードの登録

スマホのアプリから注文するサービスなので、もちろんスタバの公式アプリをダウンロード・インストールしておきます。(スタバの公式アプリは「スターバックスジャパン公式モバイルアプリ」だけです)

アプリを入れたら「My Starbucksへの会員登録」と「スターバックスカードの登録」もやっておきましょう。

モバイルオーダーはアプリ内で先に支払いを済ませるのでアプリと紐つけたスタバカードがぜったいに必要ですよ!

My Starbucksへの会員登録LINEスタバカード(デジタルスタバカード)の作り方も別ページで詳しく紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ラインのスターバックスカードがかわいい!作り方から付与ポイントまで使い方まとめ【LINE Starbucks Card】

2019.04.10

アプリにスタバカードを作成・登録しよう!マイスターバックス会員・クレジットカードの登録のやり方も紹介【StarbucksCard:始め方】

2019.01.25

カスタマイズもok!モバイルオーダーの使い方(買い方・受け取り方)

では、実際にスマホで注文してみましょう!

以下の順番でモバイルオーダーの使い方を紹介していきますね。

  • 注文のやり方
  • 受け取りの仕方
アプリのインストール・My Starbucksへの会員登録・スタバカードの登録までは済ませておいてくださいね。

もちろんチャージ・入金も!

注文のやり方

まずは注文のやり方です。

スタバのアプリを開いたらど〜んと出ているモバイルオーダーの表示をタップしてください。(MOBILE ORDER & PAYってやつ)

モバイルオーダーアイコン

さいしょはお店の選択です。

「お店を選択してください」をタップして進み、受け取りたいお店を選んでください。

お店を選択してください
地図からではなく店舗名から選びたいときは「店舗一覧」をタップしましょう。

店舗名の一覧でモバイルオーダー可能なスタバ店舗がずらーっと並んでいますよ。

お店を選んだら、次は商品の選択です。

「商品を選択してください」をタップして進み、注文したいものを選びましょう。

商品を選択

注文したいものを選んだら、カスタマイズもできますよ。

ドリンクなら「ホット・アイス」や「サイズ」はもちろん「ホイップの追加」「TOGOバッグを利用する・しない」なども選べます。(「CUSTOMIZE」をタップすると細かく指定できます)

カスタマイズ

カスタマイズ・数量を決定したら、いよいよお支払い・注文です。

注文内容に間違いがなければ「利用規約に同意の上、決済する」をタップして、注文の確定に「OK」しましょう。

決済する

はい。これで注文はok!

スタバアプリのトップ画面に「注文番号」も表示されていますよ。

コスタリカ26
▲注文完了の画面

受付番号
▲スタバアプリのトップ画面

お支払い・注文したらもうキャンセルはできません!

注文する商品の削除は、お支払い前にその商品の横の「-(マイナス)」マークをタップすれば可能ですよ。

削除はここ

受け取りの仕方

注文ができたら、お次は受け取りです。

まず、めっっっっっちゃくちゃ大事な点を紹介しておきますね。

それは「受け取り時間」です。

受け取り時間

そもそも注文のときに受け取り時間の目安を意識して注文し、その時間に間に合うタイミングで注文しましょう。

なぜなら15分を過ぎたら廃棄される可能性があるからです!

な、なんと・・・。

せっかくオーダーしたドリンク・フードも注文金額もムダになるので基本的に受け取る店舗に着いてからスマホで注文するようにしましょうね。

では、受け取っていきましょう。

お店に着いたら「受け取りのカウンター」をめざしてください。注文カウンター・レジに行く必要はないですよ!

受け取りのカウンターに行くと、モバイルオーダー専用のトレイにじぶんの注文したものがあります。

レジのモバイルオーダートレイ
▲僕だけだったタイミング

商品に「受け取り番号」が載っているので、スタバアプリに表示されている受け取り番号と同じものを探して受け取りましょう。

例えばドリップコーヒーなら「コスタリカ*26」みたいなのがスリーブに貼ってあります。

ドリップコーヒーのカップにコスタリカ26

はい。これで受け取りも完了。

あとは受け取ったトールラテやフラペチーノを楽しむだけです。えんじょ〜い!



な、なぜかモバイルオーダーできない・・・。使えない場合の3つの原因と対策

やり方がわかったところで、使えない場合の原因と対策も見てみましょう

「な、なぜかモバイルオーダーできない・・・」というときは、以下の3つの可能性をチェックしてみてください。

モバイルオーダーできない3つの可能性
  • アプリのバージョンが古い
  • 対応店舗ではない
  • スマホがオフライン

それぞれもう少し説明しますね。

まずもっとも可能性が高いのはアプリのバージョンが古いことです。古いバージョンだとモバイルオーダーが表示されないので、必ず最新版にバージョンアップしましょう。

モバイルオーダーを追加しました

そしてスタバの店舗選びにも注意です。

残念ながら全店舗が対応しているわけではないので、モバイルオーダー対応店舗を選びましょう。

お店の選択のときに地図上でタップできなければ、そのお店は非対応です。「店舗一覧」から進むと対応店舗がわかりますよ。

お店の選択
▲対応の店舗一覧

あとは意外とありえるのが「スマホがオフライン」です。

うっかりスマホが飛行機モードなどになっていると注文できないので気をつけてくださいね。

あと、もちろんチャージ金額が足りないと注文できないですよ!(モバイルオーダー内でチャージもできます)

さみしいじゃないか!モバイルオーダーの5つのデメリット【Starbucks Coffee】

デメリットにも触れておきますね。

便利なモバイルオーダーですが、実際に使ってみて僕は以下の5つはデメリットかなと感じました。

モバイルオーダーの5つのデメリット
  • 選べないメニューもある
  • 紙のレシートは出ない
  • タンブラー持参のカップ値引きは不可
  • 「チケットで二杯目」はモバイルオーダーできない
  • さみしい

それぞれもう少し説明しますね。

まず、モバイルオーダーは全てのメニューに対応しているわけではありません。

例えばタンブラー・スタバカードなどは注文できませんし、7月現在の時点ではフードや水もダメでした。

店員さんに直接聞いてみたところ、フードはこれから順次対応スタートするそうです!

また、モバイルオーダーの注文分はデジタルのレシートでの対応なので、紙のレシートはもらえません。

ということは?

そう、ドリンク無料のレシートが当たる可能性がゼロということです!

そっか〜。あれ好きなんだけどなぁ(笑)

スタバのアンケートレシートに当選しました!無料でトールサイズが飲めるお得クーポンの確率や使い方を紹介【Starbucks Coffee:当たり】

2018.10.30

モバイルオーダーでの注文した分はじぶんが到着したときにはもう完成しているので、もちろんじぶんのタンブラーには入れてもらえません。

つまり、タンブラー利用によるカップ値引きは発生しませんよ。

そして「ワンモアチケット」についてです。

スタバではドリップコーヒーを頼むと「当日は二杯目100円!」の「One More Coffee」のチケット(通称:ワンモアチケット)がもらえるのは知っていましたか?

通常は紙(=レシート)でもらえますが、モバイルオーダーの場合はデジタルチケット(eTicket)として発行されます。

ワンモアチケット
▲トップ画面から「eTicket」をタップして確認できます

このワンモアチケットを利用して割引の二杯目については、モバイルオーダーでは注文できません。

お店のレジで提示して使ってくださいね。

あとは、最大のメリットは・・・店員さんとまったく会話しないのでさみしいということです。

だってスタバといったら気さくな店員さんとのちょっとしたトークが醍醐味じゃないですか?

そんなスタバでまったく顔も合わせずコーヒー受け取るだけなのは・・・味気ないっす(涙)

まぁ、急いでるときは問答無用でモバイルオーダーしますけどね

他には「コーヒー豆の種類は選べない」「全店舗対応ではない」なども小さなデメリットと言えそうですね。



まとめ

さいごに、今回の「スタバのモバイルオーダー」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • アプリに会員登録&スタバカード登録で準備ok
  • 注文・支払いだけ可能。受け取りは店頭で。
  • 全メニュー・全店舗が対応ではない

ちなみに同じ店舗・同じ商品はアプリを開いて「履歴」からワンタッチで再注文できますよ。

長〜い行列ができているランチタイムなど、並んでいるみなさんを横目にドヤ顔でモバイルオーダーで待ち時間0秒で受け取って優越感に浸りましょう!