クイックペイならどれがイイの?QUICPayの特徴・使い方・種類とAmazonでポイント3倍な1枚を紹介

QUICPayこれが最強(特徴・使い方・種類まとめ)

こんにちは!Apple PayでQUICPay支払いが好きなサッシ(@3104nkmr)です。

QUICPayでしっかりポイントも貯められていますか?

特徴・使い方・種類やAmazonでポイント3倍な1枚など、このページでは以下の内容で「QUICPayの特徴・種類や使い方」を具体的にレビューしますね。

  • 絶対に後払い!QUICPayの特徴・使い方と種類
  • QUICPayならどれがイイの?Amazonでポイント3倍な1枚

絶対に後払い!QUICPayの特徴・種類と使い方

はじめにQUICPayとは何かを見てみましょう。

以下の順番で紹介していきますね。

  • QUICPayとは?特徴や使い方
  • QUICPayの種類は何があるの?

QUICPayとは?特徴や使い方

まず、QUICPayとは何かをわかりやすくまとめますね。

QUICPay(クイックペイ)とは以下の特徴がある電子マネーです。

QUICPayとは?
チャージ不要、後払い式の電子マネー。

QUICPayの加盟店で利用でき、支払った分は紐付けたクレジットカードに請求が行く。

お店のQUICPayマーク
▲QUICPay対応のマーク

Suicaなどと同じ電子マネーの1つですが、チャージ式(前払い)ではないのが最大の特徴です。

QUICPayで支払った分だけ、あらかじめ紐付けたクレジットカードに請求されるという仕組みとなっています。

おしゃれな板敷きのオリコカードザポイント
▲QUICPayが使えるクレジットカード(オリコカードザポイント

使い方はかんたんです。

対応しているお店のレジで「クイックペイで!」と伝えてカードやスマホ(Apple PayやGoogle Pay)をかざせばお支払いとなります。

QUICPayはスキャナーにくっ付けないでいい「非接触式」なので、ただカードやスマホを近づければokですよ!

QUICPayの種類は何があるの?

QUICPayの基本がわかったところで、どんな種類があるのか見てみましょう。

大きく分けて「カードタイプ」「モバイルタイプ」「その他」の3つだと覚えるとわかりやすいですよ。

以下に代表的なものを並べておきますね。

代表的なQUICPayの種類
【カードタイプ】

  • QUICPay搭載のクレジットカード
  • QUICPay搭載のデビットカード
  • QUICPay搭載のプリペイドカード
  • QUICPayカード
  • nanacoカード

【モバイルタイプ】

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • QUICPayモバイル(おサイフケータイ)

【その他】

  • QUICPayコイン
  • ANA QUICPay+nanaco(キーホルダー型)

オリコカードにあるQUICPayマーク
▲オリコカード(クレジットカード)

オリコカードのQUICPayマーク
▲Apple Pay

もっとも一般的なのはQUICPay機能を搭載したクレジットカードですね。

2019年からはクレカに続いて銀行発行のデビットカードやLINE PayカードKyashなどのプリペイドカードにも対応するようになりました。

linepayカード
▲LINE Payカード

クイックペイ機能だけを持った「QUICPayカード」というカードも存在しますが、そもそもクレジットカードを持っている人が追加で発行できるものです。(対応会社の例:JCB・オリコ・住信SBIネット銀行など)

ハッキリ言って・・・わざわざ作るメリットは特にないかなという感じです(笑)

QUICPayカード公式
▲QUICPayカード。JCB公式サイトより

そして、実はnanacoカードでもQUICPay支払いが可能って知ってましたか?

でもnancocoカードはQUICPay対応のもの・非対応のものがあるので注意ですよ!

QUICPayがあるnanaco・ないnanaco

QUICPayは昔はカードが主流でしたが、最近はモバイルタイプを使う人がかなり増えてきました。(僕もそう)

iPhoneなら「Apple Pay」に、Androidスマホなら「Google Pay」や「おサイフケータイ」に登録してQUICPayできますよ。

Apple Payに登録したQUICPay
▲Apple Payに登録したQUICPay

あとはコイン型やキーホルダー型もあるよ、という感じですね。

コイン型やキーホルダー型にめっちゃ心惹かれるわけでなければ「クイックペイはカードかモバイル」と思っておけばokです!

【QUICPayとQUICPay+について】
実はクイックペイには「QUICPay」と「QUICPay+」という2種類が存在します。

違いをざっくり言えば、カードタイプはQUICPayの表示があるお店で使えて支払い上限2万円で、QUICPay+の表示があるお店ならモバイルタイプが利用できて2万円以上の高額の買い物もokです!

クイックペイならどれがイイの?Amazonでポイント3倍な1枚

QUICPayの特徴・使い方や種類がわかったところで、おすすめな1枚を紹介しますね。

いろいろなQUICPayがありますが、1つ選ぶなら絶対に「JCB CARD WでモバイルQUICPay」です。

木の机とjcbカードw
JCB CARD W

Apple Payに登録したjcbカード
▲Apple Payに登録したJCB CARD W

そもそもQUICPayはJCBが開発したサービスなので、JCBカードとの相性は抜群なんですよ。

2019年12月15日(日)まではApple PayかGoogle Payに登録したJCBカードでQUICPay支払いすると・・・なんと支払額の20%が戻ってくるというキャンペーンをやっています!

Apple PayやGooglePayとjcbで20%キャッシュバック
▲キャッシュバック上限は1万円まで

JCB CARD Wは39歳以下しか作れないので他のカードに比べて審査に通りやすいし、Amazonやセブンイレブンで使えばポイント3倍、スタバなら10倍になるんですよ。す、すごい・・・(涙)

年会費がずっと無料なので、いくつか種類があるJCBカードの中でもJCB CARD Wがイチオシです。

まとめ

さいごに、今回の「QUICPayの特徴・種類や使い方」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • QUICPayはチャージ不要
  • 紐付けたクレカで後払い
  • 種類はカード・モバイル・その他

39歳以下ならば、QUICPayを始めるなら入会費・年会費がいっさい不要なJCB CARD Wを作ってApple Pay・Google Payで使うのがダントツにおすすめです。

特に12月15日まではQUICPay支払いするだけで20%戻ってきますからね。

別ページでJCB CARD Wで貯まるポイントなども具体的に紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね!

Amazonセブン3倍スタバはポイント10倍

Amazon・セブンでポイント3倍!スタバなら10倍!ぜったい知っておいてほしいおすすめカードJCB CARD Wとは?