怪我したら車の運転していいの?左腕が肩から上がらなくなったから交番に聞いてみた

こんにちは!サッシです♪

え~と、転んで左腕をケガしてしまいました!

家の前で娘たちと遊んでたら転んでしまい、左腕一本で着地したら、

「グリュッ」

ってなんか二の腕の中で変な風に動く感覚が。あぅぅ。

こうやってキーボード叩いたり、軽い荷物を持ったりは余裕なんです。

でも、シャツを着替えるとか、肩から上に腕を持っていく動作が痛くて出来ない状態になってしまいました!

ここで、ふと一つの疑問が。

腕をケガしたとき、クルマの運転ってしてもokなんでしょうか?

電車の走っていない沖縄の離島暮らしでクルマは必須なので、まさに死活問題!

さっそく調べてみました。


「怪我したら運転したらダメ」って法律はあるの?交番に聞いてみた

まず、近くの交番に問い合わせてみました。

policecar

「クルマのことならやっぱお巡りさんっしょ!」ということで突撃電話インタビュー!

予想以上に丁寧に応じてもらえましたよ♪

「怪我したら運転しちゃダメ」って法律はあるの?

一番気になっていた「怪我をしたら運転しちゃダメ」って法律はあるのかどうかを聞いてみました。

すると、道路交通法上はそういった法律は無いとのことでした。

rule

怪我をしたら車の運転をしてはいけないという旨は道路交通法上は無い

あくまで法律上はそういうことになります。

これは、ケガの箇所が腕だろうが足だろうが頭だろうが部位は関係なしです。

キーワードは「運転に支障をきたさない」

お巡りさんから教えてもらったこと。

それは、運転に支障をきたなさい」ならばクルマの運転をしてもokということです。

drive

例えば、片手運転は思いっきり運転に支障をきたしてますよね?

だからダメ。

そうなると、気になるのは「支障をきたす / きたさない」の判断基準ですよね?

これに関しては、道路交通法上は「支障をきたす状態・行為」の定義は無いとのことです。

もし何か事故が起きた時に、過去の判例を参考にして判断することになるようですね。

drive

だから、キーボードは打てるし、荷物も持てるけど、左腕が痛くて肩から上げられないという今回の僕の状態。

この状態が運転に支障があるのか無いのかの判断は道路交通法上は明言できないということになります!

道路交通法70条にしっかり目を通して、慎重な判断を!

怪我をしている場合のクルマの運転に関して、最も関わって来るのが道路交通法70条です。

車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

-道路交通法70条-

このように、クルマを「確実に操作」できる状態であることが大切です。

だから、いくら法律上ケガの程度の記述が無いとはいえ、例えば以下のような重大なケガが明らかな状態。

  • 骨折して腕に三角巾している
  • マニュアル車なのに、左足にギプスをはめている

こういった状態でクルマの運転をしたら道路交通法70条違反となる可能性が高いということです。

ケガをしている手をちょびっとだけハンドルに添えていたとしても、それは十中八九「片手運転 = 他人に危害を及ぼす方法」とみなされるでしょうね。

drive

ケガに限らず、体調精神状態なども考慮して、クルマの運転が支障なくできる状態かどうかは慎重に慎重に判断したいですね。

僕はクルマの免許の更新とか町役場への用事とかでどうしても外出したかったのですが、今回は諦めて来週に回すことにしました。

久米島だとクルマの免許の更新って月・金しかやってないから、チャンス少ないので行っておきたかったんですけどね~くぅぅ。

仕事は同僚にお願いするとか、プライベートは家族や友人に助けてもらうとかして、安全第一でクルマの運転していきたいですね!

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました。

それではまた!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】

【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です