Twitterのファボとは?意味・特徴や付け方・消し方・検索のやり方をわかりやすく紹介

Twitterでふぁぼる

こんにちは!ツイッター歴12年のサッシです。

ファボ・・・ツイッターの話でなにかと出てきますよね。

つまりは「いいね」のことなのですが、ふぁぼ数で検索通知などについてはぜひ知っておきましょう!

このページでは以下の内容で「ツイッターのファボ」について具体的にお伝えしますね。




Twitterのファボとは?意味・特徴まとめ

はじめに、意味・特徴をハッキリさせましょう。

Twitterでちょくちょく見かけるワード「ファボ」。

ずばりTwitterでのファボとは以下の意味ですよ。

Twitterでのファボとは?
「いいね」のこと。

(ファボ=favoriteの略)

赤いハート
▲ファボ

そう、実はファボとは「いいね」のことなんです!

英語のfavorite(フェイバリット)のfavoの部分を取って「ファボ」というわけですね。

だからいいねすること=ファボるとも言いますよ。

同じ「いいね」があるインスタフェイスブックラインではあまり言わないので、ツイッターに特によく見られる文化の1つです。

表記はカタカナで「ファボ」でもひらがなで「ふぁぼ」でもどっちでもokです!

ふぁぼ検索もできるの?ツイッターのファボのやり方・消し方と注意点

意味・特徴がわかったところで、実際にファボってみましょう。

以下の順番でやり方・消し方・検索について紹介していきますね!

ファボのやり方・消し方と注意点

では、ファボしてみましょう。

・・・と言ってもやり方はかんたんです。

ファボとはツイートへのいいねの意味でしたよね?

だから、ツイッターでは「いいね」を表すハートのマークをタップしましょう。
(白いハート)

白いハート
▲ハートマーク

はい。それでファボ=いいねはokです。

うっかり間違って誤ふぁぼしてしまった場合はもう1回ハートをタップしてください。
(赤くなっているハート)

それでいったん付けたファボは消えますよ。

仕組みはリツイートと同じですね。

ふぁぼると相手に通知は行きますが、消したときは通知は行きません。

そして、いったん消して再ファボするともう通知は行きませんよ!

ふぁぼ検索って?何が探せるの?

ファボり方がわかったところで、検索についても触れておきますね。

ツイッターでは、ファボ=いいねの数を条件に検索が可能です。

検索窓に以下のコマンドを入力して探してみてください。

ふぁぼ数の検索コマンド
  • 〇〇半角スペースmin_faves:数字

〇〇のところにはキーワードや@ユーザー名を入れます。

例えば「かわいい猫 min_faves:222」と検索すると、222件以上ファボられた=いいねが付いたツイートのみが検索されます。

「@sashdaily min_faves:100」とすれば、sashdailyさんのアカウントで100件以上のファボが付いた投稿だけが出るわけですね。

コマンド検索
▲「@sashdaily min_faves:100」で検索

半角スペースを入れることや「:」と「;」を間違えないように注意しましょう。

ちなみに、検索というわけではないですが、そもそもそのアカウントがいいねしたツイートはまとめられていますよ。

プロフィール画面を開いて「いいね」のタブをタップするとズラーっと出てきますよ!

自分のアカウントでも誰かのアカウントに対しても同じです。



まとめ

さいごに、今回の「Twitterのふぁぼ」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • ファボとは「いいね」のこと
  • ふぁぼると通知は行き、消すときは通知されない
  • ふぁぼ数で指定してツイート検索もできる!

スマホをよく使うなら、大切な画像を残す対策はしっかりできていますか?

いつか必ず容量いっぱいになるか機種変するので、大切な思い出の写真・動画は外付けHDDに保存するのがおすすめです。

子どもや恋人とのちょっと見られたくない画像なども絶対に漏らさずに保存できますので。
(ネットにアップすれば流出のリスクが必ずあります)

ロジテックのスマホ用HDDならpc不要でスマホからケーブルを差して直接保存できるので僕はすごく気に入っています。

1万円くらいで1TB(=128GBのスマホ8台分)の大容量が手に入りますよ。

外付けhddと雪山