【PR】カメラ付き小型ジンバル初心者ならどっちがいい?両方使ってみた私がFeiyu Pocket2と2sを比較レビュー!

Feiyu Pocket2と2s

おおっ、操作もシンプルでカメラの動きも滑らかだ…。

こんにちは。カメラ付き小型ジンバルは初心者なサッシです。

これまでカメラ付きのジンバルは使ったことありますか?これから初めてですか?

まったく未経験な僕はFeiyu Pocketの100gちょっとのコンパクトさ動作のスムーズさに感動しましたよ!
(もちろん画質・音質もキレイ)

メリット・デメリットや2つのモデルの違いなど、このページでは以下の内容で「Feiyu Pocket2と2S」の体験レビューブログをお届けしますね。

※Makuakeのクラファンページが開きます

今記事は、Feiyu Pocketシリーズを発売しているFeiyu Tech様からの商品提供により実現しております。

何ができるの?Feiyu Pocketシリーズの基本的な性能

まず、シリーズの基本的な性能をわかりやすく紹介しますね。

Feiyu Pocketとは何かと聞かれたら、ひとことで表せば「カメラ付き小型ジンバル」です。

ジンバルとは「回転台」のことですよ。
(英語でGimbal)

カメラ界においては「手ぶれ補正してくれる回転台付きのグリップ」のことを指します。

Feiyu Pocketのカメラ・回転台
▲回転台の部分

内部でぐるぐる回って水平・垂直を保ってくれるので、手ぶれを激減してくれるんですよ。

動画撮影に必須なアイテムの1つですね。

Feiyu Pocketはジンバルそのものに小型カメラが内蔵されている「カメラジンバル」と言われるカメラの1種です。

Feiyu Pocket2
▲Feiyu Pocket

スマホやデジタル一眼レフに取り付けるのではなく、もうそれ自体がカメラなわけですね。

これ1つあれば「手ぶれ補正されつつ動画撮影」が気軽にできちゃうというわけですよ!

もちろんビデオカメラだからマイクも内蔵されているし、メディアに動画ファイルが保存されます。

※Makuakeのクラファンページが開きます

Feiyu Pocketを使ってみてわかった3つのおすすめポイント【2・2S共通】

基本性能がわかったところで、さっそく使用感をお伝えしますね。

今回はFeiyu Pocket2とFeiyu Pocket2Sの2つのモデルを試してみました。

実際に使い倒してみて、僕が感じたおすすめポイントはずばり以下の3つです。

Feiyu Pocketのおすすめポイント
  • スマホなしでもok
  • 操作がシンプル
  • 軽くて小さい(でも高画質)

それぞれもう少し説明しますね。

まず、「スマホなしでもok」という点です。

Feiyu Pocketはカメラ内蔵型のジンバルなので、これ1台で動画撮影が完結しちゃいます。

ポケットにFeiyu Pocketさえ突っ込んでおけばどこでも撮れるのがうれしいですね。

また、「操作がシンプル」なのもポイント高いです。

Feiyu Pocketを操作
▲操作レバー

電源ボタンを除けば、操作するのは「カメラを上下左右に動かすレバー」と「撮影ボタン」だけです。

説明書とにらめっこしながらやり方を探ることなく、箱を開けて直感的にすぐ動画撮影できちゃいましたよ。

画質・広角・撮影モードなどの設定も画面をタップして操作できるので楽ちんです。

あとは「軽くて小さい(でも高画質)」ですね。

サボテンの花とFeiyu Pocket
▲Feiyu Pocket

重さは2が127gで2Sが179gという超軽量です。

どちらも大きさは手のひらに収まるサイズなので、カバンに入れてもポケットに入れてもまったく苦になりません。

そんなコンパクト設計ですが画質・音質もまったく問題ありませんよ。

ふつうにVlogや「やってみた系」を撮るくらいなら十分な高画質でしたよっ!

※Makuakeのクラファンページが開きます

ここは知っておいて!Feiyu Pocketの2つのデメリット【2・2S共通】

メリットがわかったところで、デメリットも見ておきましょう。

・・・と言っても正直なところ大きな欠点はありませんでした。

ほんとよくできてますよ、これ。

しいて言えばジンバルカメラ初心者目線では以下の2つが気になったかなという感じです。

Feiyu Pocketのデメリット
  • スマホとやり取りはアプリが必要
  • SDカードが必要

それぞれもう少し説明しますね。

まず、「スマホとやり取りはアプリが必要」です。

スマホにあまりアプリを増やしたくない人にはちょっとだけハードルが高いかも。
(もちろん無料アプリですが)

Feiyu Pocketアプリ
▲アプリ

あとは「SDカードが必要」ですね。

Feiyu Pocketの動画撮影・保存にはMicro SDカードが絶対に必要となっています。

Micro SDカードを入れないとお試し撮影すらできません。

32GBの容量なら千円くらいでAmazonや楽天でサクッと買えるので、必ず用意しておきましょう。

Feiyu Pocket2と2Sの違いは?決定的に異なる点はこの3つ!

メリットデメリットがわかったところで、2つのモデルの違いをレビューしておきましょう。

「Feiyu Pocket2」と「Feiyu Pocket2S」は操作性、機能はまったく同じです。
(細か〜い違いはあるでしょうが、ふつうに使っていればほぼ分かりません)

カメラの可動領域・角度も同じだし、ボタン・レバーの反応感度も変わりません。ディスプレイの綺麗さも差を感じないです。

そのうえで、両者の大きな違いを挙げるならばこの3つですね。

2と2Sの大きな違い
  • カメラが伸びる
  • 三脚・自撮り棒の取り付け位置
  • サイズの違い

まず、もっとも大きな違いは「カメラが伸びる」です。

2は本体のグリップの先っぽにカメラが据え付けられています。

それに対して2Sはコードがにょい〜んと伸びて、画面やグリップとカメラが分離できるんです!

Feiyu Pocket2sと2
▲左:2S、右:2

カメラの動かしやすさ&手元のリモコン操作のしやすさが変わったというわけですね。

また、それに伴って三脚・自撮り棒の取り付け位置が変更されています。

2は本体のお尻のところ、2Sはカメラの下のところとなっていますよ。

Feiyu Pocketの取り付け穴
▲左:2S、右:2

あとはシンプルに「サイズの違い」ですね。

2は127gで2Sは179gという重さの違い、そして全体的な大きさの違いがあります。

2Sのほうが指3本分くらい縦長になっていますよ。

大きな違いは以上の3つですね。

あとはソフトケースのある無しなど、付属品が少し違うというところです。

※Makuakeのクラファンページが開きます

さいごに:カメラ付き小型ジンバル初心者が買うなら2と2Sのどっちがいい?

さいごに、Feiyu Pocket2と2Sを選ぶポイントをまとめて並べておきますね。

「カメラ付き小型ジンバル初心者が買うならどっちがいい?」と聞かれたら、僕は以下の基準でおすすめしますよ!

2と2Sを選ぶポイント
  • カメラと画面は別がいい!・・・2S
  • なるべく軽い・小さい方がいい!・・・2

分離性を選ぶか、コンパクトさを選ぶかですね。

それ以外はほぼ同じと思ってもらってokです。

じぶんが何を重視するかで決めてください。

どちらを選んでも、気軽に手ぶれなしで動画撮影したいならピッタリですよ!

※Makuakeのクラファンページが開きます