特急スーパーとかちの買い方・乗り方まとめ。座席予約・料金・停車駅・時刻表からトイレ・車内販売・wifi・電源コンセントまで完全ガイド!【JR北海道】

流線型がかっこいいスーパーとかち

こんにちは!南千歳駅から帯広駅まで特急スーパーとかちに乗ったサッシ(@3104nkmr)です。

特急スーパーとかちは1日に5本だけって知っていましたか?

無料wifi・電源コンセント状況やスマホで予約する方法など、このページでは以下の内容で「特急スーパーとかちの買い方・乗り方」を具体的に紹介しますね。




特急スーパーとかちとは?停車駅・時刻表・料金・トイレや無料wifi・電源コンセントについて

はじめに特急スーパーとかちの特徴を見てみましょう。

以下の順番で紹介していきますね。

特急スーパーとかちとは?停車駅は札幌から帯広です!【路線図】

まずは特急スーパーとかちが停まる駅を見てみましょう。

JR北海道の特別急行列車「特急スーパーとかち」は以下の駅に停車しますよ。

特急スーパーとかちの停車駅・路線図
  • 札幌駅
  • 新札幌駅
  • 南千歳駅
  • 追分駅
  • 新夕張駅
  • 占冠駅
  • トマム駅
  • 新得駅
  • 十勝清水駅
  • 芽室駅
  • 帯広駅

入ってくるスーパーとかち
▲南千歳駅に入ってきた特急スーパーとかち

スーパーとかちはどこから・どこまで走るのかと言えば、「札幌から帯広まで」と覚えておけばok!

新千歳空港から帯広に向かうときは「南千歳駅」までJR千歳線の快速エアポートに乗ってから乗り換えます。

なんと3分くらいであっという間に新千歳空港駅から南千歳駅に着きますよ。

1日に何本?札幌駅・南千歳駅・帯広駅からの時刻表

お次は発車時刻や所要時間を見てみましょう。

具体的な例として、利用者が多い札幌駅・南千歳駅からの下り(帯広行き)と帯広駅からの上り(札幌・南千歳行き)の時刻表を以下に並べておきますね。

特急スーパーとかちの時刻表(札幌・南千歳・帯広駅)
【札幌発】

  • 7時54分(スーパーとかち1号)
  • 10時24分(スーパーとかち3号)
  • 16時08分(スーパーとかち5号)
  • 18時32分(スーパーとかち7号)
  • 21時04分(スーパーとかち9号)

【南千歳発(下り)】

  • 8時26分(スーパーとかち1号)
  • 10時57分(スーパーとかち3号)
  • 16時41分(スーパーとかち5号)
  • 19時05分(スーパーとかち7号)
  • 21時32分(スーパーとかち9号)

【帯広発(上り)】

  • 6時45分(スーパーとかち2号)
  • 8時48分(スーパーとかち4号)
  • 11時10分(スーパーとかち6号)
  • 13時30分(スーパーとかち8号)
  • 19時22分(スーパーとかち10号)

発車時刻表、南千歳駅
▲南千歳駅の時刻表

ほうほう。特急スーパーとかちは1日5本ということですね!

所要時間は「札幌〜帯広」が2時間40分くらい、「南千歳〜帯広」が2時間10分くらいです。

ちなみに距離は札幌から帯広が約220km、南千歳から帯広が約176kmですよ。マニアックな情報ですね(笑)

札幌から帯広まで乗ったときの料金

時間に続いては料金も見てみましょう。

例として、「札幌〜帯広」と「南千歳〜帯広」の料金を以下に並べておきますね。

スーパーとかちの料金(札幌・南千歳〜帯広)
  • 札幌〜帯広・・・7,790円(乗車券:4,840円、特急券:指定席2,950円・自由席2,420円)
  • 南千歳〜帯広・・・6,360円(乗車券:3,630円、特急券:指定席2,730円・自由席2,200円)

グリーン席を選ぶなら特急券は「札幌〜帯広」は6,610円、「南千歳〜帯広」は5,000円となっていますよ。

特急スーパーとかちの乗車券・特急券の予約・購入のやり方は後の章で詳しく紹介しますね。

ちなみに札幌・南千歳〜帯広の間はJRでもSuicaでは乗れません。(札幌あたりのKitacaエリアはSuicaが使えますが、帯広エリアは使えないので)

特急スーパーとかちに乗るには必ず乗車券を買いましょう。

電源コンセント・無料wifiは使える?トイレや自販機など車内設備

あとは車内設備もチェックしておきましょう。

トイレ・自販機や電源コンセント・無料wifiについては以下のようになっています。

特急スーパーとかちの車内設備
  • トイレ・・・あり
  • 車内販売・・・なし
  • 自動販売機・・・なし
  • 無料WiFi・・・なし
  • 電源コンセント・・・グリーン車のみ全席

トイレは2号車の1号車寄り、3号車の4号車寄りの部分にありますよ。

車内販売・自販機はいっさい無いのでドリンク・おやつは事前に買ってから乗り込みましょう。

充電については、残念ながら普通車の指定席・自由席には電源コンセントは無いです。

スーパーとかち普通車指定席足元
▲普通車・指定席

グリーン車の座席
▲グリーン車:電源コンセント付き

グリーン車両の座席にのみ電源コンセントは付いています。

そしてスーパーとかち車内には無料wifiは飛んでいないです。僕はじぶんのポケットWiFiにつないでパソコン仕事したりYouTube観たりして過ごしましたよ。

ちなみにJR北海道の快速エアポートなら「JR_Hokkaido_Free_Wi-Fi」という無料WiFiが使えますよ。

スマホで座席予約ok!特急スーパーとかちのきっぷの買い方・乗り方まとめ【自由席・指定席・グリーン車】

特急スーパーとかちの特徴がわかったところで、お次は買い方・乗り方を見てみましょう。

以下の順番で紹介していきますね。

スマホでえきねっとから座席予約ok!特急スーパーとかちの乗車券・特急券の買い方

まずはきっぷの買い方です。

スーパーとかちは特急なので、以下の2種類のきっぷが必要となります。

スーパーとかちに必要な2種類のきっぷ
  • 乗車券
  • 特急券(自由席・指定席・グリーン席)

新千歳空港から帯広のきっぷ
▲南千歳から帯広への乗車券・指定席特急券

自由席でイイならば、予約は不要で「乗車券」と「自由席の特急券」を買えばokです。

指定席・グリーン席は予約も当日購入も可能ですが、予約で満席になったら当日の販売はありません。指定席の数はそこまで多くないので、なるべく予約したほうがイイですよ!

乗車券・特急券の予約・購入は以下の3つの方法があります。

スーパーとかち予約・購入の3つの方法
  • JR駅のみどりの窓口で購入
  • JR駅の券売機で購入
  • 予約サービス「えきねっと」で予約➝みどりの窓口か券売機で購入

予約なしで構わないならば当日にJR駅で買えばokです。

でも予約で満席になったらもう買えないので、なるべく予約したほうがイイですよ。

みどりの窓口や券売機でも日時を指定して購入できますが、イチオシはJRの予約サービス「えきねっと」です。

えきねっとでスーパーとかちを予約した画面
▲えきねっとでスーパーとかちを予約した画面

えきねっとに会員登録・クレジットカード登録すれば、スマホでいつでもサクッと予約できるようになるんですよ。(購入・きっぷの受取は指定席券売機かみどりの窓口で行います)

別ページでえきねっとで予約・購入する方法も詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インターネット予約

特急券・自由席もok!スマホでえきねっとからチケットを予約・購入・受け取る方法まとめ【JR】

グリーン車は1号車!特急スーパーとかちの指定席・自由席の乗り方

きっぷを買えたら、あとは乗り方も見ておきましょう。

特急スーパーとかちは以下のような4両編成となっていますので、じぶんのチケットで号車を確認して乗り込みましょう。

特急スーパーとかちの車両編成
  • 1号車・・・グリーン車
  • 2号車・・・指定席
  • 3号車・・・指定席
  • 4号車・・・自由席

スーパーとかちグリーン車
▲グリーン車

スーパーとかち普通車
▲普通車:指定席

僕が乗ったときは車内改札(=きっぷのチェック)がありました。グリーン車・指定席ならばきっぷを見せられるようにしておきましょうね。

スーパーとかちの混雑具合を車掌さんに聞いてみたところ、やはり「年末年始・お盆」が混み合うとのことでした。

自由席が1車両しかないからハイシーズンは座れない可能性もあるので、なるべく指定席を取ったほうがいいですよ!



まとめ

さいごに、今回の「特急スーパーとかちの買い方・乗り方」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 1日に5本
  • 札幌〜帯広が約2時間40分、南千歳〜帯広が約2時間10分
  • トイレ・車内販売・自販機なし
  • 無料WiFiなし。電源コンセントはグリーン車のみ
  • Suicaでは乗車できない

特急スーパーとかちをもっともお得に乗るなら「えきねっと」を利用するのが最強です。

えきねっとからビューカードで乗車券・特急券を予約・購入すると3倍のJREポイントがもらえるんですよ!(還元率で言うと1.5%。1000円で15pt)

JR東日本のみどりの窓口や券売機で受け取るという条件ではありますが、東京周辺にいながら北海道のきっぷをスマホで予約してポイント3倍になるのでイチオシです。

インターネット予約

特急券・自由席もok!スマホでえきねっとからチケットを予約・購入・受け取る方法まとめ【JR】

viewカード種類・選び方

ビューカードとは?代表的な種類・選び方をわかりやすく紹介【VIEW CARD】