デキタスの口コミ・評判はどう?仕組みから2つのメリット・デメリットまでわかりやすく紹介

デキタス口コミ評判

こんにちは!学習塾を14年ほど経営してきたサッシ(@3104nkmr)です。

オンライン学習はいろいろ試してみましたか?

同業他社と比べた2つのメリット・デメリットなど、このページでは以下の内容で「デキタス」について詳しく紹介しますね。

  • デキタスとは?仕組み・学習の流れ・対象学年・科目・料金まとめ
  • デキタスの2つのメリット・デメリット
  • ネット上でよく見かけるデキタスの口コミ・評判

デキタスとは?仕組み・学習の流れ・対象学年・科目・料金まとめ

はじめに、デキタスとは何かをかんたんにまとめますね。

以下の順番でお伝えしていきます。

  • デキタスとは?仕組み・学習の流れ
  • 対象学年・科目
  • 料金(小学生・中学生)

デキタスとは?仕組み・学習の流れ

まずデキタスの仕組みや学習の流れを見てみましょう。

デキタスは大手予備校「城南進研グループ」が運営しているオンライン学習サービスです。

デキタストップ画面
▲デキタス公式サイト

授業形式はずばり「アニメーション授業」です。

塾・家庭教師のように人間の先生に教えてもらうのではなく、キャラクターの先生の授業を画面で視聴するという形ですよ。

もう少し具体的には、学習の流れは以下のようになります。

デキタスの学習の流れ
  1. 学年・科目・単元を選ぶ
  2. 授業動画を見る
  3. ○・☓で答えるチェック問題で確認
  4. 基本問題を10問
  5. もし100点とったらチャレンジ問題に挑戦!
  6. じぶんが間違えた問題「キミ問ピックアップ」で復習
デキタスの選択画面

授業の長さは1コマ最大5分のスモールステップ形式なので、スキマ時間にサクッと取り組めるのがいいですね。

人間よりもキャラクターのほうが子どもの食いつきはいいし、学習を進めてポイントを貯めるとアバターや景品と交換できるのも子どものモチベーション維持につながっています。

デキタスがんばったで賞

目の前に人間の先生はいませんが、何か困ったときはメールで質問を受け付けるというサポート体制となっていますよ。

学習している内容の関連分野については「さきどり学習」や「さかのぼり学習」もできるので、1年生のうちに2年生の内容に触れておくことも可能です。

保護者はデキタス公式サイトにログインして「成長記録帳」「学習時間表」「学習カレンダー」などで子どもの学習状況を把握できますよ。

途中退会したいときは「前月末までに電話かメールすればその月いっぱいで退会」というルールです。

例えば2月いっぱいで退会したいなら1月中に連絡しましょう。

対象学年・科目

お次は対象学年・科目を見てみましょう。

デキタスで扱う年齢や教科は以下のようになっていますよ。

デキタスの対象学年・科目
  • 小1・小2・・・国語・算数・生活・英語
  • 小3〜小6・・・国語・算数・理科・社会・英語
  • 中学生・・・国語・算数・英語・理科・地理・歴史・公民・国文法

ざっくり言って「全科目に対応」ということですね!

年齢については、幼児コースや高校生コースはありません。

料金(小学生・中学生)

続いては気になる料金も見てみましょう。

デキタスの料金は小学生と中学生で以下のように異なった設定となっています。

デキタスの対象学年・科目
  • 小学生・・・3,000円
  • 中学生・・・4,000円
デキタス月額料金

お〜わかりやすいシンプルな料金体系ですね。

入会金は不要なので、毎月の授業料だけでokですよ!

デキタスの2つのメリット・デメリット

デキタスとは何かがわかったところで、お次はメリット・デメリットを見てみましょう。

以下の順番で紹介していきますね。

  • デキタスの2つのメリット
  • デキタスの2つのデメリット

デキタスの2つのメリット

まずはメリットです。

同業他社と比べたデキタスの大きなメリットとしては以下の2つの点がありますよ。

デキタスの2つのメリット
  • 学年が上がっても料金が変わらない
  • さきどり学習・さかのぼり学習ができる

他のオンライン学習サービスでは学年が上がるにつれて月額料金も上がるところが多いですが、デキタスは学年が上がっても同じ料金で受けられます。

また、学習した単元に関する先取りの内容(例:1年生なら2年生の内容)を学ぶことも可能です。

先取りできる単元・範囲には限りがありますが、どんどん得意なものを伸ばしたいときにはピッタリですね!

デキタスの2つのデメリット

では、逆にデメリットはどうでしょうか。

同業他社と比べると、以下の2つはデキタスの弱い点だと言えそうです。

デキタスの2つのデメリット
  • 発展・応用コースがない
  • 英語は小学生は学年関係なくすべて同じ内容

デキタスにはレベル別のコース分けはありません。

また小学校の英語はどの学年でも同じ内容で、確認の問題もありません。

がっつり受験を考えている子どもにはちょっと物足りないかもしれないですね。

ネット上でよく見かけるデキタスの口コミ・評判

口コミや評判についても触れておきますね。

ネット上ではデキタスについて以下のような声をよく見かけます。

デキタスの口コミ・評判
  • 見た目がゲームっぽいので良い
  • 初期費用・退会費用がかからない
  • オリジナルのテストが作れて良い

初期費用・退会費用がかからず、シンプルに月額料金だけしか発生しないのは全保護者にとってうれしいですよね〜。

やはり見た目がゲームっぽいと子どもの食いつきは良いし、単元を組み合わせて自由にテスト問題が作れる機能はデキタスならではです。

あとは「勉強していると思ったら動画を観ている」のような口コミもよく見かけますが、それはデキタスに限らずどのオンライン学習でも同じですので・・・各家庭でがんばりましょう(涙)

まとめ

デキタスは受験対策よりも「学習習慣をつけたい!」「学校の勉強を補いたい!」という子どもに向いていますね。

氏名・住所は非公開で公式サイトから5日間の無料体験ができますので、まずは気軽に体験してみましょう!

\5日間の無料体験・氏名や住所は非公開でok!/

※専用タブレットは不要です
※じぶんのパソコン・タブレットでok

オンライン学習で気になること、ありませんか?