【ゴム紐の通し方・やり方】ズボンのゴムが抜けた!”ゴム通し”より便利な代用品の使い方を紹介♪

ジャージの紐

うわぁ・・・。明らかに”ゴム通し”使うより便利じゃん・・・。

こんにちは!家事は得意な主夫のサッシ(@3104nkmr)です♪

家に”ゴム通し (紐通し) “ってありますか?

先日、僕のズボンのゴム紐が抜けたので、うちのお嫁ちゃんに”ゴム通し”ってうちにあるか聞いてみたんですよ。

そうしたら・・・

ラインのスクショ

即答で答えていただきましたw

それで、試しに代用品のある物を使ってみたら、これが便利なこと便利なこと!

” あれ!?これって、マジでゴム通しの代わりどころか、ゴム通しより便利じゃん! ” と感じましたので、激しくオススメします!!

ゴム通しの代用品になる超身近なモノを紹介♪

では、まずはゴム通しの代わりになる便利ちゃんを紹介しますね。

絶対にどの家にもある、超身近な日用品です。

それはズバリ、こちら!

クリップ

あんぜんピーーーーーーーーーン!

そう、名札付けたりするときにブスッとするやつ。「安全ピン」です!

意外や意外ですよね~。

わざわざ手芸用の「ゴム通し」が無くても、何の問題もなくゴム・紐が通せちゃうんです!

安全ピンを使った超簡単なゴム紐の通し方

ではでは。

さっそく「安全ピンを使った超簡単なゴム紐の通し方」を紹介しますね♪

用意するもの (今回はジャージのウエストのゴム紐が抜けました)

用意するものは超簡単。

  • 安全ピン・・・1個 (ゴム紐が短いなら、2個あると安心)

はい、これだけでok!

安全ピン1個で十分できるんですが、2個あると安心な理由は後でご説明しますね。

ちなみに、今回は実際にゴム紐が抜けてしまった「うちのお嫁ちゃんからのお下がりの高校ジャージ」で実践します。

ジャージ

なぜ妻から僕に回ってきたのか、まったく謎なアイテムですw

今回はこんな感じで片方の紐が抜けてしまいました。

ジャージの紐

まぁ、正確に言えば「中でブチッと切れてしまった」という感じです。

ゴム通し代わりの ” 安全ピン ” の使い方とコツ

では、通していきましょう!

まず、ゴム紐を引っ張って引っこ抜きます。

ジャージのウエストの紐

ムリヤリ引っ張ってちぎらないように注意!

完全に抜き取ります。

ジャージの紐

ゴム紐が全部抜けたら、安全ピンの登場

安全ピンをゴム紐に付けていくんですが、ちょっとしたコツが要ります。

それは、「ゴム紐の先っぽに付けるのではなく、二つ折りにした辺りに付ける」ということです。

あんまり先っぽに付けてしまうと、中でブチッとちぎれてしまう場合があるからです!

紐に付けた安全ピン

だから、こんな風にゴム紐の端を折り曲げて・・・

ジャージの紐

まとめてブスッと安全ピンを通すのがコツです。

紐に通した安全ピン

うん、いい感じ♪

ゴム紐の長さが十分長いときは、どうぞこのまま通し始めてください。

だがしかし!

ゴム紐がわりと短めのときは、もう一方の端にも安全ピンを取り付けるのがおすすめ。

目的は「抜け防止」です。

安全ピンと紐

こんな具合に、ゴム紐に対して直角に取り付けてください。

安全ピンと紐

そうすれば、入口でガシっと引っ掛かってくれて、ゴム紐がスポッと抜けるのを防いでくれます。

(でも、今回のジャージは紐の長さが十分ありましたので、安全ピン1個でokでしたよ♪)

さて、安全ピンを取り付けたら、レッツ挿入!

ゴム紐に通した安全ピンを衣服の穴にズボッと入れちゃってください!!

安全ピンと紐 安全ピンと紐

安全ピンがしっかり奥まで挿入されたら、あとは突き進むだけ!

安全ピンをムギュムギュしごくのを繰り返して、ゴールを目指します。

ジャージのウエスト ジャージのウエスト

伸ばして縮めて、伸ばして縮めて。

しゃくとり虫のように ” よいしょ、よいしょ “と進んでいきます。

するとやがて・・・

頭が見えてきて~・・・

安全ピンの頭 安全ピンと紐

おぎゃーーーーー!

無事に通りました~!!

じゃじゃん。

安全ピンと紐

何の苦労も無く、元通りになりました♪

いや~めちゃ簡単ですよ、これ!

補足:代用品の中では安全ピンが最強&ズボンのウエスト以外ももちろんok!

では、最後に2つの気になる点。

  • 安全ピン以外の代用品ってあるの?
  • ズボンのウエスト以外にも使えるの?

これらについてサラッと簡単にお答えしておきますね♪

代用品の中では安全ピンが最強!

安全ピン以外にも、ゴム通しの代わりに使える日用品はあります。

  • ストロー
  • ヘアピン
  • 割りばし

この3つが有名ですね。

僕は全部試してみました。

でも、ハッキリ言ってこれらが特に安全ピンに勝る点は無いです。

どの家にもあるし、買ってもお値段安いし、使いやすいし。

僕はダントツで安全ピンをおすすめしますよ!

ズボンのウエスト以外もok

今回はズボン (ジャージ) のウエストの紐を通し直しました。

でも、もちろんズボンのウエスト以外の場所でもok

  • ズボンの裾
  • 長袖の袖口
  • パーカーの紐

衣服以外にも、ナップザックの口とか。

安全ピンが進める直径の穴なら、何でも来いです♪

最後に:安全ピン、めちゃくちゃ使いやすいので激しくおすすめします!

いわゆる「ゴム通し」って、けっこう途中で紐が外れちゃったりするんですよね。

プラスチックだと折れちゃうこともあるし。

というか、そもそも家にゴム通しが無いしw

その点、「安全ピン」ならノープロブレム!

まず外れることは無いし、金属だから折れないし。

何より、家の中に1つや2つはありますもんね。

「だぁぁぁ、紐抜けちゃったぁーーー!どうしよ、ゴム通しとか持ってないし・・・」

そんなときは、ぜひ安全ピンを試してみてください!

申し訳ないけど、もう「ゴム通し」には戻れません。

あまりの使いやすさに、ほんと感動レベルですよw

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました♪

それではまた!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】