セブンペイとは?いつから始まるか・nanacoは必要なのかをまとめて紹介【7pay:スマホ決済アプリ】

7eleven二番町

こんにちは!スマホ決済アプリにハマっているサッシ(@3104nkmr)です。

コンビニではローソンがまず「ローソンスマホペイ」というスマホ決済サービスを始めましたが、2019年についにセブンイレブンも「7pay(セブンペイ)」をリリースするとのことですよ!

このページでは、以下の内容で「セブンペイとは何か?」をまとめて紹介します。

  • 7pay(セブンペイ)とは?
  • いつから始まるの?
  • nanacoは必要なの?
  • チャージ・支払い方法は?

7pay(セブンペイ)とは?

まず、7pay(セブンペイ)とは何かをかんたんに紹介しますね。

セブンペイとは、コンビニ最大手のセブンイレブンが始める予定のスマホ決済サービスの1つです。

7pay

スマホに専用アプリを入れて「前もってチャージ・入金」か「クレジットカードで後払い」を設定して、お店のレジでスマホを見せて支払いをするというイメージでokですよ。

現金を持ち歩かないでセブンイレブンでお買い物ができるようなるということですね。(たぶんお得なポイントも付く・・・と予想しています!)

以下、記事内で名称を「セブンペイ」で統一しますね

いつから始まるの?

お次はリリースの日時です。

いつからセブンペイが使えるようになるのか、まだ2019年1月の時点では正式にはセブンイレブンから発表はありません。

7eleven二番町
▲セブンイレブン本社ビル1階の店舗

大手メディアによると2019年の春にリリース予定と報道されていますよ。



nanacoは必要なの?

続いては「nanaco(ナナコ)」についてです。

セブンイレブンと言えば、ポイントが貯まる「nanaco」が浮かびますよね。

はたしてセブンペイを使うにはnanacoは必要なのでしょうか?

まだ正式に仕組みが発表されていないので正確なことは分かりませんが、8種類のスマホ決済アプリを使い分けている僕の経験から予想すると「nanacoは不要」だと思います。

根拠はローソンがすでに始めている「ローソンスマホペイ」です。

タブレット

ローソンでポイントが貯まるカードと言えば「Pontaカード」か「dポイントカード」ですが、ローソンスマホペイを始めるときにそれらは必要ありません。

そこから考えると、nanacoカードを持っていなくてもスマホで専用アプリを入れるだけでセブンペイを使えるのではないかと思いますよ!

チャージ・支払い方法は?

チャージ・支払い方法についても触れておきますね。

ローソンスマホペイやスマホ決済アプリ(LINE PayPayPay)を参考にすると、チャージ・支払い方法は以下のようなパターンがあります。

【チャージ方法の例】

  • 銀行口座
  • クレジットカード
  • お店のレジ
  • コンビニ設置の機械(famiポートなど)
  • セブン銀行ATM

【支払い方法の例(実際のお店)】

  • QRコード・バーコード
  • プラスチック製のカード(例:LINE Payカード

チャージ方法▲LINE Payのチャージ方法

linepayカード
▲LINE Payカード

チャージに関してはオリガミペイ楽天ペイd払いのように「チャージ不要(クレジットカード利用のみ)」というタイプも存在していますよ。

コンビニ系のスマホ決済サービスである「ローソンスマホペイ」の場合は、「チャージ不要」で以下の「4つの支払い方法」が選べる形です。

【参考:ローソンスマホペイの支払い方法】

  • ApplePay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • クレジットカード

ここから予想するとセブンペイは「チャージ不要」で「ApplePay・Google Pay・楽天ペイなどのスマホ決済アプリかクレジットカードで支払い」という形になるのではないかと思いますよ。

さいごに

2019年の春のリリースが楽しみですね〜。

新しい情報が入ったら、どんどん追加していきますね!






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】