部活を休みたい生徒・先生に朗報!部活動に休養日を設けるお達しが出ました

部活が楽しい

こんにちは!教育にはうるさいサッシです。

ぶっちゃけ、先生も生徒も「部活休みたい…」って思うことってありますよね?

家族の時間が取れなくて寂しさを感じているお母さん、お父さんも然り。

そんな中、部活動に休養日を設けるお達しが出ました!

それを踏まえて、今回は「部活休みたい…」が「部活やりたい!」に変わるやり方の提案です!!


部活動に休養日を設けるお達し

先日(2017年1月6日)、文部科学省から全国の教育委員会などに向けて、部活に適切な休養日を設けることを促すお達しが出ました。

  • 適切な練習時間や休養日の設定に関する指針を策定
  • 地域のスポーツ指導者らが部活動を指導・引率する「部活動指導員」を学校教育法施行規則に盛り込む改正

こういった内容が2017年に実行されるとのこと。

basketball-hoop-1223807_1280

 

ゆとり教育・脱ゆとり教育どちらにも関わらず、いつまでたっても減らない「部活の負担」を受けてのことだと言えるんでしょうね。

学習塾やって十数年の僕も、生徒から「部活がキツくて勉強する余裕がない・・・」ってセリフを聞かない月が無いくらい。

教員やってる友人や、教員をパートナーに持つ友人からも、「平日も土日も、家族の時間が無い・・・」って嘆きをしょっちゅう耳にします!!

実は正しい「部活の休み方」がもう出ていた!?

badminton-1428046__340

今回、改めて「もっと部活の休み取ろうぜ!」っていうお知らせが出たんですが、実はもう正しい「部活の休み方」がとっくに出ていたって知ってますか!?

1997年の文部科学省(当時は文部省)による「運動部活動の在り方に関する調査研究報告」の中で、こんなことオススメしてます。

  • 中学は週に2日以上、高校は週に1日以上のお休み
  • 土日に試合や大会があるときは、平日にお休みの日を作りましょう
  • 練習時間は長くても平日は2~3時間以内、土日でも3~4時間以内

 

「・・・マジ?」ってなりますよね!?

マジで公式に推奨されてます。

これ、知らない人にはぜひ教えてあげてくださいね!!


「部活を休みたい」が「部活やりたい!」に変わる

football-1281227__340

ほんとね、適切な練習時間の方が実力って付きやすいと思います。

仕事だってそうですよね?

ただ労働時間が長い人・組織が良い結果を出しているかというと、全然そうでもない。

実際は真逆だったりするわけで。

例えば、会社だと未来工業さんなんか好例ですね。

  • 実働7時間15分
  • 残業ゼロ
  • 年間休日140日

これらを全社員に徹底しているのに、業績はずっと右肩上がり!

憧れちゃいますよね~。

部活だと、現役の中学教員の藤野悠介さんのお考え・実践を僕は尊敬しています。

  • 火曜日はオフ
  • 土日は基本的にやらない

なんと週休3日を実践しながら、藤野さんが顧問をなさる部活は「地区大会負けなし」「県大会ベスト4」等の驚異的な好成績を達成しています。

素晴らしすぎる!

tennis-178696__340

部活のやり方って、まだまだ工夫の余地がありそうですよね。

僕は部活を「仕事」に位置付けて、学校の先生以外の方に担ってもらっていいと思います。

  • 副業として外部委託
  • 平日は生徒だけの自主練、休日に外部顧問が専門指導
  • 可能であれば、平日の夜に週1~2くらい外部顧問が専門指導

例えばこんな感じだと、学校の先生も余裕が生まれてグッと幸福度が上がるんじゃないでしょうか。

授業内容やクラス運営の質を上げることにもっとエネルギーを注げるはず。

部活に関しては年末年始に親戚や友人からの質問に、中学生の長女も僕も「ん?」ってちょうど困ったところでした。

みんなでガンガン新しいやり方を提案して、先生も生徒も「部活休みたい…」から「部活やりたい!」にもっともっと変わっていってほしいなーと思います。

家族としても、それがハッピーなはずっ!

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました♪

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です