バンドルカードのリアルカードは2種類!違い・メリット・発行のやり方まとめ【VISAプリペイド:作成方法】

リアルカード作り方まとめ

こんにちは!リアルカードも作ってみたサッシ(@3104nkmr)です。

バーチャルカードに慣れたので、お次はリアルなカードを作ってみましたよ。

発行に数百円の手数料はかかりますが実際のお店でも使えるようになるのがおすすめポイントですね。

このページでは、以下の内容で「バンドルカードのリアルカード」について詳しく紹介します。

  • バンドルカードのリアルカードとは?メリット・手数用は?
  • 種類は2つ!リアルとリアルプラスの違い
  • 3つのステップでok!リアルカードの作成・発行のやり方

バンドルカードのリアルカードとは?メリット・手数用は?

まずはバンドルカードの「リアルカード」とは何かをわかりやすくまとめますね。

以下の順番でお伝えしていきます。

  • リアルカードとは?メリットは?
  • 手数料はかかるの?

リアルカードとは?メリットは?

バンドルカードの「リアルカード」とは何か?

ずばり以下のようなものですよ。

バンドルカードの「リアルカード」とは?
スマホアプリ上の存在ではなく、実際に手に取って使えるVISAプリペイドカード

はい。まぁ、名前の通りですね(笑)

Suica楽天edynanacoなどのような「使う前にチャージして支払いに使うカード」のイメージでokです。

リアルカードを作るメリットは「リアルなお店で使える」という点ですね。

バーチャルのバンドルカードはネットショッピング専用ですが、リアルカードを発行すれば街のお店でも使えるようになるんですよ。

バンドルカードのリアルカードは「VISA(ビザ)」のブランドに対応しているお店で使えます。

例えばローソン・ファミマ・セブンといったコンビニはもちろん、たいていのレストランでも利用可能です。

VISAは最も広く使われているブランドなので、かなり多くのお店で支払いできますよ!

手数料はかかるの?

プリペイドカードを作成となると、やはり以下のことが気になりますよね?

カード作成か・・・

手数料ってかかるんじゃないの!?

 
はい。その通りなんです。

バンドルカードのリアルカード作成・発行は手数料が発生します!

リアルカードは2種類あるのですが、それぞれ以下の発行手数料が必要です。

リアルカード発行に必要な手数料
  • バンドルカード リアル・・・300円
  • バンドルカード リアル+・・・600円

「バンドルカードのリアルカードを作るには手数料がかかる」と覚えておいてください。

2つのリアルカードの詳しい違いについては次の章で紹介していきますね。

種類は2つ!リアルとリアルプラスの違い

リアルカードとは何かがわかったところで、続いては2種類のカードの違いを見てみましょう。

バンドルカードには「リアル」と「リアル+(リアルプラス)」の2種類のリアルカードがあるのですが、手数料の他にも以下のような違いがありますよ。

リアルとリアルプラスの違い
【バンドルカード リアル】

  • 発行手数料・・・300円
  • 1回あたりのチャージ上限額・・・3万円
  • 残高の上限額・・・10万円
  • 累計のチャージ上限額・・・100万円
  • ガソリンスタンド・宿泊施設・海外の実店舗では使えない

【バンドルカード リアル+(リアルプラス)】

  • 発行手数料・・・600円
  • 1回あたりのチャージ上限額・・・10万円
  • 残高の上限額・・・100万円
  • 累計のチャージ上限額・・・なし
  • ガソリンスタンド・宿泊施設・海外の実店舗で使える

はい。手数料の他には「チャージ・残高上限が増える」と「使える場所が増える」という点が大きな違いですね。

「上限がそこまで高くなくていい!」「コンビニや飲食店で使うくらいかな」「海外では使わないかな〜」というならばリアルで十分です。

逆に、「上限を気にせずチャージしたい!」「ガソリンスタンド・ホテルでも使いたい」「海外にも持っていきたい」というならばリアルプラスを選ぶといいですね。

どちらのリアルカードも以下の場所では使えません。
・公共料金
・定期支払・定期購読
・保険料
・高速道路の料金
・飛行機の機内販売
・自動券売機
・本人確認(3Dセキュア)の必要な加盟店

3つのステップでok!リアルカードの作成・発行のやり方

では、実際に作ってみましょう。

注意点(?)として、アプリからリアルカード作成を申請する時点で手数料が必要ということを先に紹介しておきますね。

つまりチャージ残高がゼロではリアルカードを作れないので、必要な手数料(リアルは300円・リアルプラスは600円)をあらかじめチャージしておいてください。

手数料の金額がチャージできたら、リアルカードの具体的な作成・発行の手順に入っていきましょう。3分もかからないですよ。

スマホでバンドルカードのアプリを開いたら以下のようにタップしてください。

カード > リアル決済カード未発行
カード、未発行

「カードを発行する」をタップして進みます。

カードを発行する

ここで「リアル」か「リアル+(リアルプラス)」のどちらかに決めます。

「リアル」か「リアル+(リアルプラス)」を選択してください。

リアルカード・リアルプラスカード

するとリアルカードの発行手続きに入るので、以下の3つのステップを進めていきます。

リアルカード作成の3つのステップ
  • 発行手数料300円をチャージ
  • カードの送付先を登録
  • 注意事項を確認(読むだけ)
送付先の登録など

チャージ金額が足りていれば、じぶんの住所を登録して注意事項に目を通せばokですよ。

住所に間違いがなければ「発行する」をタップしてください。

発行する

はい。これでリアルカード発行の申請は完了です。

しばらくすると発行手数料が引き落とされ、カードステータスが「発行申請中」から「有効化待ち」になります。(トップ画面で「カード」をタップするとわかりますよ)

有効化待ち

1週間くらいで届くので、あとはのんびり待っていましょう。

お疲れ様でした〜。

まとめ

さいごに、今回の「バンドルカードのリアルカード」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • メリットは「お店でも使える」
  • 種類は「リアル」「リアルプラス」の2つ
  • 作成・発行は手数料がかかる
  • アプリから申請するだけでok

カードが届いたら「有効化」をしてはじめて使えるようになります。

アプリで「有効化」をするのを忘れないように気をつけてくださいね!






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】