これだけは!TikTokのDMについての2つの基本的なこと

メッセージ

こんにちは!TikTokは3つのアカウントを使い分けているサッシです。

よくDMは使いますか?これから初めてですか?

実は使えない人もいるなど、大事なポイントがあるんですよ!

よ〜く仕組みを知っておきましょう。

このページではTikTokのDMについて「これだけは知っておいて!」という2つのことをサクッと紹介しますね。

これだけは!TikTokのDMについての2つの基本的なこと

さっそく見ていきましょう。

TikTokのDMについては以下の2つのことだけは知っておいてほしいです!

そう、必ずDMを自由に使えるとは限らないんですよ。

それぞれ説明していきますね。

DMを送れるかは相手の設定次第

まずは「DMを送れるかは相手の設定次第」です。

TikTokのDMには受信設定があります。

「こちらにメッセージを送れる人」という意味ですね。

以下の3つから選べるんですよ。

DMの受信設定
  • おすすめの友達(※)
  • 相互フォロワーとあなたがメッセージを送ったユーザー
  • オフ

※相互フォローしているフォロワー・おすすめの連絡先・Facebookの友達

自分にメッセージを送信できる人の選択肢
▲自分にメッセージを送信できる人の選択肢

例えば相手が「相互フォロワーとあなたがメッセージを送ったユーザー」に設定しているとしますね。

その場合はこちらから一方的にフォローしてもその相手にはDMは送れないというわけです。

もちろん相手が「オフ」に設定していたら誰もその人にはDMできませんよ。

DMの利用には年齢制限あり!

受信設定に続いては年齢制限です。

実はTikTokでDMの利用には年齢制限があるんですよ。

以下のようになっています。

TikTokでDM利用の年齢制限
  • 13歳〜15歳・・・利用不可
  • 16歳〜17歳・・・「オフ」か「友達」

DM利用の年齢制限
▲DM利用の年齢制限

そもそも13歳〜15歳はDMを利用できないです。

自分のプロフィール画面などを開いてもDMのボタンが表示されませんよ。

16歳〜17歳ならば利用できますが、誰がこちらに送れるかは制限付きです。

デフォルトだと「オフ」に設定されていて、変更するなら「友達」にのみ設定可能となっています。

覚えておいてくださいね。

まとめ

さいごに、今回の「TikTokのDMについての2つの基本的なこと」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • 誰がこちらに送れるかはこちらで設定できる
  • DMの利用には年齢制限あり
  • そもそも13歳〜15歳はDM利用不可!
スマホをよく使うなら、大切な画像を残す対策はしっかりできていますか?

いつか必ず容量いっぱいになるか機種変するので、大切な思い出の写真・動画は外付けHDDに保存するのがおすすめです。

子どもや恋人とのちょっと見られたくない画像なども絶対に漏らさずに保存できますので。
(ネットにアップすれば流出のリスクが必ずあります)

ロジテックのスマホ用HDDならpc不要でスマホからケーブルを差して直接保存できるので僕はすごく気に入っています。

1万円くらいで1TB(=128GBのスマホ8台分)の大容量が手に入りますよ。

外付けhddと雪山