LINE Beaconとは?ビーコンの意味・メリット・ラインアプリの設定や店舗への設置について

linebeacon設定(Android)

こんにちは!iPhoneでもAndroidでも毎日ラインしているサッシです。

ビーコンはオンにしていますか・オフにしていますか?

「LINE Beacon・・・なんじゃそりゃ?」って感じかもしれませんが、かんたんに言えば「お店に近づくとキャンペーン情報などを受信する機能」ですよ!

意味・メリット・オフにする方法から店舗への設置の仕方まで、このページでは「LINE Beacon」について具体的にお伝えしますね。




LINE Beaconとは?意味とメリット

はじめに、LINE Beaconの意味・メリットをハッキリさせておきますね。

そもそも「Beacon(ビーコン)」とは何か知っていますか?

ビーコンとは・・・ずばり「Bluetooth発信機器」です!

ビーコンの例
▲ビーコンの例(左:Amazon,右:楽天市場)

いろいろなデザインがありますが、見た目はWiFiルーターみたいな感じが多いですね。

街のお店や企業がビーコンを設置すると、キャンペーン情報などを発信することができます。(例:ユニクロ・スタバなど)

それをわたしたちがLINEで受信できるようにするのがLINEビーコンというわけです。

linebeaconをオン
▲LINEビーコンをオン

つまり「LINEを通じてお得情報の発信・受信ができる」というのがLINEビーコンのメリットですね。

ちなみにLINEビーコンをオンにしていると「どのビーコンにいつ・どれくらいの時間つないでいたか」をLINE側が把握することは可能です。

よほど事件でもなければLINEがわざわざユーザーのビーコン情報を確認することなんてないでしょうが、「プライバシー情報を渡すのはイヤ!」と気になるならばオフに設定しましょう。

スマホ端末でそもそもLINEに位置情報を許可していないと、LINEビーコンをオンにしても受信できない場合があります。

LINEビーコンを活用したいならばスマホ設定でのLINEの位置情報はオン(許可)にしておきましょう。

Android版LINEで位置情報を出す

オン・オフは30秒でok!ラインビーコンの設定のやり方

LINE Beaconの意味がわかったところで、実際に設定してみましょう。

LINEアプリを開いたらホーム画面から以下のようにタップして進んでみてください。

ラインビーコンの設定のやり方
  1. 歯車マーク
  2. プライバシー管理
  3. 情報の提供

linebeaconの設定
▲左:情報の提供,右:LINE Beacon

するとそこに「LINE Beacon」のボタンがありますよ。

消し方・付け方は「白にすればオフ」で「緑にすればオン」です。

オフの状態からオンに再設定するときはLINEビーコンの内容への同意が求められます。

同意して利用開始
▲LINE Beaconに同意

LINEビーコンのオン・オフはいつでも自由に設定できますよ。

「お店の公式アカウントからお得情報を受け取りたいかどうか」で判断しましょう!



購入すれば設置できるの?LINE対応のビーコンの価格・費用や導入の仕方

LINE Beaconの意味設定方法がわかったところで、ビーコンの設置についても触れておきますね。

じぶんがサービスを提供している店舗側の場合、ビーコン端末を設置すればLINEビーコンで情報発信することが可能です。

ザックリ言えば「LINEビーコン対応の端末を用意してLINE公式アカウントとリンク」という流れになりますよ。

LINEデベロッパー
▲LINE Developers公式サイト|ビーコンを使う

詳しくはLINE Developers公式サイトをご覧ください。

ビーコン端末の価格は数千円くらいからあるので、そこまで購入に費用がかかるわけではありません。

もちろんビーコン端末の性能によって電波の届く距離などは差がありますよ!



まとめ

さいごに、今回の「LINE Beacon」のポイントをまとめて並べておきますね。

  • ビーコンとはBluetooth発信機器
  • お店側はLINE公式アカウントをビーコンとリンクして利用
  • ユーザー側はLINE Beaconをオンにしてお店に近づくとトークを受信!

スマホをよく使うなら、大切な画像を残す対策はしっかりできていますか?

いつか必ず容量いっぱいになるか機種変するので、大切な思い出の写真・動画は外付けHDDに保存するのがおすすめです。

子どもや恋人とのちょっと見られたくない画像なども絶対に漏らさずに保存できますので。
(ネットにアップすれば流出のリスクが必ずあります)

ロジテックのスマホ用HDDならpc不要でスマホからケーブルを差して直接保存できるので僕はすごく気に入っています。

1万円くらいで1TB(=128GBのスマホ8台分)の大容量が手に入りますよ。

外付けhddと雪山