クレカは不要ですよ!Pollet Millionカードの発行に必要な2つのもの・申請の手順をわかりやすく紹介【ポレット】

ポレットミリオン申し込んでみた

こんにちは!Pollet Millionカードを申し込んでみたサッシ(@3104nkmr)です。

実際にやってみて、事前に必要な2つのものなどがわかりましたよ!

このページでは、以下の内容で「Pollet Millionカードを手に入れる方法」をわかりやすく紹介しますね。

  • これだけは準備!カードの申請前に必要な2つのもの
  • Pollet Millionカードを発行する手順



これだけは準備!Pollet Millionカードの申請前に必要な2つのもの

まず、事前の準備を見ておきましょう。

Polletのリアルカード「Pollet Millionカード」を申請するには、ずばり以下の2つのものが必要ですよ。

Pollet Millionカード発行に必要な2つのもの
  • 本人確認書類
  • 500円以上のチャージ金額

デジタルなPolletバーチャルと違い、 Pollet Millionカードは実際のリアルなVISAカードです。

いわばちょっとしたクレジットカードみたいなものなので、本人認証は欠かせないというわけですね。

本人確認書類の種類は以下のものが対応しています。

対応している本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

僕は運転免許証にしました。何度か住所変更しているので、表門も裏面も写真を撮って送信しましたよ。

免許証裏面送信

あとは発行手数料ですね。

無料で発行できるPolletバーチャルとは異なり、Pollet Millionカードは有料です。

申請・発行のときに500円以上のチャージをすることで手数料の支払いとなりますよ。

具体的なやり方は次の章で紹介していきますね!

ぜったいに500円チャージするよ!Pollet Millionカードを発行する手順

アプリを開いたら「設定 > Pollet Millionカードを発行する」をタップしてください。

Pollet Millionカードを選ぶ画面になるので「選択する」をタップしましょう。(もちろんPollet Millionカード以外は選べません)

Pollet Millionカード発行する

すぐにアカウントが発行されますよ。5秒もかかりません。

自動的に画面が切り替わり、Pollet Millionカードの画像がど〜んと表示されます。

アカウント発行

・・・だがしかし!

この時点ではアカウントが発行されただけで、カード発行の手続きはできていないので注意です。

500円以上のチャージ(=カード発行の手数料)をした時点ではじめてカードが郵送されるんですよ。

では、続けましょう。

じぶんの好きな方法で500円以上のチャージをします。

チャージ、LINE Pay
▲LINE Payの場合は4%手数料がかかるので最低金額は512円です

チャージが完了したら、カード申請のメールアドレスを送信しましょう。

ここで送信したメールアドレス宛にPollet Millionカードの申し込みフォームが届きますよ。

メールアドレス送信

さぁ、あと少しですよ。

ポレットから送られてきたメール内のURLをタップすると申し込みフォームに移ります。

規約に同意して、次へ進んでください。

url、同意

あとは申込情報の登録です。

名前・住所などを入力して、本人確認書類の画像も送信します。

もちろん基本的には運転免許証でokです。本人確認書類は以下のものが対応していますよ。

対応している本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 身体障害者手帳
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
確認

申込情報を送信し、内容に間違いがないか確認したら完了です。

お疲れさまでした〜。

あとは2週間くらいでPollet Millionカードが送られてくるのを待つだけですよ!



まとめ

さいごに、事前に準備しておく2つのものをもう1度紹介しておきますね。

Pollet Millionカード発行に必要な2つのもの
  • 本人確認書類
  • 500円以上のチャージ金額

「免許証と500円チャージできるもの」と覚えておけばokですよ!

やっぱりとりあえず無料のカードから始めたいならばPolletバーチャルを選ぶといいですね。(Polletバーチャルは本人確認書類は不要で無料です)






【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】