叱るのがヘタでお悩みなアナタ!人生の後輩に多くを求めすぎていませんか?

「おいおい、そんなこと当たり前だろ?」

「なんでそれくらい出来ないの?」

 

こういうセリフ。

子どもや後輩に対して、つい口に出してしまいがちですよね!

 

自分からしたら常識なことの分かっていなさに、イライラ。

心の中で、「前も言ったよね、これ?」

イライライラ。

 

こめかみ辺りに怒りマークがひとつ、ふたつ、みっつ…。

 

こんな時、その場で分かるまで何度でも言うべきでしょうか?

待ちましょうね。

カツオを叱る波平さんのように、

正座で小一時間絞ってやろうか!?

 

そんな時は、グッと抑えて。

待ちましょう。

 

そこで雷落としたら、未来永劫同じことの繰り返しです。

せっかくの成長の芽をぷっつり摘んでしまいます!

ここは、じっと待ちましょう。

 

いきなりの雷様登場は、ちょっと順番が違うんです。

優先順位がもっと上のことがあります。

 

それは、叱る前にまず、自分自身に問いかけることです。

自分は出来てた?

失敗した子どもや後輩にいきなりドスを効かせる前に、

まずは私たちが自分に問いかけましょう。

 

「そいつの年齢の時、自分は出来てたか?」

 

これです!

自分のことを棚に上げていないか?

 

まずはそこから始めましょうね。

だいたい私たち、自分を最上階に上げまくりですからねw

 

「年相応」

それがポイントになってきます。

昨日の我が家の場合

事の発端

昨日、年相応を感じさせる事件がありました。

 

「ただいま~。」と僕が夕ご飯に家に戻ると、

食卓で準備している長女&三女の姿。

 

あれ?次女の姿がありません。

 

どうしたのか、キッチンのお嫁ちゃんに尋ねると、

「落ち着くまで引き離した」

とのこと。

 

どうも、次女と三女がケンカをして、

激しく両者ヒートアップしたらしいです。

 

お?

どした?!

 

話を聞いてみると、事の発端は夕方。

僕が家に戻るほんの5分前。

 

次女が夕食の準備にテーブルを拭こうと、

置いてあった透明のコップに手を掛けました。

 

するとその途端、三女が

「だめええええええええ!!!」

と叫び出したそうです!

 

あ~なるほど。

あ、ちなみに三女はまだ三歳です。

 

そのコップ、昼間に僕も一緒に置いたから、

三女が絶叫した理由がよく分かります。

 

それ、コップじゃなくて花瓶なんですよ。

実は、昼間に水入れて小さなお花を数本差してあるんです。

三女が自分で飾った、ご自慢の花瓶。

 

その宝物を、次女がどかそうとしたものだから、

反射的に「だめええええええええ!!!」となってしまったんですね。

 

納得。

 

で、それに対して次女。

「ハイハイ。ちょっと待って。拭いたらすぐ戻すからね。」

で済ませられたらいいんですが、

 

一瞬で沸点に達してしまいました!

 

ぷつーん。

 

「じゃあ、おまえがごはんの準備全部やれよ!」

ってな感じで、ブチ切れてしまったとのことです。

 

三歳児に「全部やれ」ってw

あ、次女はちなみに十歳です☆

気持ち180°ターン

そんな事件の全貌を、僕は夕食もぐもぐしながら聞きました。

(ちなみにマーボー春雨。ごはんに乗せて、まいウマだった~♪)

 

いきさつを聞いて、次女に一瞬口にしかけたんですよ。

「お前な~、幼児相手に何やってんだよ。それくらい流せよ~。」

って。

 

でも、次女の顔をみて、すぐ浮かべました。

「…まだ十歳だもんな。ついこないだまで、低学年だもんなぁ。」

さらに、次女の神妙な面持ちに気づかせてもらいました。

「本人も今自問自答してるみたいだから…よし、今は何も責めることないな。」

僕の一瞬ピクッときた気持ちも、すーっと抜けてくれました。

 

方向性を180°変えて、

「ハナ、大変だったな。いきなり私たち大人のようにはできないから、

ハナはハナなりに成長していこうな。」

と頭をなでるだけにしておきました。

(※ハナ=次女の名前です。)

 

次女も、涙目で黙って頷いていました。

マーボー春雨頬張りながら。

 

よかった、よかった。

いい日、春雨。

叱るときは、相手の立場から

僕が気を付けている習慣、

「叱るときは、まず相手の立場になってから。」

 

これが身について、本当によかったなぁと思います。

 

年齢差を無視して頭ごなしに要求しても、

子どもや後輩は途方にくれるだけですからね。

 

人生の先輩の常識を押しつけられるって、

下の世代にとっては、

いきなり宇宙の広さを突き付けられるようなもんです!!

 

年相応に、個人差も考慮していきましょうね。

 

ほら、子どもや後輩に、

「パズドラなんかやってる暇あるのか!?」

なんて威勢を張ってるアナタ!

 

アナタもその頃、おサルのようにファミコンしてませんでしたか!?

たまごっちか!?ポケベルか!?

え~と、テトリンだっけ?あの携帯できるちっちゃいテトリスか!?

 

みんな最初からオトナじゃないですからね。

 

待ってあげましょうね。

「失敗したら、その都度アドバイス」のつもりで。

 

「受け入れられる器」が備わる時がきっと来ますからね!

 

おいしいごはん食べて、じっくり待ちましょうね。

いい日、春雨。

 

じゃあ、今回はこんなところで!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。

「まいうま」のダンナの方、サッシーがお送りしました。

それではまた。

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】