実は超老舗!久米島の沖縄そば屋「三坊」の激レア創作メニューを狙え!

そば

こんにちは!沖縄移住5年目のサッシ(@3104nkmr)です。

沖縄そばの創作メニュー、いろいろ試したことありますか?

コシのある沖縄そばの麺で作るパスタ「そばすた」とか絶品なんですよねー。

島でも一・二の歴史を誇る老舗なのに、いつも果敢に創作新メニューに挑戦している名店が久米島にあるんです!

今回は久米島の沖縄そばの名店「三坊」を紹介します。

キレイな店構えと老舗の味のギャップがたまらないんですよ♪


「三坊」は意外とオーシャンビュー!外観と内装はこんな感じ。

ではでは。

まずは「外観」と「内装」を紹介しますね。

「三坊」の外観

久米島の沖縄そばの名店「三坊」は、島の西半分の「具志川」エリアにあります。

何度かの移転を経て、現在は「あじまー館」という町の施設の中に入っています。

あじまー館

海岸からちょっと坂を上ったあたりに位置しているので、敷地は意外とオーシャンビュー!

お店前の広場でのんびりできるので、食後にベンチに座って風に吹かれるのが気持ちいいんですよ。

あじまー館

うちの娘はここ大好きで、遊び始めるとなかなか帰れませんw

 

「三坊」の内装

「三坊」は、駐車場から敷地内に入ってすぐ左手にあります。

三坊

では、ご入店~。

強風対策 (?) で重めなドアを手動でガラガラっと開けると・・・

 

 

三坊

じゃじゃん!

中はこんな感じで明るくスッキリ。

長~い丸テーブル (?) が中央にどーんとあり、周囲に4人がけのテーブルが4組あります。

三坊 三坊

今回、ブログ掲載して良いかお店に聞いたところ、店主さんは「どうぞどうぞ、インスタ映えしない店ですけどw」とおっしゃっていましたが、いやいや!

沖縄そば屋の中ではかなり清潔感がある店内なので、めちゃ好感度高いと思いますよ!!

真新しい感じの見た目とは裏腹に、実は「三坊」自体は久米島の沖縄そば屋の中では一・二を争う超老舗。

島のお年寄りの常連さんも数多いんですよ。

僕の借りている家の大家さんも、島外から戻ると必ず顔を出してます。

 

「三坊」のメニュー

では、「三坊」のメニューを紹介しますね。

通常メニュー

通常メニューはこんな (↓) 感じです。

メニュー メニュー

王道の味を試したい人は、やっぱり「沖縄そば (三枚肉のそば) 」か「ソーキそば」がオススメですね。

両方のいいとこ取りしたいなら、三枚肉とソーキ肉の両方乗せも選べますよ。

お腹の余裕があれば、沖縄名物の炊き込みごはん「ジューシー」もぜひ♪

限定メニューもアツい!

僕が「三坊」でイチ押しな点。

それが、豊富な限定メニューたちです!

メニュー

こんな (↑) 感じでお店の前に日替わりメニューが掲示されるので、必ずチェックしてくださいね!

今回は、

  • 日替わりそばの「アーサそば」
  • 日替わり定食の「三枚肉丼」

という限定メニュー2つを味わってきたので紹介します♪

あ、夫婦&4歳の三女で行ったので、僕一人で食べたわけじゃないですよw

まずは「アーサそば」。

アーサそば

そばの上には、なんとコク旨な「あげ玉」がぎっしり!

アーサそば

久米島の特産品である「アーサ (= あおさ。青のり。)」と麺を一緒に口に運ぶと、絶妙な塩っ気の ” 海鮮沖縄そば ” という感じでめちゃくちゃ美味しかったです!

そして、こちら (↓) は「三枚肉丼」。

三枚肉丼

いつもは「沖縄そば」に乗っている豚の三枚肉が、なんとご飯の上にたーーーっぷり!

肉系のどんぶり好きにはたまらないボリューム丼です!!ぶひひっ。

そば もずく

こんな (↑) 具合に日替わり定食には、「ミニ沖縄そば」や「小鉢 (今回はモズク)」が付いてくるのが僕はお気に入りです。


最後に:「三坊」は数少ない完全にオリジナル麺の名店!

ちなみに、「三坊」の入っている「あじまー館」は駐車場スペースがけっこう広々。

あじまー館

今まで僕はランチタイムでもクルマを駐車できなかったことは無いので、レンタカーで行く方にもオススメのお店ですよ。

久米島の沖縄そば屋の中でも、「三坊」は完全にオリジナルの自家製麺を毎朝打っている貴重なお店。

そば

キレイな店内で、老舗の味や斬新な「創作沖縄そば」をぜひ味わってみてくださいね!

ではでは、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】