移住マニアが移住を歓迎している町を格付け”イジュラン”!青木村、青森市、阿賀町編

青木村

こんにちは!移住4年目になりました、サッシです。

なんと、昨日はご縁あって、沖縄県の移住関連事業の方々に「移住した家族」として写真を撮ってもらいました!ポスターの写真素材の候補だそうで。載るかどうかはお楽しみ♪

「今の環境、変えてみたいなぁ」と思っているみなさん。

「移住って興味あるけれど、どこから手をつければいいのかな・・・」なんてお困りではありませんか?

そんなアナタのために!実際に「カネ無し」「コネ無し」「仕事無し」だけど「子ども3人あり」で東京から沖縄に移住した僕がオススメする移住サイト格付けガイド、それが「イジュラン」!!

移住の本を読み漁って、移住のサイトを穴の空くほど見てきた僕が、全国の市区町村をあいうえお順に紹介していき、各市区町村がどれだけ移住・定住促進に向けて熱意を持っているかをwebサイトやSNS等から勝手に格付けしていきます!

あくまで第三者の視点から、そして移住経験者の立場から評価していきますので、良いところもイマイチなところも遠慮なく言わせていただきますよ!移住に少しでも興味をお持ちのアナタのお役に立てれば幸いです。

では今回は、「青木村」、「青森市」、「阿賀町」です!!


青木村

トップバッターは長野県の青木村です。読み方は「あおきむら」ですね。

青木村の風景

画像出典:青木村プロフィール/青木村役場公式サイト

まずは、基本情報から!

基本情報

面積は約60㎢、人口は約4,300人。

小学校は1つ、中学校は1つ、高校はありません。公立病院はありませんが、役場の近くに診療所がありますね。上田市や松本市に隣接していますので、大きな病院が必要な際はそちらが利用できます。

鉄道は走っていません。バスやマイカーが交通手段となります。

道の駅あおき」は2015年オープンでまだまだ真新しい道の駅ですね。信州名物のそば打ちやおやき作りが体験できる「ふるさと体験館」や長野の材木をふんだんに利用した温かみに溢れた雰囲気の休憩所「味処こまゆみ」を併設。

道の駅こまゆみ

画像出典:味処こまゆみ/道の駅あおき公式サイト

ブルーベリーに似た形で、「山の黒真珠」とも呼ばれる希少な植物「コンパラ」のジャム等が並ぶ農産物加工所「みかえりの郷」では、季節になると立派な松茸も!

移住サイトチェック!

では、青木村の移住サイトをチェックしてみましょう。

「青木村 移住」で検索!タターン!

ふむふむ。

独自の移住サイトは無いようですね。

総務省の「全国移住ナビ」に加えて、一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」にも登録しています。信州への移住を促進するサイト「田舎暮らし楽園信州」にも登録がありますが、役場のサイトへのリンクが貼ってあるだけですね。

Facebookは、特に移住促進向けのページは無く、青木村のゆるキャラ「アオキノコ」のページがあるだけです。アオキノコちゃんがなかなかの頻度で青木村のイベント情報等を丁寧に発信してくれています。

アオキノコちゃん

画像出典:アオキノコちゃんの部屋/青木村役場公式サイト

YouTubeは・・・お!

おお!?

信州・青木村移住定住促進映像」ですって!

 信州・青木村移住定住促進映像opening

画像出典:YouTube/信州・青木村移住定住促進映像

お~こういう直球勝負なタイトルの動画、久しぶりです。いいですね~。

どれどれ内容は・・・

-視聴中-

・・・ほうほうほう。

なるほどねー。うん。

すごくいいじゃないですか!

別にストーリーや映像のダイナミックさはいたって平凡な3分48秒なんです。でも、何が良いかって言うと、「移住のターゲットを明確にしているところ」がいい!

前半は、子育て・教育への行政の施策をテキストで表示。後半は、児童センターを舞台に利用している子ども、スタッフ、地域おこし協力隊員、そして震災がきっかけで移住してきた親子へのインタビューという構成で流れていき、「子育て世帯いらっしゃい!」というアピールポイントがこの上なくハッキリしています

いや~素晴らしいと思います。いいもの見せていただきました。

ちなみに、動画の最初の方では、移住の雑誌の定番「田舎暮らしの本」の「日本一住みたい『村』no.1になりました!」とのPRがきらーんと輝いております☆なるほど~。

青木村移住定住促進映像

画像出典:YouTube/信州・青木村移住定住促進映像

独自サイトは無いですが、役場の公式サイトのトップページには「定住・移住」や「青木村で暮らす」のバナーがしっかり表示されており、好印象です。

青木村、定住・移住

画像出典:青木村役場公式サイト

ただ、サイト内のリンクがうまくつながっていないのはちょっと残念です。

例えば、「ひとり親家庭の移住・定住支援」のページとか「青木村 定住・移住支援パンフレット」のpdfとか、具体的な内容かつレイアウトも見やすくてすごく良いのですが、トップページから入る「定住・移住」や「青木村で暮らす」のページからは辿り着けないんですよね。検索掛けないと見つけられない。

わざわざ検索窓にキーワード放り込んで検索する人って案外少ないので、分かりやすくリンクが貼られているともっと良いですね。

でも、定住・移住促進への意思表示がしっかり伝わる役場公式サイトだと思います。

青木村の星の数

では、移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

いきますよ?

 

青木村は……星二つです!!!

 

わーーーパチパチパチ。

独自の移住サイトは無いけれど、「ターゲット層を明確にした移住・定住促進動画」と「移住促進を表明している役場の公式サイト」が高評価です。

移住歓迎と言っても、「シニア世代歓迎」「ITベンチャー歓迎」等、様々な対象が存在します。あれもこれも歓迎という曖昧な態度でなく、「うちは子育て世帯を中心に歓迎します!」という方針を明確にしてパワーを注いでいる点が素晴らしいと思います。

あとは、「うちはこういう想いで移住・定住歓迎に取り組んでいますよ!」っていう熱いメッセージをもっと分かりやすくどーんと文字にして打ち出してほしいところですね。

行政の施策もいいものが揃っているので、ぜひ独自の移住サイトを起ち上げてさらに展開していってほしいと思います☆☆

青森市

では、続きましては青森県青森市です。お~県庁所在地の登場です!

八甲田山

画像出典:どんなまち?青森市/青森市公式サイト

読み方は「あおもりし」ですね。

まずは基本情報から!

基本情報

面積は約820㎢、人口は約285,000人。

小学校は45、中学校は19、高校は10校。私立校も、大学もあります。病院は市民病院がありつつ、他にも大きな病院もあり、充実しています。

鉄道は、新幹線の停車駅の新青森駅を中心にJRの路線が敷かれています。JR以外にも、地元に愛される青い電車「青い森鉄道」も走っています。

青い森鉄道

画像出典:青い森の車窓から / 青い森鉄道 公式サイト

市内に青森空港もあるので、交通の便はばっちり。

もちろんリンゴが名産ですが、実はカシスも有名で、青森市が国内シェアの9割を占めています。

8月のねぶた祭りは全国的に有名で、毎年200万人以上が訪れる一大イベントです!

僕も幸運の鈴、拾ってみたいな~♪

移住サイトチェック!

それでは、青森市の移住サイトチェックに参りましょう。

「青森市 移住」で検索ぅ!スタタン!!

え~と、ふむふむ。独自の移住サイトは無いですね。

総務省の「全国移住ナビ」に加えて、青森県の移住・交流ポータルサイト「あおもり暮らし」から青森市移住パンフレットのpdfが手に入れられます。一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」には参加していないようですね。

役場の公式サイトのトップページから、「くらしのガイド>住まい>移住・定住」と進んでいくと、移住・定住関連のリンクが並んだページへ行けます。箇条書きで行政の施策が並んでいる感じです。

青森市公式サイト移住・定住

お、お、お。

PR動画を作成しましたですって!

青森市移住促進PR動画を作成しました!!

青森市移住促進PR動画

こういう分かりやすい宣言がいいんですよね~。移住を考えている人は、こういう言葉から素直に「あ、ここは移住促進してるんだな~」っていうのを感じられます。

じゃあ観てみましょうね~どれどれ・・・

-鑑賞中-

・・・お~なるほど。

うん。うん。

いいじゃないの!

今回のイジュランのトップバッター長野県の青木村同様、ターゲットを絞って作ってあるのがいいですね。

なんと三本あるのですが、一本目は「独身の若者」、二本目は「子育て世帯」、三本目は「シニア」にそれぞれ訴える構成となっています。

さすがリンゴの国、一本目は開始18秒、二本目も18秒、三本目は10秒でリンゴが登場しますw

でもこれ、YouTubeへのリンクがあるけれど、リンク先のYouTubeの青森市公式ページを開くと何も入っていないんですよね。ん~こりゃあかん。ぜひ役場内サイトへの埋め込みだけでなく、いち早くYouTubeにも公開にして広めてほしいと思います。

こういう、メディアへの露出へは熱を込めたほうがいい。例えば、ねぶた祭りの動画を見る人って結構多いので、YouTubeに青森市の移住・定住PR動画をアップしておけば、関連して表示される可能性が高いです。「へ~こんなの作ってるんだ」って思って、観てみる人って多いと思いますよ。

あとは、Facebookには地域おこし協力隊の方々のページがありますね。

青森市の星の数

はい。では、格付けタイムに参りましょうか。

移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

準備はいいですか?

 

青森市は……星二つです!!!

 

ひゅーーーどんどんどん!

ターゲットを明確にした移住PR動画が高評価です。サイトやパンフレットはもうちょっと作り込んでほしいところです。いわゆるお役所仕事な感じで、あまり作り手の熱が伝わらないので、メッセージやデザインにもっと独自性を出してほしいと思います。

ちなみに、“美女と野獣カップル”こと、アテネ五輪柔道銀メダリストの泉浩さんと女優の末永遥さんご夫婦が青森市に移住されて、その様子がテレビ番組等で取り上げられて話題だそうですね☆☆

阿賀町

では、今回のイジュランのラストを飾るのは新潟県阿賀町です。読み方は「あがまち」ですね。

奥阿賀紀行

画像出典:阿賀町観光ルート紹介 奥阿賀紀行(狐火伝説の郷)

星二つが続いた中、どんな戦いをみせてくれるのでしょうか!?

まずは基本情報からいってみましょう!

基本情報

面積は約950㎢、人口は約11,000人。

小学校は7つ、中学校は3つ、高校は1つです。県立病院があり、町営の診療所もあります。

JR東日本の磐越西線が通っており、「豊実駅」「日出谷駅」「鹿瀬駅」「津川駅」「三川駅」「五十島駅」「東下条駅」が利用できます。

道の駅阿賀の里は日本百景の一つに選ばれている阿賀野川のライン下りの船着き場にもなっており、ドライブの休憩がてら阿賀野川の渓谷美も楽しめちゃう珍しい道の駅です。

毎年5月3日に開催される「狐の嫁入り行列」が有名ですね。

狐の嫁入り行列

画像出典:観光案内 / 阿賀町役場

祭りの最中は、行列の参加者はもちろん、なんと警察官や機動隊の方々まで狐のメイク!

楽し気でいいですよね~♪

移住サイトチェック!

では、阿賀町の移住サイトをチェックしてみましょう!

「阿賀町 移住」で検索~!スターン!!

ふむふむ。独自の移住サイトはありませんね。

役場の公式サイトのトップページに「定住支援・ふるさと応援寄付」の表示があるので、そこに集約されているようですね。

定住支援・ふるさと応援寄付

では、「定住支援・ふるさと応援寄付」を覗いてみましょう。

ポチっとな。

阿賀町定住支援・ふるさと応援寄付

 

 

画像出典:田舎暮らしを満喫!阿賀町定住支援・ふるさと応援寄付

お、お~なるほど。

・・・うん。いいですね!充実したメニューです!

特に素晴らしいのが、「住宅・土地情報」と「求人情報」。具体的な案件がずらーっと一覧されているのは、移住・定住希望者には非常にうれしいです

こうやって具体的に掲載されている市区町村って、まだまだ少ないんですよね~。

痒い所に手が届く感じです♪

でも逆に、定住体験住宅は「休止中」、イベントは「準備中」、メールマガジンにいたってはリンク先のページが全体的に文字化けしまくっていて機能していないのが残念です。

「U・Iターン体験談」は5家族分が掲載されており、いい感じです♪

その他の移住メディア

役場のサイト以外では、総務省の「全国移住ナビ」に加えて、一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」、新潟県の移住ポータルサイト「にいがた暮らし」に登録がありますね。

YouTubeには特に動画は上がっていませんが、Facebookには地域おこし協力隊の皆さんのページがあります。

阿賀町の星の数

では、格付けタイムに参りましょうか。

移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

準備はいいですか?

 

阿賀町は……星二つです!!!

 

おめでとう~パチパチパチ!

具体的な案件が一覧されている「住宅・土地情報」と「求人情報」がいいですね。やっぱり移住希望者が気にするのは「住むところ」と「仕事」ですからね~。

「イベント」や「メールマガジン」等、機能していないページがある点や、サイトのデザインや移住誘致への熱いメッセージ等の点はまだ改良の余地ありだと思います。

独自サイトが立ち上がるともっといいですね☆☆

まとめ

いかがだったでしょうか、移住サイト格付け「イジュラン」。

今回は、

青木村(長野)…☆☆

青森市(青森)…☆☆

阿賀町(新潟)…☆☆

という結果になりました!

おぉ~見事に星二つが並びました。今回はハイレベルな戦いでしたね♪

以上は2016年9月現在のデータを基にお伝えしています。最新情報との食い違い等ありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

東京から沖縄に移住した我が家は、行政の支援ゼロで自力で家を見つけ、仕事は自営業を始められましたが、ほんとラッキーでした。市区町村の支援は、あるに越したことはありません!移住のハードルは低ければ低いほうが、人の流れが活性化して良いです。

概して、移住者を歓迎してくれるところは、webサイトやSNSを心を込めて作っています。そうやって情報発信に努めてくれている市区町村が、移住者への支援が手厚い確率は高いですよ。

ちょっとでも移住に興味のある方。移住サイト格付け「イジュラン」が少しでもお役に立てれば光栄です。

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。

「昔行ったあそこ、移住先として人気みたいだよ~」とか教えてくれたらうれしいです!

「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました。

それではまた!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】

【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です