移住マニアが移住・定住歓迎な町を格付け”イジュラン”!阿久比町、粟国村、阿久根市編

こんにちは!沖縄移住4年目のサッシです♪

「今の環境、変えてみたいなぁ」と思っているあなた。

「移住って興味あるけれど、どこから手をつければいいのかな・・・」なんてお困りではありませんか?

そんなあなたのために!実際に「カネ無し」「コネ無し」「仕事無し」だけど「子ども3人あり」で東京から沖縄に地方移住した僕がオススメする移住支援サイト格付けガイド、それが「イジュラン」!!

移住の本を読み漁って、移住支援のサイトを穴の空くほど見てきた僕が、全国の市区町村をあいうえお順に紹介していき、各市区町村がどれだけ移住・定住促進に向けて熱意を持ってインターネットで情報発信しているかをwebサイトやSNS等から勝手に格付けしていきます!

あくまで第三者の視点から、そして移住経験者の立場から評価していきますので、良いところもイマイチなところも遠慮なく言わせていただきますよ!

移住に少しでも興味をお持ちのあなたのお役に立てれば幸いです。

今回は、「阿久比町」、「粟国村」、「阿久根市」です!


阿久比町の地方移住支援

まずトップバッターは愛知県阿久比町です。読み方は「あぐいちょう」ですね。

阿久比町のHP
画像出典:阿久比町公式サイト

阿久比町の基本情報

では、まずは阿久比町基本情報からいってみましょう!

面積約24㎢人口約28.000人

学校の数は次のようになっています。

  • 小学校・・・4
  • 中学校・・・1
  • 高校・・・・1

医療機関は町営の総合病院はありませんが、内科は豊富ですね。隣接する知多市・常滑市・半田市にはもっと大きな病院もあります。

鉄道は名鉄河和線が通っており、中心となる駅は「阿久比駅」ですね。

大都市の名古屋までは電車や車で30分くらいで出られてアクセス抜群!

阿久比町のゆるキャラは、ヘイケボタルをモチーフとした「アグピー」です。

アグピー
画像出典:ゆるキャラグランプリ オフィシャルサイト | アグピー

ちょこんと生えた青い羽根がとってもキュート♪

町内にある権現山はなんと童話「ごんぎつね」の舞台なんだそうです!

阿久比町の移住支援サイトチェック!

では、阿久比町の移住支援サイトをチェックしてみましょう。

阿久比町 移住」で検索!

阿久比町移住で検索したスクショ画面

さて・・・。

ふむ。ふむふむ。

なるほど~分かりました。

・・・無い。

移住情報ほぼ無しです!

独自サイトはもちろん、町の公式サイトの中にも特に移住関連の情報は見当たりません!!

でも、それも納得。

なんと阿久比町、人口増え続けているんですっ!

人口ビジョンのグラフ
画像出典:阿久比町 まち・ひと・しごと創生総合戦略

う~ん、すごい。

こりゃまだまだ移住支援に力入れる必要も無さそうですね・・・。

はい、ではチェック終了~w

阿久比町の星の数

では、格付けタイムに参ります。

移住支援サイト格付イジュランの評価を発表します!

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

では、いきますよ?

阿久比町は・・・・・・

 

星無しです!

 

・・・え~と。阿久比町さん、ぜんぜん気にしないでください。

まだ移住支援に力入れる必要が無いからという理由の星無しですので。

むしろ、こちらが失礼いたしましたという感じですw

移住関連のSNSは特にありませんが、町を応援している阿久比ほたるちゃんのTwitterは必見です!

阿久比町を含む愛知県の知多半島を”萌えおこし”で応援しているユニット「知多娘。」のメンバーの一人です♪

阿久比町、いい意味での星無しでした。

粟国村の地方移住支援

では、続きましては沖縄県粟国村です。読み方は「あぐにそん」ですね。

粟国村公式サイトトップ
画像出典:粟国村 公式サイト

粟国村の基本情報

まずは粟国村基本情報からいってみましょう!

面積約8㎢人口約750人

那覇から北西に約60kmの位置にある離島ですね。

学校は「粟国村立粟国小中学校」ただ1つです。

医療機関は診療所が1つ、歯医者さんが1つ。大きな病院が必要な際は那覇まで船か飛行機で出る必要がありますね。

美しい海に囲まれているので「粟国の塩」が特産品として知られています。

僕も友人からお土産にもらったことあります。

僕が暮らしている久米島から肉眼で見える島ということもあり、親近感たっぷりです♪

粟国村の移住支援サイトチェック!

では、粟国村の移住支援サイトをチェックしてみましょう。

粟国村 移住」で検索~!

粟国村移住で検索

ふむ・・・。

ふむふむ。なるほど。

はい。

特に移住情報は無いですね。

むしろ、村の公式サイトで「移住の斡旋は行っていません」と明言しています。

粟国村のよくある質問
画像出典:粟国村 公式サイト | よくある質問

小規模な離島ですので、なかなか難しいですね・・・。

特に移住関連のFacebookやTwitterも無いようです。

粟国村の星の数

では、格付けタイムに参りましょうか。

移住支援サイト格付イジュランの評価を発表します!

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

では、いきますよ?

粟国村は・・・・・・

 

星無しです!

んんんんん。今のところまだネット上での情報発信はほぼ無いので、仕方がないですね。

1994年には「粟国村若者定住促進条例」が制定され、結婚祝い金30,000円や新築祝い金100,000円の交付といった支援もなされています。(5年以上継続して定住する意思のある人が対象)

都市部での移住促進イベントに参加や、村内の公営住宅の整備もされていっているようなので、移住者を募集してはいると思われます。

これからネット上でも情報発信が進んでいくのかもしれませんね。

阿久根市の地方移住支援

今回の最後を飾るのは、鹿児島県阿久根市です。読み方は「あくねし」ですね。

阿久根市公式サイトトップ
画像出典:阿久根市 公式サイト

阿久根市の基本情報

では、まずは阿久根市基本情報からいってみましょう!

面積約130㎢人口約21.000人

学校の数は次のようになっています。

  • 小学校・・・9
  • 中学校・・・4
  • 高校・・・・1

医療機関は市民病院はありませんが、総合病院もあって病院は豊富ですね。

鉄道は肥薩おれんじ鉄道が通っており、中心となる駅は「阿久根駅」です。

阿久根市のゆるキャラは、シカをモチーフとした「阿っくん」。

akkun
画像出典:ゆるキャラグランプリ オフィシャルサイト

耳のハートがチャームポイント。永遠の3歳の男の子です♪
阿久根市は温暖な気候で、自然の恵みもいっぱい。「アクネうまいネ自然だネ」のキャッチフレーズで全国に名を馳せています。

うに丼祭り」とか「伊勢えび祭り」なんて素敵なものもあるんですよ!

め、めっちゃ行きたい!

阿久根市の移住支援サイトチェック!

では、阿久根市の移住支援サイトをチェックしてみましょう!

阿久根市 移住」で検索っ!

阿久根市移住で検索

おっ!なんかイイ感じ。

どれどれ~。ふむふむ。

なるほどー。

独自の移住支援サイトはまだ無いですね。市の公式サイト内に集約されています。

阿久根市移住定住促進補助金

移住して家を新築・増改築する人に向けた「移住定住促進補助金」、父母と同居か近くに新築する人が対象の「地域支え合い定住支援補助金」等の移住支援が用意されていますね。

うん、見づらくはないけど、イラスト・写真・図表や具体例もなく、ちょっと味気ない感じです。

おおっ!「移住コンシェルジュ」の文字が!!

移住定住コンシェルジュ

あ、ちょうどこれから (2017年から) 起ち上げようといところなんですね!

いいですねー。

移住情報はざっとこんな感じです。

移住関連のSNSとしては、地域おこし協力隊のみなさんがFacebookでもりもり活動を報告してくれているのが好印象です♪

阿久根市の星の数

では、格付けタイムに参りましょう。

移住支援サイト格付イジュランの評価を発表します!

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

では、いきますよ?

阿久根市は・・・・・・

 

 

星一つです!

わー!パチパチパチ!

独自サイトはまだ無いとはいえ、地域おこし協力隊を募集して移住定住コンシェルジュを起ち上げていこうという取り組みに熱意を感じます。

阿久根市のこれからに期待です☆

今の環境を変えるために

いかがだったでしょうか、移住サイト格付け「イジュラン」。

今回は、

阿久比町(愛知)…無し

粟国村(沖縄)…無し

阿久根市(鹿児島)…☆

という結果になりました!

今回は独自の移住支援サイトを持っているところが一つも無いのが印象的です。ん~イジュラン史上初めてかも?

以上は2017年2月現在のデータを基にお伝えしています。最新情報との食い違い等ありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

今の環境を変える第一歩として、転職支援サイトを覗いてみるのもオススメですよ。

ワークポート」や「DODA」は移住希望者にも力を入れてますね。
>>ワークポートの転職コンシェルジュ
>>転職ならDODA

レバテックキャリア」はIT・Web系に特化しています。
>>レバテックキャリア

知識と技術に自信のあるフリーランスの方は、「ギークスジョブ」もいいですよ。
>>IT系フリーランス、フリーエンジニアの仕事探しは【ギークスジョブ】

市区町村の就職情報に加えて、民間の情報も併用すると選択肢もぐっと広がって効果的です。自分の理想のライフスタイルのイメージがもっとハッキリしてくると思いますよ。

自分の適性を見つめ直したい人は、「リクナビネクスト」の「グッドポイント診断」をしてみるのがオススメ。新しい自分が見つかって面白いですよ。

東京から沖縄に移住した我が家は、行政の支援ゼロで自力で家を見つけ、仕事は自営業を始められましたが、ほんとラッキーでした。市区町村の支援は、あるに越したことはありません!移住のハードルは低ければ低いほうが、人の流れが活性化して良いです。

概して、移住者を歓迎してくれるところは、webサイトやSNSを心を込めて作っています。そうやって情報発信に努めてくれている市区町村が、移住者への支援が手厚い確率は高いですよ。

ちょっとでも移住に興味のある方。移住支援サイト格付けガイド「イジュランが少しでもお役に立てれば光栄です。

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました♪

それではまた!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】

【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です