えびタコも!ジェラートも!「大原漁港 港の朝市」はメニュー豊富で楽しすぎる【千葉県いすみ市】

こんにちは!サッシ(@3104nkmr)です。

漁港でワイワイと食べる「たこしゃぶ」に「伊勢エビ」・・・最高ですよね?

千葉県いすみ市の「大原漁港 港の朝市」がめちゃ楽しかったので、画像たっぷりに徹底的に紹介します!

ファミリーもカップルも、たくさん来てましたよ♪

 


 

【千葉県いすみ市】「大原漁港 港の朝市」の概要

「大原漁港 港の朝市」って?

まずは、「大原漁港 港の朝市」をザッと紹介しますね。

「大原漁港 港の朝市」は、千葉県の南東部(九十九里浜の下の先っちょ)にある「いすみ市」の漁港で開催されている朝市です。

いすみ市の商工会の皆さんが、地域振興を目的に始めたそうですよ。

漁師さんたちの海産物はもちろん、地元のお米や野菜や乳製品を使ったメニューも豊富に出店されているんです!

 

日時は?

日時は、「毎週日曜の8時〜12時」の開催です。

最初は第3日曜日だけだったのが、「もっとやってよ!」という声が多かったため、やがて第1・第3日曜日の隔週になり、ついには毎週開催になったそうです。

おお〜愛されながら拡大していく、理想的なカタチですねっ!

 

アクセスは?駅から徒歩はこんな感じ!

会場となる「大原漁港」までは、都心からクルマで2時間くらいです。

電車の場合は、最寄駅のJR外房線「大原駅」から徒歩20分くらい。歩いて十分行けますよ。

僕は今回は歩いて行ったので、駅からの道順を以下で紹介しますね。

まずは、電車で「大原駅」に到着。

 

大原駅の唯一の改札を出たら、すぐ右に曲がってください。

「いすみ鉄道 大原駅」の前を通過しつつ、線路を右手に茶色っぽい道をしばらく直進します。

やがて「T字路」に突き当たるので、右へ。

すぐに踏切があるので、通過します。

踏切を越えたら、ひたすら直進してください。

道路標識にも出ているので安心です。

15〜20分くらい歩くと、だんだん海が見えてきて・・・

漁港の駐車場に到着!

ここまで来ると、海猫の「ミャーミャー」って鳴き声もバッチリ聞こえます!

う〜ん、漁港っぽい〜♪

港を眺めつつ、駐車場の奥まで歩いて行くと「大原漁港 港の朝市」の会場です。

駐車場が「港の朝市」になっている場合もあります。

 

えびタコも!ジェラートも!朝市で出会える豊富なメニューをとことん紹介

ではでは。

ここからは、実際に「大原漁港 港の朝市」で出会える豊富なメニューたちを紹介しますね!

目で見てもらったほうが伝わると思うので、まずは以下の画像たちをどうぞ!!

最初は、「海産物系のメニュー」から。

うひょー、見てるだけで楽しいっ!

続いて、海産物以外の「その他」のメニューです。

う〜ん、ジェラートやコーヒーまで楽しめるとは。

たまりませんね〜。

海産物系では、生や干物で魚が買えるのはもちろん、フライやラーメンになったりもしていて、この場で「自分では出来ないアレンジ」で味わえちゃうのが嬉しいですね。

ちなみに、買った海産物は、無料でセットを借りてBBQも楽しむことも出来るんですよ!

こ、これは楽しいっ!

港のマーケットならではですね〜。

出ている店舗は毎回微妙に変わります。

第三日曜日が出店数は多い傾向にあるそうですよ!

 

超人気メニュー「たこしゃぶ」は1〜3月限定の激レア!

この「港の朝市」に訪れた時、僕は大原名物の「タコ飯」を食べようと思っていたんです。

でも、知り合いから、

Aさん
「タコしゃぶ」は期間限定で、この時期だけなんですよ〜。

という情報をゲット。

なんとこの日は2018年の「たこしゃぶ」開催の最終日!

そ、そりゃ食べなきゃあかん!!

そんなわけで、この日のランチは「たこしゃぶ」を頂くことにしました。

ここでは、自分で調理する「セルフたこしゃぶ」が楽しめるんです。

まず、出店で注文すると、以下のセットを渡してくれます。

会場に設置してあるテーブルに「ポット」と「金属の鍋」があるので、まずポットから金属の鍋にお湯を投入。

そのお湯を、「アルミの鍋」に移して、コンロで火にかけます。

お湯がグラグラしてきたら準備ok!

鮮度抜群なタコちゃんをしゃぶしゃぶして、特製のタレにちょんとつけて・・・

いただきまーす!

くぅぅぅ!

ぷりっぷりな歯ごたえがたまりません!!

この日は、「タコしゃぶ」に加えて、地元産のお米「いすみ米」を使ったおにぎりも一緒にランチにしました。


▲イスとテーブルは豊富にありますよ

「たこしゃぶ」に「たこむす」という ” たこ尽くし ” ・・・極楽です。

 

まとめ

うー、楽しかったー!

最後に、今回ご紹介した「大原漁港 港の朝市」のポイントをまとめておきますね。

  • 毎週日曜日の8〜12時に開催
  • クルマで都心から2時間。最寄駅からは徒歩15〜20分くらい
  • 駐車場は無料。トイレもあり。
  • 海産物から野菜・スイーツまで豊富!
  • 「たこしゃぶ」は1〜3月の限定

お客さんは、地元の人より観光客が多い朝市です。

だから、「地元民だらけの渋い朝市で超激安に海産物をゲットしたい!」というより、「豊富なメニューと活気のある雰囲気を楽しみたい!」って人に向いてますね。

もちろん、魚も伊勢エビもタコも、都内で買うよりは格安ですよ。

日曜日に九十九里浜の辺りに来たときは、ぜひ立ち寄ってみてください。おすすめです!