ハーリーピーポーに君もならないか!?「ハーリー」は、沖縄に移住して伝統行事デビューするのにおすすめ!

こんにちは!沖縄移住5年目のサッシ(@3104nkmr)
です♪

ハーリーって知ってますか?

イギリスの魔法使いみたいな名前ですが、ちょっと違います。

一言で言えば、

「沖縄の真っ青な海を舞台に繰り広げられる伝統的な船のレース!」

といったところです。

これがね~めちゃ楽しいんですよ!

5月の沖縄はもう夏みたいなもんなので、子どもも大人もザブっと海で濡れまくって超気分爽快!!

沖縄の梅雨を吹き飛ばす超オススメ伝統行事なので、紹介しますね。

僕が住んでいる久米島 (沖縄の離島) の様子です♪


ハーリーピーポーに君もならないか!?「ハーリー」は、沖縄に移住して伝統行事デビューするのにおすすめ!

2017年の5月29日の午前。

伝統行事 ” ハーリー ” を見物しに、久米島の漁港「真泊港」に向かいました。

港

お~見えてきた、見えてきた。

港のテント 港 港

こんな具合に、ずらーっとテントが並びます。

まだ5月とはいえ、沖縄の日差しは強烈ですからね~。

船をこぐ参加者も、見物にきた人も、テントに入って日差しを避けます。

ほんと海の目の前にテントを張るんですよ♪

青い海

たまにウツボとかエイとか小っちゃいサメ(!?)とか本当に現れます!

いや~海好きにはたまりませんね。

 

今年 (2017年) は、僕はうちの保育所 「ことり園」 のお散歩タイムを兼ねて、子どもたちと一緒に見物しました。

テントで座る子どもたち

これまで4年連続「保護者チーム (うちの娘たちの小学校)」 で参加して船を漕いできましたが、今年はお休みして園児たちの見守りで。

ちなみに、来場者には沖縄名物「ぜんざい」がふるまわれます。

おしるこ

アツいのじゃなくて、冷えたやつです。

食べごたえ抜群な豆 (たぶん金時豆) のおいしさと、もちきびのモッチモチな感触がくせになるっ!

うちの長女は3杯、次女は4杯食べたって言ってましたw

 

こんな感じで、ハーリーは子ども連れでも安心して楽しめますよ♪

 

僕らが到着してすぐに、タイミングよくうちの次女 (小6) のチームのレースが始まりました。

せっかくの機会なので、うちの園児たちと一緒に最前線で見物!

船に乗り込む小学生たち

こんな感じで、地元の青年会などのサポートを受けつつ、「爬龍船(はりゅうせん)」と呼ばれる船に乗り込んでいきます。

海に並ぶ園児たち

がんばれ~にぃにぃ、ねぇねぇたち!

さぁ、準備が出来たら・・・

船

スタートォォォ!

船の先頭に座って鐘を打つ人の音頭に合わせて、10人が一体となって漕ぎ進みます!

がんばれぇぇぇぇぇ!!

ここ真泊のハーリーは港で行われるので、正面のブロック(?)まで進んだら折り返します。

船と海

お~いい勝負。

船を見守る人たち

お!

船を見守る人たち

おおっ!接戦!!

赤チームと黄チームの争いの末に・・・

船の上で勝利に喜ぶ子どもたち

ゴォォォォォォル!

うちの次女の赤チームが1位になりました~!

ひゅーーーー!どんどんどんどん!!

いや~終始大盛り上がりです。

小学生や中高生の他に、地域のチームや会社のチームも参加したりしますよ。

というか、ハーリーは「大漁祈願」や「海の安全」を祈るもの。

だから、実は主役は子どもより大人ですw

まぁ、でもチビちゃんも ” 綱引き “とか “玉入れ” とかやって楽しんだりもしますので。

子どもたちが海で綱引き 子どもたちが海で玉入れ

老若男女問わず海に集まってワイワイ楽しむ、底抜けに明るく気持ちの良い伝統行事です。

こんな具合に何チームもレースしていき、お昼少し前に終了。

お疲れ様でした~。

さいごに:ハーリーの日程は旧暦5月4日です

いや~楽しかった!

久米島の場合、そんなに数は多くないですが出店もありますよ。

出店

実は僕は今年(2017年)初めて船を漕がずに見物する側に回ったんですが、見てるだけでも大満足ですね。

でも、地域や職場チーム、子どもの学校の保護者チームなどで漕ぎ手として参加できるので、チャンスがあればぜひぜひ!

ずぶ濡れになってワイルドに漕いでみてください♪

久米島だと、今回紹介した「真泊」を含む3ヶ所で開催されます。

  • 真泊
  • 儀間
  • 鳥島

日程は “ユッカヌヒー” と呼ばれる、旧暦の5月4日と決まっています。 (儀間だけは近くの日曜日に開催。)

だいたい5月の下旬ですね。

4月の新年度に沖縄に移住してきた人にとって、おそらく最初の伝統行事。

誰でも参加しやすい伝統行事なので、熱意と礼儀をもってぜひ申し出てみるといいですよ。

僕もそうでしたが、一気に地元との距離が縮まるはず。

那覇などの大都市のハーリーだと、観光客も気軽に飛び入り参加できるそうなので、ぜひお試しあれ♪

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます!「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました。

それではまた!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】