西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』で非常識人の発明が世界を救う?ことに気がついた話✨

西野亮廣さんの著書革命のファンファーレを持つ私

こんにちは😊

ただいま暴風警報まっただなかの沖縄離島・久米島よりカヨちゃんです✨

 

ゴウゴウ言ってる暴風音聞きながら読みふけっているのは

私が最近ハマっている西野亮廣さんの本。

キングコングというコンビの芸人さんであり絵本作家であり、本も出すし講演会もするしレターポットって仮想通貨まで作っちゃう人。

西野さんのサイン本を得意げに見せる私
↑サイン本!何もしていないのにドヤ顏のわたしwすっぴんですんません汗

 

ブログや本を読んで感じたのはとにかくマメな努力家さん。

 

本の中で、

本の感想をネットに投稿したら必ず「いいね!」をするよ!

とあって。

私そこまで読む前に面白くて投稿していたんだけどね。読み進めていったらそうご本人が言っているの知って再度確認してみたら本当にご本人からコメントといいね!来てましたよ・・・

 

マメ!

 

有言実行!

 

素晴らしい!

 

実際に本を書かれた人と一瞬でも繋がれてしまうシステムが確立している現代の素晴らしさ

も勿論だけど。

その稼働を実現させる西野さんの行動力、ほんと素晴らしいと思う。

 

こういうひとつひとつの積み重ねが彼自身の信用につながり、それがまたいずれ実を結んでいく

それを自分が動くことによって人に示していく。証明していく。

 

この説得力。

いやー見ていると面白い。そしてとてつもないエネルギーを貰えます。

オススメ✨

まー彼の素晴らしさはもう皆さんがあちこちでお話ししていて私が熱く語るまでもないと思うので。

今回は本を読んで思い巡った”非常識人がこの世を救う”って話をしようと思います。

 

西野さんは非常識人

西野さんの『革命のファンファーレ』読んでいたらふと思った。

これだけ人が思いもよらないような発想や行動ができる人って、つまり常識が当てはまらない人であり、非常識人だなと。

で、今までなら非常識人って聞こえが悪く、叩かれることもあったけれど(実際まだまだ西野さんは叩かれたりしているのかもしれないけれど)、今は違う。

 

その型破りな考え方自体が人の心を動かす力がある。

 

そしてそれを実行している西野さんは実際人の心を動かし、きちんと信用を得ている。

 

てことは常識じゃ考えられないことを考えて、実際に自分の考えが稼働できることを証明しているって・・・

やってることあれと一緒じゃない?

昔から何人もいたあれ。

 

発明家。

 

今でいう非常識人は、昔でいうところの発明家とイコール。

おんなじ!

 

様々な生き方や在り方を考え出し(それは思いもよらない形で)、それをどう活かせばうまくいくかを自ら実験して証明し、結果を残して次に繋いでいっている。

 

西野さんは現代の発明家。

だったんだ。

 

目次はすべて発明品

そう思ってまた改めて本を見てみると、

目次の項目がすべて発明品の名前に見えてくるから不思議。

西野亮廣『革命のファンファーレ』目次部分
↑西野亮廣さんブログより

 

ズラリと並ぶそのキラキラした発明品の数々をぜひみなさんに見せたくて、目次の画像を撮って載せようと思ったけれど、「ネタバレになったら困るのかな」と思いとどまった。

でも、

「この人のことだから無料公開してるんじゃないかなー」と調べてみたら。

やっぱしてました(笑)

西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』無料公開ブログ画面

 

芸人イメージの強い西野さんが現代のお金と広告をうたった本が一体どんなものなのか?

 

気になる方はまずこの無料公開ページを覗いてみてはどうでしょうか😊

西野亮廣さん『革命のファンファーレ』前半40ページを無料公開

おもろいよ〜♫

 

時代の変化に伴う人の認識の変化

でね、この非常識人=発明家たちが生み出すいわゆる”先駆的な発明”って、時代の変化によって人さまからの認識、受け取られ方がどんどん変わっていってるなと思ったわけです。

それは遡れば”地球は平ら”から”地球は丸い”への変化であったり、リンゴが落ちることから重力の存在に気がついたり、そんな大きなことから、我が身を振り返っても思い当たることがあるくらい小さなことまで。

 

例えば、私の実家。

前も書きましたけど、幼少期に学校から自宅に帰るとヨガ好きの親がリビングで三点倒立とかねじりのポーズとかしてたりしてね。

その頃同世代の友達の親たちが演歌流しているところ、うちはボブマーリーのレゲエとか今でいう民族音楽みたいのとかビートルズとか流れてて。

 

とにかく遊びに来たお友達から抜群に引かれまくってたわけです。

 

「かよちゃんちってなんか変」

もー聞き飽きるぐらい言われてきた。

 

でも!

それが今や”ヨガしてる親”って全然普通のことだし、ボブマーリーもビートルズも「なにこの変な音楽?」って言われない、むしろひとつの当たり前に変化しているよね。時代とともに。

 

ってことはだ。

今一般的な常識から外れているとされていることって、時代が変われば発明に一転する可能性の塊であって。

むしろ今常識とされていることよりも

非常識人の頭のなかの方が面白いんじゃない?

彼彼女らが考えて日々行動していることに時代を生き抜くヒントがあるんじゃない?

 

つまり、

非常識人=発明家がこの世を救うんじゃない?

なんて思うわけですね。

 

それって普通の人にも言える話なんじゃないか

でもってさらにこんなことも思いついた。

世界を救うとかいうと、

「それってどうせ西野さんくらい非常識人でなきゃ意味がないんでしょう?」

って思う人が大半なんだろうけれど。

でも、この世に生きている大多数は普通の人であって、その大多数で世界が回っていると考えると、以外と大多数の中にも思わぬ収穫はあるんじゃないかと。

 

この発明家のレベルに大小あれど、むしろ一般人向けの生きるヒントは結構日常の中に在るものなんじゃないか。

 

そういう視点で見てみると、あら・・・

非常識人だらけじゃんか(笑)

 

例えばね、専門職に就かれている方。

自分のまわりを見渡すと必ず居ますよね。

この専門職のひとたちはその職業の世界の常識で動いている。

 

でもその世界の常識って、知らない人たちから見れば常識外なことだらけだったりする。

 

「えっそんなことが当たり前なの?」ってきっと初めて知ることだらけだし、

そもそも使っている言葉は専門用語でわからないし(笑)

 

その人たちにしか通じない言葉で話している、もはや言葉すら通じない人なんですよ。

これって共通言語だよね。

 

その人たちだけのコミュニティの中だけでしか通じない共通言語でコミュニケーションを取り合っているんです。

 

共通言語は発明のかたまり?

で、これって別に専門職に就いていなくてもいいんだよね。

 

例えば私は自然医療のホメオパシーをもう10年以上愛用している。

このホメオパシーについての話って何も知らない人から見たら

何言ってるか全くわかんないもの

だと思うのね。

それこそ専門用語だらけ、ホメオパシー独自のものごとの捉え方、世界の見方、すべて。

知らない人から見たら”何言ってるかわかんないもの”

でもホメオパシーを知っている人となら”それを使って会話・コミュニケーションができるもの”

 

これは私とその知っている人との両間でのみ通用する共通言語だ。

 

この、様々な人がそれぞれ持っている共通言語。

それにものすごく面白いものが詰まっているような気がしてきた。

 

 

他にもある。

 

私は長女誕生の時に”わらべ唄で子育てを”と言う考え方を知ってから、10年以上実践してきている。

わらべ唄の世界も、その声の出し方から唄を通して子どもに伝えていく世界観や、独特の根性論(雪国生まれのものは辛抱を伝えるものが多い)、やわらかい環境の作り方など、わらべ唄独自の共通言語がたくさんある。

そういうわらべ唄の素晴らしさを伝えるためにワークショップを定期的に開催しているけれど、

そうか。

私は共通言語で話せる人を作りたかった、とも言える。

わらべ唄で子育て♪支援センターでわらべ唄のワークショップしてきました✨

2017.10.10

 

 

さいごに

革命のファンファーレを持つわたし

人々の共通言語を探るシリーズ✨

立ち上げたらものすごい面白そうだ。

 

幸い私はこのブログがあるので、ここでこれから人の共通言語をひろいあげていこうと思う。

 

それはきっと全くその世界に触れたことのない人にとっては思いもよらない考え方で。

もし知ることで興味を持てば「全く知らなかったその世界が好きかもしれない」と気がつくきっかけになるかもしれない。

そして既にその世界を知っているけれど仲間が見つからず自分ひとりと感じている人には、

「ああ、私だけじゃなかったんだ!」と安心する要素になるかもしれない。

 

その小さな非常識人=発明家の共通言語の中に、今を生きるヒントを見つけられるかもしれない。

 

なんだかとってもワクワクしてきた♪

 

ひとまず島の友人たちに

彼彼女らのやっている面白い仕事について聞くところから始めてみよう。

専門職でもそうでなくても。

 

面白さのポイントは

好きでやっているかどうかにありそう😍

 

嵐の日に西野さんの『革命のファンファーレ』。

まさしく台風のようにぐるぐると

ひとつの本を発端に

次から次へと拡がっていく発想がとても楽しかったカヨちゃんでした💕

 

どうやら嵐ももう少しでおさまる模様。

ではではまた♫

 

西野さん、サインとひらめきをありがとう!下の名前読めなくってごめんね!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】