二人で生きる安心感がアップ!「夫婦の憲法づくり」をやってみませんか?

夫婦の憲法づくりをサポート

こんにちは!夫婦ブログ「まいうま」のダンナの方、サッシ(@3104nkmr)です♪

夫婦・パートナーのこと、100%信じられていますか?

面白いもので、夫婦の信頼に関しては年数は意外と関係無いみたいです。

” 熟年離婚 ” なんて言葉が当たり前になったように、何十年連れ添っても分かり合えない二人も大勢います。

そうかと思えば、20代・30代でもパートナーの絆を原動力に新しい生き方にガンガン挑戦して、毎日楽しそうな二人も確かに存在します。

ぶっちゃけ、仕事の人間関係は「まぁ、こんなもんか」って割り切ることもできますよね。

でも。

大好きな夫婦・パートナーの関係には・・・

 

「まぁ、こんなもんか」

 

なんて妥協したくないじゃないですか!

少なくとも、僕は絶対イヤです!!

だから、二人で一緒に二人の未来を考える「夫婦の憲法づくり」をおすすめします。

パートナー同士で心から納得する習慣をつけて、” 二人で生きる安心感 ” をもって生きてみませんか?

今回は、うちの夫婦が実践している「夫婦の憲法づくり」を全力で紹介します!

” 夫婦の憲法づくり ” とは何か?「やり方」と「具体例」も紹介します

夫婦の憲法づくり

ではでは。

「夫婦の憲法づくり」について、

  • ” 夫婦の憲法づくり ” とは何か?
  • ” 夫婦の憲法づくり ” のやり方
  • ” 夫婦の憲法づくり ” の具体例

という順番に分かりやすく紹介していきます。

” 夫婦の憲法づくり ” とは何か?

夫婦の憲法づくり

まずは、「夫婦の憲法づくり 」とは何かをお話しますね。

夫婦の憲法づくりとは何なのか?

それはずばり、

あるテーマについて、二人で本音で話し合って一緒に「二人のルール」を作るもの

です。

テーマは二人にとって大事と思うものならば何でも大歓迎です。

例えば、

  • 「単身赴任はアリか!?」
  • 「外出時に連絡無しはokか!?」
  • 「二人はなぜ一緒にいるのか?」

などなど。

漠然としていても、どんな些細なことでもok。

かよちゃん
” くだらないかも・・・ ” って思う事こそ、実は大事!

大きなことから小さなことまで、夫婦・パートナーである二人だから話せるんです。

二人で話していく中で、それぞれが抱いている、

  • 実はずっと不安に感じていたこと
  • 本当はもっとこうしたい!
  • あなたとこんな二人になりたい!

等々の大切な想いが明らかになっていきます。

この ” 普段はなかなか伝えられない想いが伝わる ” というプロセスが夫婦の憲法づくりの最大のメリットです。

やってみるうちに初めて「自分の想い」に自分が気付くことも多いんですよ。

それぞれの想いを共有したうえで、

「私たちの結論はこう!」

というのを二人でどーんと掲げます。

「夫婦の憲法づくり」とは、こんな具合に ” 二人で生きる安心感をアップさせるためのもの ” と思ってもらえればokです!

” 夫婦の憲法づくり ” のやり方

夫婦の憲法づくり

次に ” 夫婦の憲法づくり ” のやり方です。

ずばり、ポイントは3つ

  • 「司会者」
  • 「テーマ」
  • 「本番」

順を追って説明しますね。

【ポイント1. 司会者】

まず、” 夫婦の憲法づくり ” の本番を話し合う前に、二人のどちらかが「司会者」になります。

何度も試してきて、やはり司会者が居た方が良いという結論に至りました。

言い換えると、ケンカになりにくいってことですw

二人でごちゃっと漠然に進めるより、どちらかが司会進行したほうが客観性が高まって遥かにスムーズに進みます!

【ポイント2. テーマ】

次に、司会者は事前に「テーマ」を決めておきます。

もちろん、二人のどちらからの提案でもok。

テーマは ” これは私たち二人にとって大事 ” と思うものならば、本当に何でもいいんです。

(例えば、「単身赴任はアリか!?」「外出時に連絡無しはokか!?」「二人はなぜ一緒にいるのか?」等々。)

むしろ、他では決して話さないことを積極的にテーマにするのをおすすめします!

【ポイント3. 本番】

「司会者」と「テーマ」を決めたら、事前準備はバッチリです。

いざ「本番」に進んでください。

” 夫婦の憲法づくり ” の本番の流れは、大きく分けて3部構成です。

テーマについて、

  • 一般的にはどうか?
  • 二人としてはどうか?
  • ルール化して最終確認

という感じの流れで話し合っていきます。

始めの「一般的にどうか?」というところでは、とにかくいろいろな例を挙げてみてください。

一般論や有名人の話はもちろん、友達・親戚・同僚などの身近な具体例を詳しく思い出すのがおすすめ。

次の「二人としてはどうか?」の部分では、お互いの本音をキャッチボールします。

客観的に分析する「一般的にどうか?」とは逆に、二人の意見は、” お互いの気持ち ” を最優先して主観たっぷりに相手に届けてください!

ヒートアップしやすいので、

自分の意見に従わせるのでなく、二人で二人のことを一緒に作り上げている

という意識を忘れずに。

サッシ
二人で生きる安心感をアップさせるのが目的です!

お互いの意見を余すところなく伝え合ったら、「ルール化して最終確認」です。

具体的に言葉にしてまとめます。

ルール化したら、ぜひ文字情報で残して、いつでも見られる形にしてくださいね。

手帳・ノートに手書きでも、スマホやPCを使ってデータ入力してもok。

保存方法は、二人のアクセスのしやすさで決めてください。

二人とも本当に心から納得したか? ” を大切にしてください。

” 夫婦の憲法づくり ” の具体例

夫婦の憲法づくり

二人の安心感がグッと高まる ” 夫婦の憲法づくり ” の説明はこんな具合です。

とは言っても、実際にやってみない限りはちょっとイメージが湧きにくいですよねw

参考に、実際に ” 夫婦の憲法99条 ” を作り続けている、うちの夫婦の例を紹介しますね。

 

参考記事:単身赴任はアリか!?「お二人様で生きる意味」を踏まえて一致させた、うちの夫婦の意見

参考記事:「なんで二人は一緒にいるのか?」そこんとこ、お互いハッキリしませんか?

参考記事:常につながってる必要なんか無いけど・・・。泊まりでどこか行くときに、夫婦で連絡は本当に必須なのか?

 

ちなみに、” 夫婦の憲法 ” の数はいくつでも大丈夫です。

うちは99条を目指していますが、別にたった一つでもok。大事なのは二人が話し合う過程ですので。

「三つのルール」でも、「十か条」でも、数は何でもいいですよ。

お二人がやり易い好きな数字に設定してください♪

まずはグダグダでok。自信が無いあなたのために、コンサルやってます!

夫婦の憲法づくり

二人で生きる安心感がグッと高まる「夫婦の憲法づくり」。

まずは、グダグダでいいんです。

実際に99条目指して続けているうちの夫婦の例を参考にやってみてくださいね。

ちなみに、事前準備と本番にピッタリの「テンプレート」も用意しています。

ご希望の方には無料配布しているので、フェイスブックやツイッター等のSNSやメールでお気軽に連絡くださいね!

ただ、うちの夫婦の友人も何名か ” 夫婦の憲法づくり ” をやってくれているんですが、

「ん~、自力ではムズかしい!」

って人も実は少なくないんです。

特に、二人のどちらか又は両方が、

  • すぐヒートアップしてしまう
  • 論理的・客観的に話すのがニガテ
  • そもそも何を話したいのか、自分でもよく分からない

という場合。

ちょっと最初は難しいかもしれません。

自分たちだけでは自信がない・・・

パートナーに興味を持ってもらうために、まずは自分だけやってみたい!

 

そんなあなたには、オンラインでの ” コンサル ” もやっています。

 

” なんか二人の関係を良く出来そう! ” と好評を頂いているので、よかったら試してみてください。

夫婦の憲法づくりをサポート

まず最初はうちの夫婦がお手伝いをして、やがて ” 夫婦の自立 ” を目指してもらうのが「まいうま夫婦コンサル」の狙いです。

自立した夫婦・パートナーが増えて、もっと世の中明るくなってほしいなーとマジで願っています!

まずはお気軽に相談してくださいね。

 

” 夫婦の憲法づくり ” のコンサルを申し込む >>> まいうま夫婦コンサル

 

ではでは、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】