絵本 「 こよみともだち 」を都会暮らしの親子におすすめしたい理由

絵本「こよみともだち」

こんにちは!3人娘の子育て中、サッシです。

こよみともだち 」は読んだことはありますか?

親子で一緒に12の季節を感じられる、カレンダー的絵本の傑作。

僕は特に都会で暮らしている親子におすすめしたいです!


絵本 「 こよみともだち 」のあらすじ

絵本「こよみともだち」のあらすじはこんな感じです。

1月さんから12月さんまでの12人が、それぞれ一人で暮らしていました。

それも寂しい話だと思った1月さんは、「一緒に遊ぼうじゃないか」と一軒一軒を訪ねていくことに決めます。

移り行く季節の中で、一人また一人と友達になっていき、最後は・・・。

というお話です。

それぞれの月を表す12人(人間以外もいっぱいいるけどw)のキャラクターがなんとも特徴的で可愛らしいです♪

絵本 「 こよみともだち 」を都会暮らしの親子におすすめしたい理由

もちろん、誰が読んでも楽しい「こよみともだち」。

でも、僕は都会暮らしの親子に特におすすめしたいと感じます。

なぜなら、この絵本に込められた作者のメッセージが「都会の近所付き合いを復活させようよ」という気がするからです。

絵本の裏表紙

一見、可愛らしい季節感たっぷりのキャラたちがお友達になっていく愉快なお話です。

でも、「近くに住んでいるのに、お互い何の交流もなく暮らしている」12人が、「一緒に過ごすことの良さを発見していく」というところ。

それが、まさに現代社会へのメッセージにも感じるんです。

お隣さんの顔も名前も知らないことも少なくない都会の住人に、「たまにはお隣さんも誘ってみたら?」なんて作者の明るい提案が聞こえるような気がします。

親も楽しくなっちゃう3つのマニアックなポイント

では、「こよみともだち」の中でもおすすめな、親も楽しくなっちゃう3つのマニアックなポイントをご紹介します♪

1.スイカのヒミツ

まずは、「スイカのヒミツ」です。

8月になると「8月さん」というお日様のキャラクターが出てくるのですが、その8月さんがなぜかずっと頭にスイカを乗せてるんです。

太陽の頭にスイカの絵

9月、10月と進んでも、なぜかずっと頭にスイカ。

太陽の頭にスイカの絵

その理由は、12月になると判明します。

実はよ~く見ると、12月のクリスマスパーティーでみんなで食べるためだったんです!

な、なんて優しさ!!

おいしそうな料理がずらりと並ぶテーブルに実は置いてあるので、よく見てみてください♪

2.ドレス脱がない

次に、「ドレス脱がない」です。

絵本の海水浴の場面

8月にみんなで海水浴するシーンがあるんですが、なぜか4月さんだけドレスのままで泳いでるんです。

和服を着ている1月さんや3月さんは脱いでビーチに置いてるのに。

ビーチに和服の場面

ここ、うちの三女がすごく気になってるポイントです。

「なんでぬがないの?」っていつも聞かれますw

3.雪だるまとお日様

三つ目は、「雪だるまとお日様」です。

最後の方で、みんなで荷車を引っ張るシーンがあるんですが、2月さんこと雪だるまのキャラが先頭になって苦しそうな顔をして綱を引いています。

2月さん、先頭で引っ張って重いから苦しいのかと思いきや、実はそうではないようです。

よ~く見ると、真後ろに8月さんことお日様がいらっしゃいます。

雪だるまと太陽の絵

雪だるまの背後で、ジリジリ太陽光線。

そりゃ死活問題ですw

うちの娘がお気に入りなところ

うちの4歳の三女がお気に入りなところもご紹介しておきますね。

うちの娘は、ラストの「お部屋のドア」のページでドアをノックするのが大のお気に入りです。

ドアが並んだ絵本の絵

「この子はなんがつさんだっけ?」とか言いながら、いつもうれしそうに全部のドアをコンコンしてぱかっと開いています♪

気を付けてほしいところ

この絵本で、ぜひ気を付けてほしいところが2点あるので、お伝えしておきますね!

タイトルページにも文があるよ。

まず1点目は、「タイトルページにも文があるよ。」ということです。

絵本を手に取ってパラりとめくってすぐのページ。

家が並ぶ絵

ほとんどの絵本って、表紙と同じようにあらためてタイトルと作者の名前が載ってるだけですよね?

でも、この絵本は最初のタイトルページの下部に文があるので、お見逃しなく!

家が並ぶ絵

僕はしばらくこの存在に気が付きませんでした。

もうストーリーはタイトルページから始まっていたんです!

ドアはちぎれやすいよ!

2点目は、「ドアはちぎれやすいよ!」ということです。

うちの三女のお気に入りポイントでもある、最後のドアの仕掛けのところ。

ドアが並んだ絵本の絵

バンバン開け閉めしているとすぐドアがちぎれてしまうので、ご注意を!

うちのは何ヶ所もセロテープで直している&ドアが2枚行方不明になりました。

絵本「こよみともだち」のドアの場面のアップ

10月さんと11月さんのお家の中が丸見えですw

絵本 「 こよみともだち 」から、ご近所付き合いの良さを親子で感じよう♪

絵本「こよみともだち」

この絵本で移り行く12の季節と12の愛らしいキャラを眺めながら、「ゆき、きれいだね」とか「ともだちっていいね」と親子で言いあうのが僕は大好きです。

特に都会にお住まいの方。この絵本の12のキャラクターたちのように、たまにはご近所の親子に「○○するんですけど、ご一緒にどうですか?」なんて声をかけてみてもいいんじゃないでしょうか。

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました♪

それではまた!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】

【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です