絵本「バムとケロのもりのこや」から子どもが見つける3つの気持ち

絵本「バムとケロのもりのこや」

こんにちは!3人娘の子育て中のサッシ(@3104nkmr)です♪

バムケロの「もりのこや」は好きですか?

うちの娘たちも、大のお気に入り!ツタの生えた家とか見かけると「あ、もりのこや♪」って思わずつぶやいちゃってるくらいですw

今回は、もう娘たちと余裕で100回以上は読んできた僕が感じる「『バムとケロのもりのこや』から子どもが見つける3つの気持ち」を紹介します♪

簡単なあらすじと作者の島田ゆかさんの紹介

まず、超簡単にサラッとあらすじを紹介しておきますね。

とある木曜日。

近くの森に出かけたバムとケロ。

なんとそこで見つけたものは・・・

森を舞台にした、かわいらしいお話です♪

作者は、絵本作家の島田ゆかさん。

バムケロシリーズの他に、「うちにかえったガラゴ」等のガラゴシリーズでも有名な超人気作家さんですね。

本作は、前作の「バムとケロのおかいもの」に続く、バムケロシリーズ第5作目となります。

初版は文渓堂から2011年に出ています。

ちなみに、うちにあるのは2013年の第10刷。

第1作の「バムとケロのにちようび」が1994年に初版なのを考えると、だいぶ新しい感じがしますね♪

絵本「バムとケロのもりのこや」から子どもが見つける3つの気持ち

では、本題に参りましょう。

絵本「バムとケロのもりのこや」から子どもが見つける3つの気持ちです!

1. 身近に冒険は隠れている

まず1つ目は、「身近に冒険は隠れている」ということです。

別の目的で森に行ったら、たまたま小屋を見つけてしまったバムとケロ。

日常の範囲のほんのちょっと外実はそこに思いがけない出会いがわんさか待っているもんですよね。

絵本「バムとケロのもりのこや」

なんかテーマパークに行ったりショッピングに出かけたりしないと、ワクワクするようなことに出会えないと錯覚しがちな現代。

いつもの公園のいちばん隅っこ。

いつものお散歩コースのちょっとだけ先。

そういったところにすんごい大冒険が隠れていて、自分が見つけちゃうかもしれない!

この絵本を一緒に読んでいると、子どもの心にそんな想像力が芽生えてくれてる気がします♪

2. 得意な人に頼んでいい

2つ目は、「得意な人に頼んでいい」ということです。

裏表紙に描かれているように、バムとケロは自分に出来ない事は最初っから友達にお願いしています。

自分でチャレンジしてみる気はゼロw

でも、それがすごくイイ

僕らも子どもの頃から、とかく何でも出来なきゃダメな感じに教えられてきませんでしたか?

跳び箱を飛べなきゃダメ。

イキイキとした絵が描けなきゃダメ。

リコーダー吹けなきゃダメ。

・・・知るかぁぁぁぁーーーーーっ!

別にたいていのことは出来る人だけ出来りゃいいんです!!

そんで、お互い得意なことで補い合うのがいい

「これ、ニガテだからやって~。」

そうやってお互い遠慮なく言えるのが当たり前と思える気持ち。「バムとケロのもりのこや」は、それを後押ししてくれていると思います。

3. 居場所を作る面白さ

最後に3つ目は、「居場所を作る面白さ」です。

表紙に描かれているように、バムとケロは自分たちで森の小屋を掃除して居場所を作ろうとします。

みんなでワイワイと♪

絵本「バムとケロのもりのこや」

近頃は最初から設定や進め方が決まっているゲームが多いですよね。

それよりも、ゼロから自分たちで楽しみ方を作り出していく面白さ。それをぜひ子どもたちには感じてほしいなーと思います。

うちの小学生の次女は、友達としばしば「秘密基地」を作って遊んでいるそうです。学校の敷地内にw

最近「バムとケロのもりのこや」を一緒に読んでいる4歳の三女も、ふとんの中を「ここ、ひみつのばしょにしよ~。」とか言ってます。そういうのを聞くと、なんかこっちも嬉しくなりますね♪

まとめ

バムケロシリーズの第5作、「バムとケロのもりのこや」。

  • 身近に冒険は隠れている
  • 得意な人に頼んでいい
  • 居場所を作る面白さ

こんな気持ちをこの絵本から子どもは感じ取っている。3人娘ともう100回以上は一緒に読んできて、そんな風に感じます。

前作「バムとケロのおかいもの」にまつわる小ネタが随所に散りばめられているので、そちらも読んでみると「あ、このキャラは!」とか「あ~これとこれがつながるのかっ!」ってなってめっちゃ楽しいですよ♪

関連記事:絵本「バムとケロのおかいもの」をネットショッピング世代の子どもに読んでほしい3つのワケ

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました♪

それではまた!

【シェアボタンはこちら (↓) ポチっとしてもらえるとうれしいです♪】

【 (↓) フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!】

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です