夜中食べても太らない?!「罪悪感」との上手いお付き合いの仕方✨超マイナス思考な人の落ち込み脱出法とは

こんばんは💛
いつも毎日が生まれたてをお読みいただきありがとうございます。

基本ベースがマイナス思考&夜中に食べるおやつが大好きかよちゃんです😊💛

 

チョトマテ。おやつをこんな時間に…?


ねー思いますよね。普通に太るよ?とか。
私も思います。

でもま、好きなものは好きなんで、いっかなー
なんて思っていると、あら不思議。

太らないんだよね

今までも薄々感じていましたが、年々その思いは確信に変わってきています。

人の行動や身体って自分が考えているよりもはるかに
無意識の領域に支配されているんじゃないかなと。

まあそれがこの話のように良い方向へ働いている時はまだ良いのです。
問題はそれが原因で苦しむときね。
嫌ですよね。なんてったって無意識に操られてしまうんだもの。

なかでも厄介なのがあれ。

罪悪感てやつです。

いやーこの世の中から罪悪感てものが無くなったら心底救われる人山ほど居るんじゃないかなー

と本気で思いますよ。

この「夜中に食べたら太る」っていう罪悪感があるからそのことに対して余計なエネルギーが向いてしまうでしょ

でも人間「ダメよっダメダメっ」って思っていることかしていく生き物ですからね。

結果食べます

で、「食べてもうた!」って罪悪感から「ダメっこれ以上はダメぇぇぇぇぇぇええ」ってもっと食べるでしょ

結果太ります

で、「ああ…またやっちゃったよ」って罪悪感。

これ、この負のループから、仮に罪悪感を取り除いたら…

すっごく楽しいことにならないですか?

大好きなおやつを夜中に誰にも(子どもにも!)邪魔されずに、好きなものを美味しく頂いて
「ああしあわせ〜😍💕」ってあらハッピー

まあこれはとってもわかりやす例ですけどね。

原因がどこにあるかわからない罪悪感によって行動や可能性が狭まっている人、多いと思うんです。
かくいう私がそうだったもんね。

もうさ、毎日の暮らしのなかでちょいちょい出てくるわけですよ

罪悪感様が、悪代官様みたいに。

もうねー「めんどくさっ」の一言に尽きるのですが、何せ無意識ですから、
気がついたら考えてるわけです。

自分の罪悪感について。

あー〇〇さんがこんなことになってるの、私のアレのせいちゃう?
あの時の私の行動が原因で、可愛い〇〇ちゃんがこんなことになってしもたんじゃ!
いやー何もできてなくてもう私って〇〇失格やな…

 

やめましょ、もう。


現実を直視して、問題を整理したり解決策を出したりすることと、罪悪感を感じて落ち込むこと。

なんか考え込んでる顔はおなじですが、中身は全く別物です。

上記の罪悪感様と押し問答している時の言葉たち。よーく見てみるとね、全部が憶測なんですよ。

よーく考えてみれば、

〇〇さんがこんなことになっているは私のアレのせいじゃないんです
「せいちゃう?」って自分でも確信は無いでしょ。「きっと」そのせい「かも」ってだけです。
結局は他人様の考えていること全てを知ることは出来ませんし解決もその本人にしか出来ないもんです。

あの時のコレが原因で可愛い〇〇ちゃんがこんなことになってしもてないんです
子どものことは特に自分とつなげて考えがちですがお互い別の人間ですので自分と子どもをイコールで考える必要も実はありません。子どもは子どもの人生を毎日忙しく歩いていますので、意外と親が思うほどシンクロしてなかったりします。

「何もできていないこと」と、「自分が〇〇失格」はイコールじゃないんです
ただできていない物事が事実としてあるだけで、自分の本質とはまた別の話です。

こんな感じでね、気がつけばお代官様に踊らされて物事の悪い面を引っ張ってきては自分の罪悪感と無理くり繋げてるだけなんです。

この無理やり感に気がつくと以外と悩む必要のないことで悩んでいることがわかります。

 

ふとそう思い込む


もう一つ、罪悪感を抱くことになった過程として、無意識の刷り込みもあります。

人間てね、面白いもので
何かをきっかけに「〇〇とふと思い込む」ことが、日々の行動や思考の中でかなり大きな比重を占めているんです。

きっかけとなる「何か」は
テレビやネットなどのメディアや、親や先生、友達など周りの環境からの言われたちょっとした言葉であったりします。

昔よく親や周りの大人から言われませんでしたか?
「あなたって昔から〇〇よねー」とか「〇〇な性格だよね」とか「〇〇なところあるよね」とか。
性格を断定されたり気質の傾向を定められちゃったりとか。
はたまた「あなたほんと〇〇が好きなのよね」なんて好き嫌いまで刷り込まれちゃったりして!

大人から言われて「え、そんなことないけどな」と思っても
脳は結構「ふとそう思い込む」ようで、
結果無意識の領域でその刷り込みが猛威を振るう状態が生まれ、そのギャップで苦しんだり、そこから生まれる罪悪感様に振り回されたりします。

だからね、人から言われる自分の性格や傾向なんて、適当に捉えたほうがいいんです

だって誰かに言われて「ふと思いこんだ」だけかもしれないんですよ。

その言った誰かだって、案外適当なこと言ってるもんです。

自分の人生かけて24時間私のことを観察して、深い心理学の見地から私のことを洞察して言ってる人なんて…

一人もいません(笑)

冒頭の「夜中食べると太る」も
実際自分で体験してから実体験で知ったというよりは、後付けの思い込み情報なことが多い事例だと思います。

だって生まれたての赤ちゃん、こんなプチ情報知らないでしょ
で、子どもが大きくなって実際に夜中に何か食べるってことが許される年齢になってその実績を体験する前にはもうこの情報頭に入っているでしょ

つまりどこかでふと思いこんだんですよ。

 

ま、そんなわけでまとめますと


  • 物事を整理して事実だけを客観的に捉えること
  • 育ってきた環境の中でふと思いこんだことと事実を見分けること

他にも狭い視野で物事を捉えずに宇宙くらいまで一気に飛んでって自分をチリのように感じるとかもありますけどね。

今日のところは罪悪感をどうお代官様にまで悪どくさせずにフレンドリーに接することができる友人にまでするか

って話だけに特化して考えるとこの二つの方法が今のところ有力だと感じています。

二つ目の「ふと思い込む」は、子育ての中で逆に良い方向付けとして使えたりもするのですが、そのお話はまた今度😉

では今日も最後までお読みいただきありがとうございました💛

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^