薄くて軽いのに良い音!4000円台のウクレレ選びならAndoer21が初心者におすすめ!

andoer21

こんにちは!ウクレレ歴15年のサッシです♪

ウクレレ選びでお悩みのあなた!

迷いどころはずばり、

「ぶっちゃけ、いくらくらいのウクレレ選べばいいの?」

っていう価格ですよね!

もちろん、楽器の良し悪しはある程度値段に比例するので、値段が高ければ良いものに出会える可能性は大きくなります。

でも、1万円以下でも十分満足できるものも実はあるんです!

今回は、おかげさまでウクレレ教室もやっている僕が実際にレンタル用に用意している『Andoer21をオススメします。世界最薄!?ってくらい薄くて軽いのに、十分満足できる音なんです。そして、まさかの4000円台

動画で10万円以上のウクレレと弾き比べもしているので、「へ~ぜんぜんいい音するじゃん。」って感じたらぜひウクレレ最初の一本に選んでみてください♪

Andoer21をオススメできる理由

anoder21

ネットで検索すると「初心者向け!」とか「入門用!」とかいっぱい出てきますよね。

そんな数あるウクレレの中から、初心者の方にAndoer21をオススメできる理由は3つ

  1. チューニングが狂いにくい
  2. 薄くて軽くて持ちやすい
  3. 「おもちゃ」じゃなく「ウクレレ」の音がする

この3点を満たしつつ、4000円台っていうのは本当に驚きなんです!

一昔前まで、この値段でこのクオリティのは買えなかったですからねー。いい時代ですw

では、僕がAndoer21をオススメできる3つの理由をもうちょっと詳しく説明しますね!

1.チューニングが狂いにくい

anoder21

ウクレレ選びの際に、もっとも重要なポイントって何か分かりますか?

それは、「チューニングが狂いにくい」ということです。

これ、僕は今回のAndoer21に限らず、初心者の方がウクレレを買おうとしている時にしつこいくらい繰り返してお伝えしています!

マジでマジでマジで、超~重要です!!

よくお土産屋さんとかで、1000円とか2000円のウクレレ見かけますよね?

あれ、楽器用としては絶っっっ対に買わないでください!正確なチューニングが不可能なものがほとんどなんです!

ペグ(=くるくる回すやつ)の作りが不十分なので、チューニングしようと思ってもすぐにくるくる回ってしまって永遠にチューニングが安定しません!

「チューニングが安定しない=気持ち悪い響きしか出ない」っていうことで、楽器としての最低条件は残念ながら満たさないんです。

たとえウクレレの名手のジェイク島袋さんが弾いても、ジャイアンのリサイタルやしずかちゃんのヴァイオリン練習のように聞こえてしまう、って感じです。うぅぅ。

でも、かわいいデザインが多いので、1000円とか2000円くらいのものを買うならぜひ飾る用やおもちゃ用として迎え入れてください。インテリア用なら、もちろん問題なしです♪

その点、今回オススメするAndoer21はバッチリ

問題なく狙った通りの高さの音、響き合う和音が鳴ってくれます♪

2.薄くて軽くて持ちやすい

anodoer21

 

次は、特に初心者の方にはおすすめのポイントです。

「薄くて軽くて持ちやすい」

これは、ウクレレ教室の生徒さんが気付かせてくれたポイントです。

実は僕は長い間この事実に気が付いていませんでした。

ある日、何気にこのAndoer21を紹介してみた時のことです。

こんなウクレレもありますよ~とお見せしたところ、

「え、何これ!?うわっ、持ちやすい!」

「いいな~!わ~これにしとけばよかった!」

なんて声が続出したんです!

薄くて軽くて持ちやすいっていうのは、特に初心者の方にはモチベーションめちゃくちゃ上がるポイントだってことに気が付いた瞬間でした。

「ちょっと弾こうかなー」なんて気が起きるかどうかって、案外こういうところが大事だったんです。

だから、いくらウクレレは他の楽器よりずいぶん軽いとはいえ、さらに「軽い」とか「薄い」とか「小さい」っていうのは初心者の方にとっては超重要ポイントって言っていいです!

Andoer21は全長約53cm、重さは約500g

andoer21 andoer21

薄さはたぶんウクレレ界最薄の約30~35mm!(CDケース3枚分くらいです。)

andoer21

まるで何も持っていないみたいに体にフィットするので、初心者の「弾く気」をグッと引き出してくれるウクレレと言えます♪

3.「おもちゃ」じゃなく「ウクレレ」の音がする

andoer21

そして最後のポイントは、

「『おもちゃ』じゃなく『ウクレレ』の音がする」

ということです。

お土産屋さん等で売っている1000円とか2000円のもの。あれは、1つめのポイントでお伝えした「チューニングが全然合わない」というだけでなく、「おもちゃの音」という難点もあります。

幼児用おもちゃ楽器のような、さすがにちょっと音がちゃっちいものがほとんどです。

その点、Andoer21はしっかり「ウクレレの音」が鳴ってくれます

これはもう、実際に聴いていただくのが一番説得力があると思います。

動画で「Andoer21」と「10万円以上するウクレレ」を弾き比べてみたので、よかったら聴き比べてみてください!

どうですか?

もちろん、差は明らかです。

でも、「へえ、Andoer21もウクレレとして全然違和感ないじゃん。」って感じられないでしょうか?

「あーダメダメ。こんなのウクレレの音じゃない!」って方は、どうぞ遠慮なく他のウクレレを検討してくださいw

聴き比べてもぜんぜん違和感のないあなたには、最初の一本としてAndoer21は自信をもってオススメできます!

薄くて軽くて4000円台。ウクレレ初心者にはおすすめです!

andoer21

初心者の方におすすめの最薄ウクレレAndoer21

  • チューニングが狂いにくい
  • 薄くて軽くて持ちやすい
  • 「おもちゃ」じゃなく「ウクレレ」の音がする

この3つの理由に加えて、まさかの4000円台というお手軽価格!

もちろん、ボディが薄いということは音量はそれほど出ないということです。大きいボリュームを求めるなら、他のウクレレの方がいいですね。

もし音質を追求するなら、数万円出したほうが良い音が出るというのも当然です。

でも、まだそこまでこだわらず、「最初の一本」をお求めでしたら自信をもっておすすめできます!

まさにコスパ抜群。1万円以上の怪しいやつに手を出すなら、4000円台の「Andoer21」を選んでいいと思いますよ。

その薄さから「ウスレレ」なんて愛称で近年人気の「Andoer21」。

お手頃価格で満足して使えるウクレレをお探しなら、後悔のない一本です。

ご自分用にも、プレゼントにもぜひ♪

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です