預金一億のつもりで暮らしてみませんか?本当に余裕が出てきます

急な出費!

みなさん、いつもぽーんと気持ちよく払えていますか?

 

何かとかかる毎月の生活費。

それに加えて、予想外の支出!?

「ひー!冗談じゃない!!」

どうしても抵抗がありますよね。

 

先日、我が家は家族でドライブ中に初のエンスト!

ラジエーターが破損してるらしいので、やむなく修理工場に持っていきました。

 

うちは夫婦とも、クルマのことはぜ~んぜん分からない門外漢。

だから、修理の相場がさっぱり予想も付かないので、

「ん~、おいくら万円掛かるのこれ?」

って、ちょっとドキドキ。

 

でも、そんな時でも、ある習慣のおかげで

今回も気持ちよ~くお支払いできました。

もうね、「はいはい、ok。その値段でヨロシク!」

という軽快さです。

 

どんなお支払いが起きても絶望しませんw

身につけてよかったな~と感じるその習慣。

それが、「預金一億のつもり」です!

ドン!!

 

今回は、お金に不安を感じない体質にしてくれる、

「預金一億のつもり」をオススメしますね!

「預金一億のつもり」って?

やり方はいたって簡単。

 

残高がいくらであろうが、「預貯金が一億円ある」というつもりで過ごす。

 

ただそれだけです!

 

買い物を選んだり、支払いが必要な場面で浮かべるのはもちろん。

散歩してるときや、窓辺でお茶しながら

「あぁ…一億あるってありがたいなぁ。」

と、しみじみと感慨にふけるもよしです。

 

これ、高額納税者で有名な斎藤一人さんも推奨しています。

『スリムドカン』とかで有名な、銀座まるかんの創業者さんですね。

 

斎藤一人さんのお弟子さんの事業家、みっちゃん先生さんの著書、

『大富豪が教えてくれた本当に豊かになれる「大金持ちごっこ」』から引用しますと、

あのね、自分の波動を『豊かで幸せな成功の波動』に変えたかったら、『自分の貯金通帳に一億円が入ってるつもり』で生活してみるといいよ。この一億円は『心の余裕貯金』なの。(中略)それで、お金を使うときは、こういうふうに思うといいの。『私は、これを払っても、まだまだお金がある!だって、あと一億円もあるんだから!』。(中略)こんなふうに、『まだまだ余裕がある』って思いながらお金を払うのが、豊かな成功者の発想なの。

と一人さんがおっしゃっている、ということです。

漠然とした不安がサヨナラ

たとえ一億円なくても、残高がいくらだろうとイイんです。

 

この預金一億のつもりを習慣していると、

お金に対する漠然とした不安が本当に無くなるんです。

 

たぶん、あれに似ているからだと思います。

 

子どもの自転車の練習。

親が子どもの自転車を後ろで支えてる、あれです。

 

僕も長女と次女の練習で経験済みなんですが、

あれ、最初は本当にがっしり支えるんですよ。

そうしないと、本当に少しも進めない。

まだ乗れない子どもは恐怖心の固まりですからね。

 

でも、子どもが慣れてきたな~って感じると、

支えている振りして、そっと手を置くだけにしてみるんです。

 

そうすると、実際に支えてなくても進めちゃうんですよね!

「お父さんが支えてくれてるから大丈夫!」

っていう気持ちで、グイグイ進めちゃうんですよ。

恐怖心など、なんのその!

 

これに似てるなあと感じます。

一種の自己催眠?プラシーボ効果?と考えていいんでしょうね。

 

まぁ、何効果でも何でもイイんですw

とにかく、ホントに日常的に残高どうこうが気にならなくなります。

 

コップに半分の水を見て、「もうこれだけしかない…」じゃなく、

「まだこんなにある!」と感じられる体質に近づいていく。

 

そういう感覚もしますよ。

気が大きくなりがちな方へ

ただ、いわゆる調子に乗りやすい人はちょっと注意が必要です。

 

人によっては、「オレ、一億円あるからさ!」ということで、

現実逃避して浪費に走ってしまう可能性もあるので気を付けて!!

 

そういった暴走を回避するために、僕は記録の習慣との併用をオススメします。

 

何かにお金を使う際は、どれだけ少額だろうが必ず記録するという習慣。

これを身につけていると、必要なものしか買わなくなるんですよ。

記録という行為自体がちょっとめんどくさいから、

買い物するという意欲自体が減退するというスゴイ抑止力ですからw

 

気が大きくなりがちな方は、「必ず記録」とセットで習慣にするとイイですよ!

衝撃の告白

さて、ここまで言っておいてなんですが。

ごめんなさい。僕、ちょっと嘘つきました。

 

「自分は一億円持っている」なんて、実は思っていません。

 

訂正しますね。

 

正確には、「自分は十億円持っている」って思ってます!!

ドドーン!!!

 

いや、これちゃんとした理由がありまして。

 

だって、一億じゃ設定が低すぎるんですもの。

やがて達成しそうだから。

 

だって、日本人の生涯年収が一億だか二億だか三億でしょ?

一億って、実はけっこう身近な数字だと感じるんです。

 

だから、僕は十億に設定するのをオススメします!

 

ほら、野球のノックだって、最も効果的なのは、

ギリギリ捕れるかどうかくらいの範囲への打球でしょ?

 

ふつうに届いちゃうところより、

届くか届かないかくらいのところを目指しましょうぜ♪

人のために使っているイメージ

いかがですか、「預金一億のつもり」。

あ、オススメは「預金十億のつもり」♪

 

習慣にしていると、不思議とお金に対する漠然とした不安が無くなっていきます。

「お金がない」じゃなく、「まだある」体質が定着していく感じがしますよ。

 

さらに、喜ばしいことも最近気が付きました。

 

心の余裕があるせいか、誰かにお支払いをする場面で、

なぜか自分よりも人のためにお金を使っているイメージが湧いてくるんです。

 

子どもにおこづかいをあげる時の感じにちょっと似てるかな。

「このお金を大事に使っていい経験をしてくれたらいいな~。」って気持ちになるんです!

 

いやぁ、いいことづくめw

 

ほんと、誰もが「ない!ない!」言ってる人よりも、

「あるよ。大丈夫、大丈夫」って言ってる人と一緒に居たいですからね。

 

ぜひとも、「預金一億(十億)のつもり」。習慣にしてみてください。

単純に、楽しいですよ♪

 

それでは、今回はこんなところで。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。

「まいうま」のダンナの方、サッシーがお送りしました。

 

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です