移住マニアが移住を歓迎している町を格付け”イジュラン”!会津美里町、会津若松市、愛南町編

移住したくなる田舎道の風景

こんにちは!移住4年目、サッシです。

先日はなんと!久米島町の移住定住促進プロジェクト、久米島 島ぐらしコンシェルジュ(通称島コン)の方々に取材していただきました!うちの移住経験が移住の具体例の一つとして誰かのお役に立てたらうれしいです♪

おかげさまで、移住した沖縄で家族5人で毎日楽しくやってます。みなさんは今とちょっと違う暮らし、興味はありますか?

「移住しようと思うのだけど、どこかいい所ないかな〜」

そんなアナタのために!実際に「カネ無し」「コネ無し」「仕事無し」だけど「子ども3人あり」で東京から沖縄の離島、久米島に移住した僕がオススメする移住サイト格付けガイド、それが「イジュラン」!!

移住の本を読み漁って、移住のサイトを穴の空くほど見てきた僕が、全国の市区町村をあいうえお順に紹介していき、各市区町村がどれだけ移住・定住促進に向けて熱意を持っているかをwebサイトやSNS等から勝手に格付けしていきます!

あくまで第三者の視点から、そして移住経験者の立場から評価していきますので、良いところもイマイチなところも遠慮なく言わせていただきますよ!移住に少しでも興味をお持ちのアナタのお役に立てれば幸いです。

では今回は、「会津美里町」、「会津若松市」、「愛南町」です!!

会津美里町

では、まず今回のトップバッターは福島県の会津美里町です!読み方は「あいづみさとまち」ですね。

そういえば、前回のイジュランの3番バッター、会津坂下町に続く会津からの刺客ですね!今回は会津美里町のお次に会津若松市も控えていますので、お!会津3兄弟で黄金のクリーンナップじゃないですかっ!わ〜お、ミラクル☆

では、まずは基本情報からかっ飛ばしていきましょう!

基本情報

面積は約280㎢、人口は約21,000人。

小学校は5つ、中学校は3つ、高校は1つ。町立病院はありませんが、駅前にJAの大きめな病院がありますね。会津若松市に隣接しているので、そちらの大規模な病院も利用できますね。

鉄道は、JR東日本只見線の会津高田駅、根岸駅、新鶴駅、そして会津本郷駅(住所は会津若松市)が利用できます。

自転車好きな僕としては、2004年から続くロードバイクのイベント、「時空の路ヒルクライムin会津」がそそります。会場内で開かれる軽トラ市の「豆の風味豊かな豆ちまき」とか「いつでも行列ができるいももち」に興味津々!

ミサトノ.jpというイカしたお名前の観光協会のポータルサイトもあり、あいづみさとのおやどという旅館・ホテル情報サイトもあって、親切ですね。

温泉&温泉宿が楽しめるのも魅力的な町です。

移住サイトチェック!

では、会津美里町の移住サイトを覗いてみましょう!

「会津美里町 移住」で、検索!タターンっと!!

…お、おおっ!これは!!

役場の公式サイトのトップページにどーんと、おしゃれでほっこりなおうちの絵と共に「あいづみさと生活 会津美里町定住促進サイト」の文字が!わおーすんばらしい!!

これは、兵庫県の相生市以来の星三つが期待出来るんじゃないでしょうか!?

じゃあ、独自の定住促進サイトにお邪魔してみましょう!

あいづみさと生活

さぁ、ポチッと開いてやってまいりました、会津美里町定住促進サイト あいづみさと生活

お~薄いベージュを壁紙にした、オーガニックでやさしい雰囲気のデザイン。イイっすね~。

サイトは、5つのカテゴリーに分かれていますね。

  • 津美里のおしながき
  • 長年の夢を会津美里町で実現しました
  • 子ども探検隊
  • 寒さに負けない
  • 会いに行きたい風景

どれもこれも、読みたくなるタイトルでいいですね〜。「会津美里町の風景」と言われるよりも、「会いに行きたくなる風景」と言われた方が興味をそそりますからね〜配慮が利いてていいですね!

内容はそれぞれ「写真ドーン!+説明」の形で、多くは語っていませんが、町の暮らしの様子をイキイキと伝えてくれています。

あと、サイトの下の方に住民インタビュー(3家族)、フォトギャラリーとYouTubeへのリンクが貼ってあります。

もうちょっと具体的な施策を知りたいな~とテキスト量の少なさに物足りなさを感じたのですが、あ、な~るほど。詳しい移住・定住施策の内容は「みさと暮らし」移住促進ガイドブックというpdfをご覧あれ!ということのようですね。

「移住を考えている方のためのガイドブック、『みさと暮らし』移住促進ガイドブックを作製しました。」とのことでトップページにリンクが貼ってあります。こういう風に分かりやすく「うちは移住歓迎してるよ~」ってメッセージを伝えるの、すごく大事です。やっぱ熱意が伝わりますよね。

では、「みさと暮らし」移住促進ガイドブックを覗いてみましょう!

「みさと暮らし」移住促進ガイドブック

どれどれ・・・お~充実の作り!全8pに渡って、ガイドマップから移住者インタビュー、各種施設の問い合わせ先まで色彩豊かなあたたかいデザインで紹介してくれています。

中でも特筆すべきは、中盤の支援メニューの紹介。

「家族のこと」のページで、「子育て支援」ということで

  • 妊娠~小学校入学
  • 小学校入学~中学校卒業
  • 高等学校入学~大学等の卒業
  • その他の支援事業

「高齢者・障がい者支援」ということで

  • 高齢者の生活を支えます
  • 障がい者の生活を支えます

「おとな支援」ということで

  • 生涯学習を応援します
  • 安心して仕事をするために
  • 心と身体の健康をサポート

といった具合に、ライフステージごとに分けた内容の実施策を案内してくれています。

そして、「住まいと暮らしのこと」ということで

  • 住居のサポート
  • 生活のサポート

といった居住環境の支援を紹介。

さらに、「生活環境のこと」ということで

  • 交通手段
  • 買い物
  • 医療機関
  • 通信インフラ
  • 上下水道整備

といった生活環境を教えてくれています。

ターゲットを明確にした説明が分かりやすくていいですね~。母子支援の「ミルキー教室」っていいネーミング♪あと、上下水道の基本料金をしっかり説明してくれているのも、僕は地味に好きです。

メニューが豊富すぎるので、さらに「あいづみさとのスゴイ移住支援ベスト7!」とか作って他地域との差異を強調してくれると、移住を考えている人にはさらにうれしいと思います。

例えば、子どもの医療費無料化。多くの自治体が中3までの助成の中で、会津美里町は18歳まで通院も入院も助成、しかも一部負担じゃなくて無料とかスゴイと思いますよ。

いや~立派です☆

会津美里町の星の数

では、移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

いきますよ?

 

会津美里町は……星三つです!!!

 

いぇーーーい!ドンドンドン!!

いや~ばっちりな歓迎っぷりですよ。誰でも下見がてら、遊びに行きたくなります。

一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」への登録もばっちりです。

さらに!旅好きのバイブルとも言える、あの「地球の歩き方」プロデュースで2016年6月29日よりスタートした「田舎の暮らし方」にいち早く登録しているのがポイント高いです!

まだ登録自治体は27と少ないですが(2016年8月6日現在)、地方移住に関心の高い「地球の歩き方」ユーザーの流入が見込めますので、これからの発展に期待大のサイトです!

いや~移住歓迎に積極的な姿勢を感じますよ、会津美里町。

YouTube動画がまだ少ないのと、移住定住事業のFacebookページがまだ無いので、そこの展開も期待しております☆☆☆

会津若松市

お次は、前回の会津坂下町・今回の会津美里町に続く、会津からの三人目の猛者、福島県の会津若松市です。読み方は「あいづわかまつし」ですね。

会津の中心都市、どんな戦いを見せてくれるでしょうか!?

まずは基本情報から!

基本情報

面積は約380㎢、人口は約123,000人。

小学校は20、中学校は13、高校は9校。県立医科大学の医療センターがありつつ、大きな病院も幾つかあり、病院には事欠きませんね。

「森と水とロマンの鉄道」の愛称で親しまれるJR東日本の磐越西線に加え、只見線と会津鉄道も走っていて便利です。

鶴ヶ城(会津若松城)、白虎隊、赤べこ等、観光資源もてんこ盛りな会津地方の中心都市ですね!衣サックサクの名物「ソースカツ丼」がたまらなく好きです♪

移住サイトチェック!

では、会津若松市の移住サイトチェックに移りましょう!

「会津若松市 移住」で、レッツ検索!ターンっと!

お~ほうほう。あ、なーるほど。

独自サイトは設けていないですが、役場の公式サイト内に来てみらんしょ 居てみらんしょ 住んでみらんしょ 会津若松というタイトルでページを設けていますね。

たとえ独立したサイトを設けていなくても、こうしてページを設けて「うちは移住を歓迎していますよ~」という姿勢がはっきり分かるのが大切ですね。

来てみらんしょ 居てみらんしょ 済んでみらんしょ

さて、ではどんなページが覗いてみまんしょ。

まずは、会津若松市の紹介のpdfに始まり、イベントやセミナーの情報のリンクが並びます。

次に、「★来てみらんしょ」ということで、田舎暮らし体験や観光情報へのリンク並びます。そこから、「★居てみらんしょ」ということで、移住体験住宅の案内。

そして、「★住んでみらんしょ」ということで、空き家情報や仕事情報へのリンクが貼られています。

あとは、「会津若松市定住・二地域居住推進協議会」や「移住者ネットワーク」の紹介へのリンク。

うん、基本的に、リンク集のページですね。

「写真+紹介文」みたいな鮮やかなページでなく、普通に「役場のサイトの1ページ」という感じです。

お、2016年度から初めて地域おこし協力隊も入ったようですね。男性2名が活躍なさってるようで、Facebookページで楽し気な報告をしてくれていますね♪

会津若松市の星の数

はい。ではこんなところで、格付けタイムに参りましょうか。

移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

いきますよ?

 

会津美里町は……星一つです!!

 

パチパチパチ。うん、うん、うん。

移住歓迎謳っているし、田舎暮らし体験ツアーもやってるし、移住セミナー等のイベントにも顔を出しているし、星2つ付けたい気持ちはすんごくあるんですよ。

一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」へ登録もしてるしね。

でも、なんていうか…言っちゃあなんですが、まだ「お役所仕事」っぽいんですよ!移住向けの専用ページをせっかく設けているのに、移住者インタビューが一件だけで止まっていたり、空き家情報ページ開くと「準備中」だったり。なんかね、アツい想いが伝わって来ないんですよ!

だから、独自のサイトを設けるとか、役場内のページだとしても、もっと見る人の心をくすぐるデザインにするとか。そういった行動で、もっと見る人に「わぁ、ここの仲間に入りたいなぁ」って思わせてみてほしいな~と思います!

あと、具体的な移住支援施策もまだ少ないですね。

そういった辺り、まだまだこれからの期待を込めて、今回は限りなく星2つに近い、星1つとさせていただきます!

全般的に、市のパワーは移住よりも観光に注がれているような印象を受けますね。

ちなみにYouTubeに上がっている会津若松市の動画だと、市のPR動画はまぁ普通なんですが、修学旅行の学生さん向けの動画「過去からの巻手紙」。これがすごくイイんですよ!つい涙腺緩んでしまいますので、オススメです☆

愛南町

では、今回のラストバッター、愛媛県の愛南町です。読み方は「あいなんちょう」ですね。

伊予の国の南の方、南予からの使者ですね♪

まずは基本情報から!

基本情報

面積は約240㎢、人口は約21,000人。

小学校は15校、中学校は5校、高校は1校。ちなみに、「高知県宿毛市愛媛県南宇和郡愛南町篠山小中学校組合立篠山小学校」及び同中学校は、日本一長い名前の小学校(中学校)として有名です。しかも、ちょうど2つの県の境目に位置しており、すばらしくキャラが立ってますね♪

県立病院がありつつ、他にも大きな病院もあり、病院は充実しています。

町内に電車は走っておらず、最寄駅はJRの「宇和島駅」や土佐くろしお鉄道の「宿毛駅」になります。松山空港から140kmくらいあるので、旅行や出張に出るときはちょっと長旅になりますね。

「新鮮とれたて」「ぴちぴち」を意味する「びやびや祭り」が有名ですね。びやびやなカツオがズラリ♪

田んぼでどろんこになって楽しむ「どろんこサッカー大会」では、イノシシうどんも食べられて楽しげです!

移住サイトチェック

では、移住サイトをチェックしてみましょう!

「愛南町 移住」で〜検索っ!ターン!!

お、お、お。ほうほう。

この感じ・・・ふむ。

残念ながら、独自サイトは無いようですね。

でも、役場内の公式サイトにはページがありました。余談ですが、役場の公式サイトのトップページを開くと、ゆるキャラ「なーしくん」がどーんと前面に出すぎて、背景の文字にいろいろ被っちゃってます。あぅ。

せっかくの特産品「愛南ゴールド」の文字が「ールド」しか見えなくなってますので、担当の方、ぜひ微調整を!あ、でもゆるキャラグランプリに向けた期間だけのようなので、コンテストが終われば「なーしくん」も舞台袖に下がるから大丈夫かなw

さてさて、そんなこんなで、役場の公式サイトでは、サイト内検索の窓で「移住」と検索するか、「トップ > くらし > くらし・手続き > 住まい > 移住 > 愛南町移住情報WEB」とカテゴリーを進んでいけば、愛南町移住情報WEBのページにたどり着けます。

検索に慣れていない人だと、ちょっと移住ページにたどり着くのが難しいので、ぜひトップページにバナーを貼ってリンクすると利用者にはもっと助かりますね。サイト内検索っていう発想自体が無い方が案外多いですからね〜。

では、移住情報ページ、「愛南町移住情報WEB」の内容ですが・・・。う〜ん。

格付け中ですので、愛を込めてズバっと言いますよ?

なんというか、「お役所の仕事としてとりあえず作った」感が満載です。

トップに「お試し住宅」のタイトルで、2階建て1LDKのアパート(築約25年、家賃20,000)のアパートが紹介されており、「へ〜こういうお試し住まいができるのか」って気持ちにさせてくれるのはいい感じです。

でも、その後は「相談部署の連絡先」「まちの概要」「土地の価格」「施設やお店の紹介」と続き、「リンク集」がちょっと付いておしまい。

「うちのウリはここです、移住希望者のみなさん!」っていう作り手の熱を感じるものが無いんです!

ちょっと寂しいページですね。

このページの他には、愛媛県の移住支援ポータルサイト「e移住ネット」で男性お二人の移住者インタビュー等が見られます。

一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」にはまだ登録がありませんね。

愛南町の星の数

さて、では格付けタイムに参りましょうか。移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

では、参ります。いいですか?

 

愛南町は……星一つです!

 

パチパチパチ。

ん〜役場内に移住ページはあるのですが、ちょっと内容が乏しすぎます。そもそも、トップページ開いた時に移住歓迎の文字が見当たらないので、分りやすいバナー等があるともっといいですね。

独自サイト、そしてFacebookページやYouTube動画もまだ無いので、これからの盛り上がりに期待しております☆

まとめ

いかがだったでしょうか、移住サイト格付け「イジュラン」。

今回は、

会津美里町(福島)…☆☆☆

会津若松市(福島)…☆

愛南町(愛媛)…☆

という結果になりました!

会津ダービーは、約6倍の人口規模を物ともせず、会津美里町が会津若松市を圧倒!いや〜熱意・創意工夫って、町の大きさには関係無いんだなぁと改めて実感しました。

以上は2016年8月現在のデータを基にお伝えしています。最新情報との食い違い等ありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

東京から沖縄に移住した我が家は、行政の支援ゼロで自力で家を見つけ、仕事は自営業を始められましたが、ほんとラッキーでした。市区町村の支援は、あるに越したことはありません!移住のハードルは低ければ低いほうが、人の流れが活性化して良いです。

概して、移住者を歓迎してくれるところは、webサイトやSNSを心を込めて作っています。そうやって情報発信に努めてくれている市区町村が、移住者への支援が手厚い確率は高いですよ。

ちょっとでも移住に興味のある方。移住サイト格付け「イジュラン」が少しでもお役に立てれば光栄です。

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。

「こないだテレビで紹介してたこの町、面白そうだったよ~」とか教えてくれたらうれしいです!

「まいうま」のダンナの方、サッシーがお送りしました。

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です