移住マニアが移住を歓迎している町を格付け”イジュラン”! 愛別町、姶良市、青ヶ島村編

気持ちの良い青い海と空と白い雲

こんにちは!移住4年目になりました、サッシです。

今窓際でこれ書いているのですが、目の前のフクギの木でイソヒヨドリちゃんが鳴いててめっちゃカワイイ!オレンジのおなかがたまりません♪

「今の環境、変えてみたいなぁ」と思っているみなさん。

「移住って興味あるけれど、どこから手をつければいいのかな・・・」なんてお困りではありませんか?

そんなアナタのために!実際に「カネ無し」「コネ無し」「仕事無し」だけど「子ども3人あり」で東京から沖縄に移住した僕がオススメする移住サイト格付けガイド、それが「イジュラン」!!

移住の本を読み漁って、移住のサイトを穴の空くほど見てきた僕が、全国の市区町村をあいうえお順に紹介していき、各市区町村がどれだけ移住・定住促進に向けて熱意を持っているかをwebサイトやSNS等から勝手に格付けしていきます!

あくまで第三者の視点から、そして移住経験者の立場から評価していきますので、良いところもイマイチなところも遠慮なく言わせていただきますよ!移住に少しでも興味をお持ちのアナタのお役に立てれば幸いです。

では今回は、「愛別町」、「姶良市」、「青ヶ島村」です!!


愛別町

トップバッターは北海道の愛別町。読み方は「あいべつちょう」ですね。

では、まず基本情報から!

基本情報

面積は約250㎢、人口は約3,000人。

小学校は1つ、中学校は1つ、高校はありません。病院は、役場の近くに大きめの町立の診療所がありますね。

鉄道はJR北海道の石北本線 が走っており、「 愛別駅」「 中愛別駅」「愛山駅」「安足間駅」が利用できます。

きのこが特産で、「きのこの里」と呼ばれているのがかわいらしいですね。毎年9月の第2日曜日には「きのこの里」広場で「きのこの里フェスティバル」が開かれ、「きのこと牛肉の食べ放題」が催されたり、直径3.5m、深さ2mの超巨大鍋で「ジャンボきのこ鍋」が登場したり、きのこ満載です!

移住サイトチェック!

では、愛別町の移住サイトをチェックしてみましょう。

「愛別町 移住」で検索!スタターン!

ん~うんうん、なるほど。

独自の移住サイトはありませんね。

総務省の「全国移住ナビ」に加えて、北海道の移住サイト「SHIFT LIFE 北海道」に登録がありますね。一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」にも参加しています。

そして、むむむむむ・・・。むぅぅ。

・・・無い。

残念ながら、以上のようです。

役場の公式サイトを見てみると、トップページにバナー等は無く、「移住」で検索掛けても特に移住ページは出てこないですね。

YouTube動画も特に無し。

あ、地域おこし協力隊のFacebookページはありますね。ん~不思議なことに、役場の公式サイトのトップページに「愛別町Facebookページ」へはどーんとリンクがあるのに、「愛別町地域おこし協力隊Facebookページ」へのリンクは掲載なし。ん~仲悪いのかな?って思っちゃいますよ、これw

ぜひ両方へのリンクが分かりやすく貼ってあるほうが、愛別町情報を知りたい人に優しいと思います。

愛別町の星の数

では、移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

いきますよ?

 

愛別町は……星無しです!!!

 

うぅうぅうぅ。

移住ページが全くないので、仕方がないですね。

でも!移住ページは残念ながらありませんが、愛別町民の有志で結成された「祝っちゃる会」が1990年からやっている「ハッピーボーン」は注目に値します。何かというと、町で赤ちゃんが生まれると、なんと!どどーんと花火を上げて町民みんなで誕生をお祝いするというハートフルな取り組み!な、なんて素敵な!

移住先でもしも赤ちゃんを授かってこんなお祝いしてもらえたら、すごく愛着が湧くんじゃないかな。

愛別町。移住者をもっと必要としているとしたら、これからの取り組みに期待です。

姶良市

続きましては、鹿児島県の姶良市です。読み方は「あいらし」ですね。あら、愛らしいw

こういうキュートな響きのお名前っていいですよね☆

では、基本情報からいってみましょう!

基本情報

面積は約230㎢、人口は約75,000人。

小学校は17校、中学校は5校、高校は4校です。市立病院はありませんが、総合病院が幾つかあり、医療機関は豊富ですね。県庁所在地の鹿児島市にも隣接しているので、そちらの大病院も利用できます。

鉄道はJR九州日豊本線の「加治木駅」「 錦江駅」「 帖佐駅」「 姶良駅」「 重富駅」が利用できます。空の玄関、鹿児島空港からも10km程度とアクセスしやすい距離ですね。

史跡が数多く保存されており、鹿児島県内で最多の文化財件数を誇っています。

「加治木くも合戦」という、なんとコガネグモ同士を闘わせる伝統行事も名物です!リアルムシキング!あ、クモは虫じゃないかw

戦った後は、採取した野山に返すというところが粋です♪

移住サイトチェック!

では、姶良市の移住サイトチェックに参りましょう。

「姶良市 移住」で、いざ検索!タタターン!!

え~と。ふむふむ。独自の移住サイトは無いようですね。

総務省の「全国移住ナビ」に加えて、鹿児島の移住サイト「かごしまで暮らす」に登録がありますね。一般社団法人 移住・交流推進機構の「ニッポン移住・交流ナビ JOIN」にも登録ありです。

Facebookページは市長のページや市内の風景紹介ページはありますが、移住促進に関わるものは無いです。

YouTubeには市のPR動画やふるさとCM大賞の応募作品があります。市のPR動画はセリフ無しで、シンセストリングスを主体としたトラックにささやき系女性ボーカルが乗っかった音楽と共に姶良市の情景が流れていく、ちょっとしたリラクゼーションムービーのようです♪

役場の公式サイトのトップページには・・・お、「移住・引っ越し」ってメニューがありますね!

どれどれ、ポチッと。

ふむふむ・・・。ふむ。

うん、普通に「役場からのお知らせ」って感じです。特に「移住歓迎!」のような特設メニューは無いですね。

実は、検索かけて頑張って追っていけば「移住しやすい街TOP23に選ばれました!」ということで、

朝日出版社発行「AERA(アエラ)2015年9月14日号」に掲載されている、特集「移住しやすい街110」で、姶良市が3つ星の評価を得てTOP23にランクイン。この特集は、子どもの数や人口の流出入、所得や仕事、学校や病院の多さ、家賃の安さなどの統計データを基に、AERAが独自に分析し、全国320自治体の中から「移住しやすい自治体」を格付け、ランキング化したものです。

姶良市は、”子育て世代と高齢者にとって移住しやすい街”として紹介されています。ぜひ、ご一読ください。

姶良市役所 公式サイトより-

と紹介しているページにたどり着くことはできました。

でもこれ、検索に相当慣れている人じゃないと見つけられないところにあります。普通に画面をスクロールしているだけじゃ絶対無理ですw

ん~トップページに移住を歓迎するような文言も無し。見やすいデザインのサイトなんですが、あまり移住歓迎への熱意は伝わらない作りです。

姶良市の星の数

では、格付けタイムに参りましょう。

移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

いきますよ?

 

姶良市は……星無しです!!

 

はい。

役場のトップページに「移住・引っ越し」っていうメニューがあり、空き家バンクもどんどん発展しているようではあるんですが、「うちは移住を歓迎しているよ!うぇるか~む!」っていうアツいもの。それが無いんですよね~。

移住しやすい街のTOP23にランクインした実績がありますが、その理由は残念ながら伝わってこないです。

ほんとは星0.5~1を付けたい気持ちはあるのですが、ここは厳しくゼロとさせていただきます!

「移住」って言葉だけあればいいってものでもないですよ~。

これからに期待しております!

青ヶ島村

さぁ今回の最後を飾るのは、東京都の青ヶ島村です。読み方は「あおがしまむら」ですね。

お、初の東京都!かつ、初の離島の市区町村です!!

まずは基本情報からレッツゴウ。

基本情報

面積は約6㎢、人口は約170人。

学校は村立の「青ヶ島小中学校」1校で、高校はありません。病院は、村役場の隣にある福祉医療施設「おじゃれセンター」の1階に島で唯一の診療所が入っています。こちらの施設には2階に保健福祉センター、3階に保育園もあります。

この村の住所には字も地番も存在せず、住所はなんとすべて「青ヶ島村無番地」になります!

公務員や建設業関係者とその家族の方が半数以上を占めるので、平均年齢は30台後半という驚きの若さです。

東京都でありながら、「秘境」「絶景の島」と呼ばれる日本一人口の少ない市区町村ですね。

移住サイトチェック!

では、青ヶ島村の移住サイトチェックに参りましょう。

「青ヶ島村 移住」で検索ぅ!スタタン!!

はい。え〜そうですね。

独自の移住サイトはありません。

総務省の「全国移住ナビ」にはもちろん掲載されています。

YouTubeには公式動画はありませんが、ツイッターは村の公式アカウントがありますね。Facebookページは存在はしているのですが、今のところ投稿がゼロです。

役場の公式サイトにも、特に移住情報はありませんね。

ちなみに、トップページでは青ヶ島村に縁のあるタレント、すっかりシノラーじゃなくなった篠原ともえさんがこの島の頭上に広がる満天の星空を紹介してくれています。シノラーもかわいいけど、シノラーを経て進化した今のお姿も僕は好きです☆

青ヶ島村の星の数

では、格付けタイムに参ります。

移住サイト格付け「イジュラン」の評価を発表したいと思います。

最低ランクが「星無し」で、最高ランクが「星三つ」です。

いきますよ?

 

青ヶ島村は……星無しです!!

 

え〜悩みました。というのも、青ヶ島村のような特殊な環境に関しては、星の付けようがないというのが正直なところです。ですので、全然悪い意味での星無しではないです。

もし青ヶ島村に移住するのであれば、住民の誰かと直接つながってから始まるというのがほとんどでしょう。それでも、看護士さん等は役場の公式サイトでも募集が出ているので、地縁・血縁が無くても移住は可能だと思いますよ。

なかなか気軽に足を運べるところではないですが、だからこそ守られている自然の恵みもたくさんあります。まずは観光で行かれてみて、興味を持ったらぜひ!

まとめ

いかがだったでしょうか、移住サイト格付け「イジュラン」。

今回は、

愛別町(北海道)…星無し

姶良市(鹿児島)…星無し

青ヶ島村(東京)…星無し

という結果になりました!

うぉ〜まさかのオール星無し!こんな時もあるんですねぇ。

以上は2016年8月現在のデータを基にお伝えしています。最新情報との食い違い等ありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

東京から沖縄に移住した我が家は、行政の支援ゼロで自力で家を見つけ、仕事は自営業を始められましたが、ほんとラッキーでした。市区町村の支援は、あるに越したことはありません!移住のハードルは低ければ低いほうが、人の流れが活性化して良いです。

概して、移住者を歓迎してくれるところは、webサイトやSNSを心を込めて作っています。そうやって情報発信に努めてくれている市区町村が、移住者への支援が手厚い確率は高いですよ。

ちょっとでも移住に興味のある方。移住サイト格付け「イジュラン」が少しでもお役に立てれば光栄です。

では、今回はこんなところで。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったら、お気軽にコメントしてくださいね。

「同僚がここに移住したけど、なんか楽しそうだよ~」とか教えてくれたらうれしいです!

「まいうま」のダンナの方、サッシがお送りしました。

それではまた!

シェアボタンはこちら↓ポチっとしてもらえるとうれしいです^^

フェイスブックやツイッターもつながってくれるとメチャクチャうれしいです!

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です